HOME | 概要 成田→イスタンブール イスタンブール マルディン ディヤルバキル ネムルトダーウ ギョレメ ギョレメ ギョレメ → イスタンブール イスタンブール イスタンブール クアラルンプール -クアラルンプール→成田

アナトリア南東部,カッパドキア,イスタンブールエリア:中東(トルコ) 日付:2010/08/13 (8/12)

ギョレメ ~ ネヴシェヒル ~ デリンクユ 

本日は近郊のデリンクユ地下都市に向かう。ホテルをチェックアウトして、荷物を置きいて出発。
行き方はギョレメからネヴシェヒル行きの近郊バスに乗り、ネヴィシェヒルの近郊バスターミナルでデリンクユ行きに乗り換える。

ギョレメ → ネヴィシェヒル 2TL
ネヴィシェヒル→ デリンクユ 4TL


写真はギョレメのバスターミナル。ネヴシェヒル行きだからといって間違っても長距離バスには乗らないこと(乗せてもらえないとは思うけど)。
所で、お金下ろそうと思ったらATMがクレーンで持って行かれてしまった。


デリンクユ地下都市

終点ネヴシェヒルで降り、道路向かい側のバス停で待つこと20分デリンクユ行きバスが到着。
ネヴシェヒルからは30分程でデリンクユに到着。奇岩もなーんもない町。バスターミナルの時刻表によればネヴィシェヒルとの間を結ぶバスは17:00位まで30分毎に有るようだ。


バスターミナルから徒歩10分で地下都市入り口。



地下都市というかアリの巣みたいな感じかなぁ。



この円盤状の石で通路を塞ぎ外敵の侵入を防ぐのだとか…。



写真ブレブレですみません。ワイナリーって書いてあったけどホントか?


デリンクユ ~ ネヴシェヒル ~ ギョレメ


デリンクユ地下都市とバスターミナルを結ぶ道には土産物屋が立ち並ぶ。おみやげ人形作成中。
きた道と同じバスにのりネヴシェヒルへ。


ネヴシェヒルでギョレメ行きのバスを待つ。さっぱり来ないのでネヴシェヒルの街をぶらぶらする。意外に都会だ。


家具屋の看板おじさん。ちょ、ちょっとリアルにつくり過ぎなんじゃないかなぁ。


ギョレメ行きのバスがやはり来ない。もう1周だ。


トルコの街角にはかならず有るパン屋さん。おっさんたちが群がってどんどんパンを買っていく。


ギョレメで一休み

1時間ほど待ってバスに乗り16時頃ギョレメに戻る。今日はバス泊だし早めに夕食でも取るかな。ラマダンのせいか他に客は居ない。


前菜の盛り合わせ。正面から時計回りに、トマトと唐辛子のペースト,マメのペースト,羊飼いサラダ,ヨーグルトサラダ,焼きナス。奥さん昼よりは腹の調子がよくなったようで少し食べてくれる。



夕暮れのギョレメ。日が暮れてアザーンが響く頃になると地元の人々が活発に活動を始める。
この街の人は観光地の割に真面目にラマダンやってる。


ギョレメ ~ イスタンブール

ギョレメは小さな村なので大きな道路には面していない、だがオンシーズンはギョレメ始発,各観光地行きのバスが増便される。オフシーズンは一旦ネヴシェヒルに行ってから乗換になる場合が多い。


ギョレメ発 イスタンブール行きの立派なバス。他にデニズリ,アンタルヤ,等観光地同士を結ぶバスが多数出ている。



HOME | 概要 成田→イスタンブール イスタンブール マルディン ディヤルバキル ネムルトダーウ ギョレメ ギョレメ ギョレメ → イスタンブール イスタンブール イスタンブール クアラルンプール -クアラルンプール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • Krossáを渡渉する4WD車。

    • 高速道を走っていたが、途中から、旧道に降り、あとはほとんど下道。なので、時間は結構かかる。 ただ、バナナ畑の中に、突如、バナナ御殿が並ぶ村が現れるなど変化の多い道で、それらを眺めているだけで楽しかった。 メンルーの村の入り口に到着すると、そこからモンラーに向かうバスにすぐ乗り換えられるようになっていた。メンルー村の入口に到着したのは15時10分。バスを乗り換えると、すぐに出発。モンラーまで25元。


    • スメラ僧院を、ひと通り、見た後、きた道を途中まで戻り、そこから下り坂を歩いて降りる。途中、木の影から僧院が覗けた。 ここから見える建造物は、14世紀のもの。さっき見てきた洞窟はこの建物の裏側にある。

    • チャイナタウン商店街入り口。いやぁ、アジアですねぇ。

    • 小林さんの本の中にたびたび出てきてくる村長は小林さんの名刺を大事そうに財布にしまっていた。そして、村長に紹介してもらった宿に今夜は泊まることに。 行ってみると80元のなかなか立派な宿。綺麗でテレビもあって素晴らしいが、個人的には昨晩と同じようなドミで十分なのだが。。。

    • こんな渓谷にも畑があり、人が住んでいる。

    • 子供はヤギの頭で遊ぶ・・・