HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

ランタントレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2006/01/09 (12/12)


HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 逆に北側を見たところ。手前にお墓がある。

    • さよなら、ナムチェ。村の入り口のチェックポストでチェックを受けて村を出る。チェックポストで坂を登ってきたばかりの日本人にあったが、入域料も払っていなければ(出発が早すぎて)、TIMSカードも持っていなかった。TIMSカードはパスポートで代用できそうであった。 坂をぐんぐん下って、橋を渡る。途中で出会うのはみかん売りぐらいで、人は少なかった。坂の途中から運がよければエベレストの頭が見えるのだが、今日は見ることはできなかった。

    • 明日のボートツアーについて調べてみようと、宿でひと休みした後、バススタンドまで行く。 宿からバススタンドへは、水草に覆われたノースカナルとサウスカナルをつなぐ支流の脇を歩いて行く。

    • 峠からある程度降り、振り返ってみる。やはり下りは早い。

    • クエルノス・デル・パイネの白い岩肌は、しばらく基部の岩壁に阻まれ見えなくなる。

    • 14時半、マレーシアに到着。LCCTからFCCの建物へはバスで移動。2.5Rs。こちらで荷物を預け(18Rs/日)、17時のペトロナスツインタワー行きのバスに乗り、まちなか散策へ。

    • 少し走ったところにある梅里雪山が見える展望台で、一時停車。今日は梅里雪山の先端しか望むことはできなかったが、みんなバスから降りて、1~2元で松の枝葉を買って、それを供えた。

    • 太陽が上がってきて、フィッツロイがオレンジ色に染まる。条件がいいと朝日を受けてフィッツロイが深紅に染まるが、今日は東の空に雲が出ており、残念ながら紅色にはならなかった。