HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

ランタントレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2006/01/04 (7/12)

ランシサカルカのへのショートトレック


昨夜はすこし高山病で頭が痛かったが,なんとか大丈夫.朝食はヌードルスープ.宿で借りたテルモスにレモンティーを入れてもらい,8時半出発.



道は歩きやすいが,標高が高いのでゆっくりと歩く.無理はしない.



昼間は暖かいのだが,地表を流れていたであろう水はすべて氷に変わっている.



すでに使われなくなった飛行場を過ぎた辺りからキャンジンゴンパの方を眺めたところ.ここらで一休み.



部分的に凍った川の脇をひたすら歩く.日差しが強く,顔がじりじりと焼けているのが分かる.



この日のショートトレッキングで出会った生き物はワシ,ヤク,ウマの3種類だけ.これだけの距離と時間をかけて歩いても人には出会わなかった.





暖かく牧歌的な場所もあり,鼻歌交じりに歩く.ボルタリングで楽しめそうな岩などもごろごろしていたりする.



だれもいないんだよぉ.音は風の音だけ.随分と寂しいところだ.


もうへとへと-キャンジンゴンパに着く


13時半に折り返し,来た道と同じルートを辿る.キャンジンゴンパには日も落ちた16時半着.



ちょっと休んだ後,夕暮れの中のキャンジンゴンパを散歩.夕日に照らされてはためくタルチョが美しい.



夕食はまたピザ.おい他のメニューはないのかよ!といっても無駄.贅沢は出来ない宿なのさ.



食後にチベットの教本を見せてもらう.主の父親がチベットから持ってきたとても古いものだとと言って大事にしているようだが,テキストの片隅には印刷された英数字のページ番号が...敢えて指摘はしなかったが,私はダラムサラで印刷されたものだと推測.



HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 病院の庭のブランコで遊んでいた女の子。夕暮れ近くの明るさでは、ブランコに乗っている写真だとブレるので、ブランコを降りてきたところをパシャ。


    • Earland Fallsを通過した後、一帯は霧に包まれていたのに、進行方向左側の一部で霧が晴れ、青空と雪山が見えてくる。まさに奇跡的という感じ。でも、その時間は長くは続かず、しばらくするとまた真っ白い霧に包まれてしまう。

    • キッチン。

    • 日がだんだん落ちてきたので、宿の前まで戻り、そこでも子供たちと遊んでいるとウマが各家の家の入り口にじっと突っ立っているので、宿のおばちゃんに聞いてみると「食事を待っている」とのこと。へ~~、ウマって頭いいんだなぁ。

    • ラッフルズ・ホテルは随分と前にサマセット・モームつながりで 知った。以前にも来たことがあったけど、再び見学。それにしてもマーライオンから大した距離もないのだけれども、あまりの暑さに耐えられなかったので、ここを見終わったと、MRTにのり再び空港に逃げ帰る。ほんの2時間の観光。ん~~それにしても本当に興味のそそられるものがない国だ。

    • 魚屋。ナマズかな。

    • 土葬のお墓か。

    • 入り口の鉄門は、イギリスに略奪された後、取り返したものだそうだ。 錦田吉慶圍を見終わったあと、来た道を戻り、深水歩駅で途中下車し歩いて宿まで戻ることにした。深水歩は香港の秋葉原のようなところで、ありとあらゆる電化製品が売られていた。ちょっと見て回るも、特にほしいものは無かったので、そのまま歩いて戻る。でも、値段が日本より安い。。。