HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

ランタントレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2006/01/06 (9/12)

ラマホテルからシャブルベシへ


朝食はチーズオムレツとチベタンブレッドとミルクティー.8時半出発.



で,フレンドリーゲストハウスに再び登場.ここで9時半までレモンティーを飲みながら,おしゃべり.おじさんのしゃがれた声がいい!



最後に外でもう一枚.



森の中を歩き続ける.今日は普通に歩けば3時間ほどの短いトレッキング.でも薄暗い森の中が多く,わくわくするようなトレッキングではない.道は何箇所か分岐点があるので十分注意を.



上の写真はシャブルベシから1個目の茶屋.ここまで降ればシャブルベシはもう着いたも当然.この宿でおじいさんと出会い,彼とシャブルベシまで歩くことに.



頭に種をいっぱいつけたかわいい牛の写真を撮ろうとしたら,おじいさんがお節介に牛を抑えようとして逆効果に.逃げてるってばぁ.



ハイ,チーズ.


シャブルベシに到着 - トレッキング終了


写真はオールドシャブルベシ.オールドシャブルベシからつり橋を渡り,チェックポストでのチェックはせずに町に戻る.



途中,元気な子供たちが迎えてくれる.



本当にかわいいよ,君たちは.



元気な子供の数が多い.




ホテルラサに到着


14時ホテルラサ到着.ファンタで無事のトレッキング終了を乾杯.時間もあったのでこの後は町の散策.





シャブルベシのメインストリート.





町を望める高台には風で回るマニ車がある.



別の宿の前では同じくトレッキングを終えたポーターたちが賭け事をやっていた.貝殻とチベットコインとサイコロを使ってやっていた.ずっと見ていたけれどルールを把握はできなかった.



翌朝出発のバスのチケットはホテルラサの前の小屋で買うことが出来る.



夕食はいつもと同じ.ビールで再び乾杯!



HOME | 概要 バンコク カトマンズ シャブルベシ リムチェ ランタン キャンジンゴンパ キャンジンゴンパ ラマホテル シャブルベシ カトマンズ カトマンズ→バンコク→成田 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • すごい人。ほとんど韓国人。(韓国の航空会社で来たので当たり前か)。 入国手続はスムーズとは言い難い上に、韓国人の修学旅行生みたいな集団が、あちこちに座っていたりして、無法地帯化。

    • カニャークマリ発、チェンナイ行き列車。

    • お寺の前の建物内では、ツァツァを製作中。

    • そして、これが拡大をしたところ。黄色い建物が学校で、その隣の赤い建物がゴンパ。

    • タボゴンパの配置図。それほど広いというわけではなく、周りは塀に囲まれている。上のタボゴンパの写真は配置図の赤い矢印の方向から撮ったもの。

    • ボート乗り場へ降りる。今回のボートは、ノーンキャウから乗ってきたものとは違い、ちゃんとした座席付きだった。ただ、座席は、1隻につき8席だけ。

    • 食後は、街中をぶらぶらと歩く。

    • 我々のお世話になる家では、ちょうど夕飯の準備をしているところだった。

    • その後、標識のある分岐点があり、山頂方面の右へ進むと樹林帯になる。しばらく行くと小屋があり(閉まっており中に入れない)、そこから左へやや急な坂を登っていくと景色が開ける。ここまで来れば山頂はもうすぐ。オレビッチの港から3時間20分でイリヤ山頂上(961m)に到着。