HOME | 概要 シンガポール デリー シムラ リコンピオ リコンピオ タボ カザ リコンピオ シムラ デリー→成田

スピティ・キナウルエリア:南アジア(インド) 日付:2005/05/09 (11/12)

シムラからデリーへ


7時過ぎに起きた。いつもに比べた随分と遅い。シムラの山を下り、バスステーションへ。途中、2人で大きな荷物を運び上げている運び屋がいた。う~~む、車で近くまで運べないのだろうか。。。



正面の長方形の白色の建物がバスターミナル。道はバスなどで渋滞。8時半にバスターミナルに着いたら直ぐにチャンディガール行きのバスが見つかったので乗り込む。シムラから離れると次第に渋滞がなくなりスピードが出せるようになってきた。下りだから速いかと思ったら結局4時間かかった。



チャンディガールには12時半着。空港までバスで行こうかと思ったが見つからず、オートリクシャで行くことに。70Rs。サイクルリクシャも50Rsで行ってくれるといってたがいつ着くかわからないのでオートを選択。間違って隣の軍の空港に連れて行かれた。おいおい。なんで軍の空港なんだよ。門兵が笑っていた。

時間通り14:10チャンディガール発でデリーの国内線用ターミナルに15:10着。出発ターミナルへ歩いていき客を空港に運んできたリクシャーを捕まえた。


チベットハウス


空港から直接、チベットハウスに行ったけどチベットハウスを知っているリクシャはほとんどいないように思った。チベットハウスでは入り口で名前を書く。中にミュージアムや本屋などがある。ミュージアムはクーラーがかかっていたけど本屋にはかかっていなかった。本屋は暑くてしょうがなかった。17時半にしまるのでそれにあわせて退館。このあとはコンノートプレイスで時間をつぶす。



蚊の多いデリー空港待合室。 23時15分発の飛行機で、5月10日午後5時半過ぎに成田に無事到着。翌日から仕事の復帰。



HOME | 概要 シンガポール デリー シムラ リコンピオ リコンピオ タボ カザ リコンピオ シムラ デリー→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 仕事の手伝いに飽きた後、ストーブのある教室で小坊主たちはビリヤード(?)。指でコマをはじいて、隅にある穴に落としたらOKというもの。 彼らはみなザンスカールから来ている生徒。他の生徒は冬休み中、家に帰っているのだけれど、ザンスカールから来ている子供たちは帰る手段がないため、ここにて冬休みを過ごす。

    • 昨日と同じポイントで、またオットセイがまったり休憩中。

    • 村の中にはかなりの数のゲストハウスがあるので選択には困らない。町の人は笑顔を返してくれるし居心地のいい町。泊まったのは宿の一番上の階で部屋の前に広いバルコニーがある。あとからやってきた欧米人9人組は下の階に泊まっていた。クリスマスということもあり下から歌声が夜遅くまで聞こえてきた。

    • 体が冷えてきたので、宿に戻ることに。畑の周囲が凍った場所をレース場にして子供たちは元気にソリー。

    • キー・サミットへの登りの途中から。分岐からキー・サミットまではやや急な勾配をジグザクに登る。

    • 徳欽と香格里拉の間にある標高4292mの峠。道路以外にはうっすらと雪があるが、日差しが強いので道にはほとんど積もってはおらず、バスの窓を開けても、それほど寒さを感じることもなかった。

    • 空には雲ひとつない紺碧の空間が広がっていた。タクシー運転手は名前は「ワンギャル」。ヌブラ出身で夏のシーズンだけ、レーに来てタクシー運転手をしているとのこと。「冬はどうしているの?」と聞くと、「家にこもっている」と。レーからのメイン道路は、今年改修されたそうで、ニムまではかなり快適に移動できた。

    • ブルーラグーンの近くには地熱発電所がある。ブルーラグーンはこの地熱発電で使われた熱湯を温泉として再利用しているとのこと。