HOME | 概要 シンガポール デリー シムラ リコンピオ リコンピオ タボ カザ リコンピオ シムラ デリー→成田

スピティ・キナウルエリア:南アジア(インド) 日付:2005/05/02 (4/12)

シムラからリコンピオへ

シムラの朝は湿っぽい。宿で270ルピーを払い外へ。頂の広場で朝の6時前からクリケットをやっているのもいる。ちょうど6時にバスターミナルに着いたのだが、すぐにリコンピオ行きのバスがあったので乗り込む。座席はチャンディガールからシムラ行きのものと比べたら、ゆったりしている。181ルピー。




シムラ6:00 → ナルカンダ(NARKANDA)8:00
ナルカンダには道の両側に商店が2、3軒ずつあり、ホテルもある。



ナルカンダ(NARKANDA)8:00 → ランプール(RAMPUR)10:30
ランプールは結構大きな町。この辺の拠点となっている町なんだろう。バスがここで止まっている間、もの売りが何人も乗り込んできた。スイカ売りにきゅうり売り、アイスクリームに手帳売りなど。何でもありだ。

ランプール(RAMPUR)10:30 → ジェオリ(JEORI)11:50
道はよい。空いているし。うたた寝。



ジェオリ(JEORI)11:50 → 昼食(30分) → タプリ(TAPRI)14:25
昼食でコーラと一緒にハーフサイズのカレーを頂く。タプリで大半の乗客が降りる。

タプリ(TAPRI)14:25 → リコンピオ(RECONGPEO)15:30




リコンピオの町


リコンピオのメインロード。ここからキナウルカイラスやシブリンなど美しい山々を眺めることが出来る。キナウル帽をかぶったおじいさんおばあさんが行きかう町。誰も言い寄って来ない町なので、バスを降りたときはなんだか拍子抜けだった。



リコンピオのガキンチョたち。WWEのジョン・シナーというレスラーがどうも大人気らしくて、みんな彼のポーズをとってくれる。







写真中央の奥にある赤茶色の比較的新しい宿がフェアリーランドG.H.。G.H.が続々と建設中。来年にはG.H.の選択肢は広がるのだろう。リコンピオに着いたのが遅くてパーミッションは当日中には取れず。パーミッションはフェアリーランドG.H.で取れた。費用は100ルピーで写真3枚、ビザ・パスポートのコピー各1枚、申請用紙が必要。



町中の商店で水だけを買って宿に戻る。



宿の2階(?)には食堂がある。ここからキナウルカイラスを望むことも出来る。



宿の食堂にはダライラマの下にヒンドゥー教の神様が祭られている。



食事はまぁまぁ。量は多め。初日の夕食はチキンチョウメン50ルピー、2日目はチキンフライドライス50ルピー。無難な食事だ。体調は崩せない。





HOME | 概要 シンガポール デリー シムラ リコンピオ リコンピオ タボ カザ リコンピオ シムラ デリー→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 朝日。

    • タシュクルガンのメイン通りからちょっと外れたところに、石頭城という清代の官庁らしい(清の影響がここまで及んでいたのかは疑問であるが)。

    • 細木を詰め合わせた屋根の隙間から射す光が神々しい。

    • 昆明空港にて。飛行機の外に出ると、深夜なので結構寒い。

    • スイカ?

    • バグ・バイラヴ寺院内で。子供達は写真を撮られるのが大好き。色々ポーズを変えて、何度も何度も写真を撮るよう催促してくる。


    • パイネの山々が見えてきた。

    • 一休みした後、今度はスピロの村に行ってみる。泊まっている宿の裏を登っていくが、どうも雰囲気が暗いというか、外国人慣れをしていないようで、会う人みんなに「どこに行くんだ?(たぶん)」と聞かれる。なんだか監視されているよう。カナムと違って英語もほとんど通じない。