HOME | 概要 シンガポール デリー シムラ リコンピオ リコンピオ タボ カザ リコンピオ シムラ デリー→成田

スピティ・キナウルエリア:南アジア(インド) 日付:2005/05/02 (4/12)

シムラからリコンピオへ

シムラの朝は湿っぽい。宿で270ルピーを払い外へ。頂の広場で朝の6時前からクリケットをやっているのもいる。ちょうど6時にバスターミナルに着いたのだが、すぐにリコンピオ行きのバスがあったので乗り込む。座席はチャンディガールからシムラ行きのものと比べたら、ゆったりしている。181ルピー。




シムラ6:00 → ナルカンダ(NARKANDA)8:00
ナルカンダには道の両側に商店が2、3軒ずつあり、ホテルもある。



ナルカンダ(NARKANDA)8:00 → ランプール(RAMPUR)10:30
ランプールは結構大きな町。この辺の拠点となっている町なんだろう。バスがここで止まっている間、もの売りが何人も乗り込んできた。スイカ売りにきゅうり売り、アイスクリームに手帳売りなど。何でもありだ。

ランプール(RAMPUR)10:30 → ジェオリ(JEORI)11:50
道はよい。空いているし。うたた寝。



ジェオリ(JEORI)11:50 → 昼食(30分) → タプリ(TAPRI)14:25
昼食でコーラと一緒にハーフサイズのカレーを頂く。タプリで大半の乗客が降りる。

タプリ(TAPRI)14:25 → リコンピオ(RECONGPEO)15:30




リコンピオの町


リコンピオのメインロード。ここからキナウルカイラスやシブリンなど美しい山々を眺めることが出来る。キナウル帽をかぶったおじいさんおばあさんが行きかう町。誰も言い寄って来ない町なので、バスを降りたときはなんだか拍子抜けだった。



リコンピオのガキンチョたち。WWEのジョン・シナーというレスラーがどうも大人気らしくて、みんな彼のポーズをとってくれる。







写真中央の奥にある赤茶色の比較的新しい宿がフェアリーランドG.H.。G.H.が続々と建設中。来年にはG.H.の選択肢は広がるのだろう。リコンピオに着いたのが遅くてパーミッションは当日中には取れず。パーミッションはフェアリーランドG.H.で取れた。費用は100ルピーで写真3枚、ビザ・パスポートのコピー各1枚、申請用紙が必要。



町中の商店で水だけを買って宿に戻る。



宿の2階(?)には食堂がある。ここからキナウルカイラスを望むことも出来る。



宿の食堂にはダライラマの下にヒンドゥー教の神様が祭られている。



食事はまぁまぁ。量は多め。初日の夕食はチキンチョウメン50ルピー、2日目はチキンフライドライス50ルピー。無難な食事だ。体調は崩せない。





HOME | 概要 シンガポール デリー シムラ リコンピオ リコンピオ タボ カザ リコンピオ シムラ デリー→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • コルチュラの町と大型クルーズ船。

    • バススタンドがとにかく汚い。雨が降ったことによる湿度の高さと相まって、不快気分指数が急上昇。これが最初の印象。バススタンドの屋根の下は、ハエが多いので、みんな道路の上で、バスを待っている。

    • 10:30、とある街で休憩。日本人旅行者数人と話をする。単独旅行者2人、カップル1組、そしてモロッコ在住者1人。ドライバーにアイト・ベン・ハッドゥの分岐で降ろしてもらうよう話すが、通じたか分からないので、モロッコ在住の日本人からもドライバーに話してもらう。

    • それにしても、巨大な僧院だ。そして、裏側の斜面には僧坊が所狭しと並んでいる。

    • 川沿いの道のいたるところにチョルテンが鎮座している。崩れかかっているものも多く、一体いつからそこに立っていたのかと考えさせられる。

    • その後、道を下り、宿前の売店で水(大)40ルピーを買う。その後、金が足りないような気がしてきたので、ヒルトップホテルに戻り両替。20ドルを83ルピー/ドルで。後は宿に戻る。 あまり腹が減っていなかったので夕食は抜きにして、コショーさんゲストハウスに泊まっていた日本人たちと0:30くらいまでおしゃべり。

    • 内部はこんな感じ。

    • これまた燕門の隣にある長閑な村。時間もあったことだし、散歩がてらに行ってみた。村の中をぶらぶらしてみたけれど、学校のグラウンドでバスケをしている2人組み以外の人影はほとんどなかった。

    • 宿の近くのハーディーズで購入した置物。店員に聞いても、このデザインの意味するところは分からなかった。