HOME | 概要 デリー空港 ラマユル ファンジラ コンスキ峠手前でテント スムダ・チェンモ スムダ・ド レー レー→デリー→成田

コンスキ峠トレッキングエリア:南アジア(インド) 日付:2009/10/06 (4/9)

ファンジラ村の散歩


朝7時に起きて、いつものように朝の散歩。



こちらを眺めるおばあちゃん一人。



食事は8時からなので裏山に登ってみる。



村の中心部。写真奥がザンスカール方面。今日は左側の谷を詰めていく。



今日、歩く方向。この谷の先にヒンジュがある。



小さな村の中を歩いていると、ツァンパを作っているおばあさんに出合う。



一つまみもらったが、香ばしくて美味しい。



朝食は、厚手のプーリとオムレツ。フランス人トレッカーのうち女性のニキと一緒に食事。彼女もおいしいと言って、バクバク食べていた。

もう一人のフランス人マトゥ(男)は、腹を壊してダウン中。彼が、最後まで歩けるかどうか不安であったので、食後、ニキと一緒に、私が朝の散歩で出合ったポニーマンを探しに行く。出発準備中のポニーマンを雇い、2人は急な出発。9時。



彼らが出発したのち、私は準備を始めて、9時15分に出発。



宿代は食事込みで200ルピー。



ちょうど、少年たちも学校に行くところだったので、一緒に行くことに。途中から、私は川沿いに進み、彼らは丘を登っていった。



天気は良く最高。開けた谷を歩くのは気持ちがいい。放された家畜たちが、あちこちで草を食べていた。



上を向くと、少年たちがこちらを眺めていた。



少年たちと分かれたところから川沿いを歩いていったが、実はジープ道がヒンジュまで出来ていたので、途中からジープ道に上がる。ジープ道を作るときに崩された土砂が旧道を埋めたりして歩きにくい。


ウルシを過ぎる


ジープ道に沿ってずっと歩き、途中、ウルシの村の下を通る(上の写真はウルシの村。丘の上に広がる村のようだ。)。



ウルシからヒンジュまでは、崖を崩して作られたジープ道を歩く。車は全く通っていない。炎天下の歩き。川脇に道がずっとついているところを見ると、以前は川のすぐ脇を歩いてたと思われる。


ヒンジュ到着


12時15分着。ファンジラから3時間。村の入り口にはいくつかのチョルテンがあった。ゴンパのある中心まではここから10分ほど。



ホームステイの看板がいくつかあったが、さすがにここに泊ってしまうと、明日の歩く距離が長くなってしまうので、休憩だけすることに。



とりあえず、ゴンパ近くで休もうと歩く。



誘ってくれたおじさんの家でお茶とお菓子をごちそうになる。「ホームステイをしないか」と何度も誘われたが、やんわりと断る。



45分ほど、ゆったりと休憩したのち、外に出ると、おばあさんがツァンパ用(?)の麦を干すところであった。


ヒンジュを出発


お茶を飲ませてくれた家(左側)。

ゴンパに寄ろうとも思ったが、一人しかいない坊さんはワンラに行っていて閉まっていたため、寄ることはしなかった。



村のはずれに小学校があり、昼飯中。7人しか生徒がいない小さな小学校。

ジープ道はここまでなので、ここからは踏み跡に沿って歩く。



後ろを振り返ると、ヒンジュの村がだんだん遠くなってくる。



先を見ても、どのあたりに峠があるのか、さっぱりわからない。



ヒンジュの村が見えなくなりそう。



もう、前後に人工物のほとんど見られない景色が続く。



ヒンジュの村を過ぎてから、人に会うことは、完全な一人旅。




本日のトレッキング終了

ヒンジュから2時間歩いても峠は見えず、15時半になったので、本日のトレッキング終了。


テント場。羊飼いの岩小屋の前に張らしてもらう。風除けのためにここに張ったが、結果的には、風の問題は大したことがなく、川脇のもっと平らな場所に張ればよかったと、後悔。



私のテント場から見た峠方向。川脇のほうが広々していてテント場としては優れているだろう。下に降りたのは水を汲みに行った2度だけ。



太陽が出ているうちは、テントの中がポカポカして気持ちが良かった。ごろごろしながら、日記をつけたりしていた。



夕食は、カロリーメイトとキットカットなど。軽量化のため、コンロ等は持ってきていない。



さすがに、熟睡はできず、2時間くらい寝ては起きるということの繰り返し。一度、外のあまりの明るさに驚いて、テントから顔を出したが、その正体は満月であった(誰かが、ヘッドライトでこちらを照らしているのかと思ったのだ・・・)。このことを後日、フランス人に話したら、バカうけ。。。



HOME | 概要 デリー空港 ラマユル ファンジラ コンスキ峠手前でテント スムダ・チェンモ スムダ・ド レー レー→デリー→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 多柱式の建築物。中央アジアで最も有名なモスクの一つらしい。神秘的な雰囲気。個人的には、ヒバの中では、ここの雰囲気が一番好きかな。

    • 大聖堂前のペリスティルと呼ばれる広場。多くの観光客でごった返している。

    • 頂上からの眺めは素晴らしい。正面に見える不思議な地形は鳩の谷。

    • 故障したバスを点検・修理しているところ。バスの下に潜って修理をしていた。

    • 空港を出たところから、バスに乗って、町中へ行こうと思ったが、空港の前に停まっていたのは、金網が窓ガラスに張られた混雑したバスのみ。 プリペイドタクシーの受付で聞いみると、只今絶賛ストライキ中(ガソリン値上げに反対して)で、バス・タクシーが16時(だったかな?)まで動かないとのこと。 思い返してみると、あの金網バスは、ストライキで動かないバスの代わりに警察車両が出動していたよう。 そこまで待つのも時間がもったいないので、数少ないリクシャーを捕まえ、エルナクラムのメインジェッティーまで40分ほどかけて走ってもらう。足元を見られていたので、550ルピー。多分、通常であれば300ルピー程度と思われる。 町中を走っても、シャッターを卸している店がほとんどだった。困ったときに来たもんだ。

    • バスは9時20分出発。小さな村を2つほど通って、燕門には12時前に到着。意外と近い。

    • 16元のリムジンチケットを購入し、バスに乗り込み、そのまま北京駅まで。北京は想像以上に発展している(建造物を見て)。首都ということもあり、威信をかけて建造物をこしらえているのだろう。

    • サルオガセの一種。道中あちこちで見かけた。

    • 宿のおばちゃんが展望台の近くで馬の世話。