HOME | 概要 デリー空港 ラマユル ファンジラ コンスキ峠手前でテント スムダ・チェンモ スムダ・ド レー レー→デリー→成田

コンスキ峠トレッキングエリア:南アジア(インド) 日付:2009/10/10 (8/9)

レーからデリーへ


朝5時に起きる。5時50分くらいに迎えのタクシーが来たので、宿の主人を起こすと「まだ、早いから1杯お茶を飲んでいけ」というので、一息つく。空港には少し早く着きすぎたようだが、あとは予定通り、デリーに到着。



レーに来た時と同じように、空には少々雲が残り、スカッとした空ではなかったが、その中を1時間ばかりの短い旅。


デリーから成田へ


レーからデリーに到着後、無料リムジンで国際線空港まで移動する。街中まで移動する時間は十分にあったが、荷物を担いでまで行きたいところもなかったので、有料待合室で寝て過ごす。

20時50分デリー発のエアインディアで、成田に翌日朝、無事到着。



HOME | 概要 デリー空港 ラマユル ファンジラ コンスキ峠手前でテント スムダ・チェンモ スムダ・ド レー レー→デリー→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • その場で解体中。

    • 水を弾く苔。

    • 18時発の船は、18時半過ぎに出発。船は指定席で、ほぼ満席。行きはネットがちゃんと繋がったのに、今回は全然つながらない。船もなんかボロかったし。ハズレだったのかな。そんなんで、映画を見ながら過ごす。

    • 生徒は、学校が始まる10時よりずいぶん前に登校して自習。マトゥが英語を教えていた。学校は月曜日から土曜日の10時から~16時(ただし、土曜日は半ドン)。

    • 僕は宿近くのレストランでチキンライスとビール。320Rs。贅沢な夕食。

    • 乗ってきたボート。

    • 写真は考古学博物館。5ドル。中もこれといったものはなかったような・・・別に行かなくてもよかったかな。エアコン効いているわけでもないし。

    • シーギリヤ・ロックの断崖絶壁には巨大な蜂の巣がある。一つ上の写真の階段が「く」の字になった部分の左の岩壁に横並びの黒い点々が見えるが、この一つ一つが蜂の巣。それをアップにした写真がこれ。巣を覆っている小さな粒々は全て蜂。度々、蜂が人を襲い、そのせいで頂上へ続く唯一のルートとなるこの階段がクローズされ、頂上に行けなくなるらしい。帰国日にコロンボから空港に向かうバスで会った日本人によると、ちょうどこの日の午後にクローズされ、彼は頂上に登れなかったとのこと。

    • 砦跡のサスポル・カルが正面の丘の上に見える。私はサスポルには寄らず、この通りに従ってアルチへ渡る橋まで歩く。時間があればサスポルの町で1泊するのも楽しそうだ。