HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

四川省エリア:東アジア(中国) 日付:2007/09/09 (2/10)

西寧からジェクンド(玉樹)へ


宿で20元の押金を返してもらい、チェックアウト。1路のバスでバスターミナルへ行く。


バスターミナルで




バスターミナルについて、電光掲示板を見ていると、ジェクンド(玉樹)行きのバスは、11時発、12時半発などいくつかあるようだった。寝台は12時半発で152.3元。

寝台バスのチケットを購入し、時間つぶしに外に出てみる。曇り空で天気は良くない。バスターミナル周辺をふらつくも、去年来たところなので、目新しいものもないし、正直暇していた。体調はそれほど優れず。標高2000mを越えているので、その影響がちょっと現れているようだった。




ジェクンド(玉樹)に出発


バスに乗り込んでみると、外国人は2人。私の目の前がインド系カナダ人ナブ。初めての中国で大草原を見るたびに興奮し、何枚も何枚も写真を撮っていた。これから彼はラサを通って、ネパールに抜け、生まれ故郷のインド北部まで行くらしい。全く中国語が話せない彼は、中国旅行の洗礼を嫌と言うほど、これから浴びるのだろう。お互いカメラ好きと言うのもあって、休憩時には話が弾む。

バス内の私の席は最後部左。



雨上がりの湿った道から滑ってひっくり返っているトラックがあった。



途中の休憩場所。



食欲わかず。食堂の調理場に入って見学するだけ。ナブはラーメンの汁をもらって飲んでいた。



旨そうだったのになぁ~。

17時間のバス旅行。途中標高4000m半ばの峠を越えるたびに息苦しく、寝ていても目を覚ましてしまう。また、道路の状況もそれほど良いわけではないので、何度体が浮き上がったことか。



HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 通常の渡し舟は、こちらも同じく、ストで止まっていたので、観光用のボートで、フォート・コーチンに行く事に。ローカルボートのチケット売り場は閑散。

    • 乾燥した白茶けた大地に映える青白い湖。遥か彼方には雪をかぶった山脈。とうとうパタゴニアにやってきたって心躍る。

    • 部屋に荷物をおいた後、今回の旅行の目的の板門店ツアーの申込に行く。なかなか面白いデザインの椅子。

    • 売店。

    • 透明度が高く。海の底の地質の違いで海の色が違って見える。

    • 道は左手にゆっくり折れ、右手に見えていたノルデンフェールド湖とはしばしお別れ。明るい谷間の道になり展望がきかなくなるが色とりどりの花が目を楽しませてくれる。

    • パスーの村正面の山と川。

    • 真剣な眼差し。

    • 写真のヌードルが200チャット。安い。