HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

四川省エリア:東アジア(中国) 日付:2007/09/11 (4/10)

ジェクンド(玉樹)からマニカンコへ

7時起床。宿の人の部屋のドアを叩いても、叩いても、叩いても出てこないので、鍵を部屋に置いて退出。外は湿った感じではあるが、若干の青空が望めた。体調は比較的よく、そろそろ慣れてきたのだろうか。


バスターミナル前には7時半到着。


ルンタ売り


バスの乗客にルンタを売りつけるお姉ちゃん。人構わず、強引に押し売りしていた。



私も根負けして、ルンタを一束購入。3元。 他の人のルンタを見せてもらったが、いろいろなルンタがあるようだ。



昨日、ジャナマニで出会った坊さんが、知り合いの坊さんの見送りのためにバスターミナルに着ていた。なかなかいい男であった。


出発

バスは8時20分出発。スピードをあげて進む。


途中、昨日訪れたジャナマニのすぐ脇を通過する。


峠越え


峠が近づくたびに、ルンタを手にしたみんなはそわそわし始め、峠で窓の外に「ラーギャロー」と叫びながら、撒き散らす。



そんなもんで、道路にはその歴史が見て取れる(?)。


セルシュゴンパ通過


11時半、セルシュゴンパの前を通過。何だか異様な形をした建造物が作成中だった。新しいゴンパだろうね。ロボットのよう。

ここまで道が、あまり良くなく、尻が痛い。



この辺も大草原が広がる。馬に跨ったカムパも結構見かける。



大草原の中で、トイレ休憩。



こちらも大草原。



タルチョが掛かっていたりする。




遅い昼食


16時。遅い昼食。



カンゼの坊さん、その連れと私の3人で食事。体調がほぼ復活し、おいしく頂けた。お坊さんのおごり(私が出すと言ったのに!)。



この食堂のすぐ脇からは広がる大草原と、雪を被る山々が望める。かなり見晴らしのいい展望台である。


マニカンコ到着


18時半、マニカンコ到着。すでに薄暗い。



でも、若者は、屋外ビリヤードに熱中。


玉隆神湖賓館


ボロボロの宿。20元。外国人などは、この宿の隣の宿に泊まっているようであった。水は出ないが、トイレはそこそこ綺麗(というか乾燥している)。お湯をもらったが、水なのかお茶なのかイマイチ判断のつかないものだった。




夕食


夕食は宿前の食堂で、回鍋肉。





HOME | 概要 西寧 西寧→ジェクンド(玉樹) ジェクンド(玉樹) マニカンコ デルゲ(徳格) デルゲ(徳格) ダンゴ(炉霍) 康定 成都 成都→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 椰子の木の林の中を走る。走っている間、ほとんど、車両の出入口に立っていたが、南国の風が気持ちよかった。

    • Vidakov kuk(836m)頂上から南東側(Zoljin kuk方面)の眺め。


    • 西日を反射した海が黄金色に輝いている。

    • マチャプチャレ、アンナプルナサウスをはじめとしたアンナプルナ山群を右手に見ながら進むとすぐに分岐点。分岐点に看板があり、左の登り坂がこれから向かうポタナ、アンナプルナベースキャンプ(Annapurna Base Camp=A.B.C)方面。この先すぐにあるレストランで瓶コーラ(250ml 65ルピー)を飲みながら一服。

    • ボートが陸を離れると共に、雲行きが怪しく、、、そのうち大雨に。最初は、観光船の展望デッキにいたが、船内に非難するハメに。

    • 寺の外に出てからは、二人で寺を1周コルラして宿へ。

    • 城壁の頂上までもう一登りという所で左に小さな広場がある。ここからの眺望が城壁巡りのハイライト。