HOME | 概要 香港 ポカラ ガンドルック デオラリ タトパニ レテ マルファ カグベニ ラニパウワ ジョムソン ジョムソン カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

アンナプルナトレッキングエリア:南アジア(ネパール) 日付:2004/12/26 (4/14)

朝焼けのアンナプルナが美しい


朝6時に起床。外はまだ暗くかすかに山が望める程度であった。次第に明るくなり7時くらいには雄大な景色が目の前に現れた。



7時40分に準備をし、食堂へ。昨晩下ごしらえをしていたロスティを頂く。まだまだ薄暗い8時半に出発した。





右手にアンナプルナを望みながらひたすら歩く。人と出会うことはまれ。





うっそうと茂る森の中を歩く。橋を渡り、石段を登りひたすらひたすら。



森が開けたところで一休み。



サルが木の上からじっとこちらを見ていたりする。


タドパニ到着


10時45分タドパニ到着。シャウリバザールで会ったおばさんがタドパニのパノラマポイントという宿をやっているのでぜひ寄ってくれと言っていた。



約束通り、宿に寄り、ミルクティーだけ頂く。目の前には雄大なマチュピチュレが姿をあらわしていた。


バンタンティ到着


バンタンティの村に到着。12時着。写真は急坂を登ったところにあるバンタンティの村の一軒目。ここからウレリの村が遠くに見える。



ここからは少し開けた明るい道をしばらく間歩くことになる。



バンタンティの村(村といっても2軒位しかなかったような・・・)で昼食を頂く。前回を反省してヌードルスープ。




迷った迷った。。。冷や汗タラリ


歩いて段々と沢筋に入ったところからまずいと思ったね。人はいないし、到底、道とは思えないところを歩いていたから。最後には藪漕ぎになって尾根を登っていた。日が暮れてきてしまったし、本当にこのときはこんなところで遭難かと思ったけど、強引に進んでいると隣の尾根の上に塔が見えたのさ。おぉ、あそこまで行けば道があるだろう・・・


その塔がガルン・ヒル


この写真はデオラリの村から見たところだから、あの塔の裏側からひょっこり登ってきたことになる。塔の脇で一休みしていると、はるか下にあるトレッキング道を歩いてきた、昨日同じ宿に泊まったいた欧米人がこちらに向かってなんか叫んでいた。遠くてよく聞こえなかったけど。おそらく「何でそんなとこ上っているんだよぉ」とか言っていたんだろうな。こちらはもうへとへとだったよ。精神的にも。


GREEN VIEW RODGEに泊まる


もうへとへとでここから2時間もかかるゴレパニまで行く体力はなかったのでここで泊まることにする。デオラリは3軒しか宿のない本当に小さな村。16時到着。





暖炉に薪をくべてくれたので、その周りで温まる。電気がきていない所なので夜はランプで部屋を照らす。







部屋はこんな感じ。



HOME | 概要 香港 ポカラ ガンドルック デオラリ タトパニ レテ マルファ カグベニ ラニパウワ ジョムソン ジョムソン カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • フェリーは9時発。帰りのフェリーはガラガラだったけど一応指定席。来た時と同じように、ふわりふわりと上下運動を繰り返すので、気分が悪くなる。船内では動き回ることもなく、ぐったりしていた。

    • 荷物を置いて、ミニザックに水、行動食、レインコート兼防寒具を入れてHornbjargへ。

    • 泊まっていた宿の脇の小道を通り、メインの通りから離れていくと、広いサッカー場などがある。そのサッカー場の周辺には高床式の住居が多く、子供たちはその家の周辺で泥まみれになりながら遊んでいた。

    • ボート乗り場へ降りる。今回のボートは、ノーンキャウから乗ってきたものとは違い、ちゃんとした座席付きだった。ただ、座席は、1隻につき8席だけ。

    • 朝7:00に起床。宿の屋上に上がると昇り始めたばかりの朝日が見え、気持ち良い朝を迎える。

    • 部屋で少し休んでいたらパンをくれた。

    • 20分位、休憩して出発。この辺りは麦畑が多い。起伏の緩やかな丘が連なり、歩きながら北海道の美瑛を思い出す。

    • 空港線の列車。みんな列車が到着すると乗降口に殺到。乗客が降りたら我先にと乗り込み座席をゲットする。私は30分程度の乗車時間でそこまでして座りたいと思わないので、みんなが乗ってからゆっくり乗車。