HOME | 概要 成田→シンガポール→ヤンゴン ヤンゴン→パガン パガン パガン マンダレー マンダレー キンプン ヤンゴン ヤンゴン→シンガポール シンガポール→成田

ミャンマーエリア:東南アジア(ミャンマー) 日付:2004/05/03 (4/10)

ポッパ山の麓のタウン・カラッへ


タウン・カラッに向かうピックアップトラックは8時半にバスターミナルから出発。トラックはバスターミナルから市場の方へ進むのでラッキーセブンゲストハウスの前のゴールデンミャンマーモーテルの前にも止まった。長い道を歩いてバスターミナルに行ったので少しがっくり。朝から疲れがどっと出た。途中、水のない川などを横切り、11時半タウン・カラッに到着。乗車時間2時間半くらい。





タウン・カラッに向かう途中、見えたタウン・カラッ。





タウン・カラッ。幸い階段には全て屋根がついている。ここは山の下から裸足で行かなければならない。もし屋根がなかったら登りきれはしなかっただろうね。ポッパ山から眺められる風景はすばらしい。遠くにはエーヤワディー川なども見える。吹く風も汗をかいた体に気持ちよかった。



山を降りてきたところで昼食。僕は辛いのだめなので、チリは少なめに。おばさんがパワフルに素手でこね回してくれたパパイヤを頂く。



帰りのピックアップトラックは1時発なのでそれに間に合うように乗り場に行く。途中、カツラを作っているところなどを見ることが出来た(向かいに座っていたビルマ人に何のために作っているのか聞いたけど知らないとの事)。帰りチャウッパダウンなどを通り3時半、宿着。帰りは宿の前で降ろしてもらえた。


船着場へ


明日のマンダレー行きの船の発着場の確認のために船着場まで行ってみた。途中寺院があり、そこで元気に遊びまわっている子供たちと遊びまわる。中国・チャンテンでのひと時を少し思い出した。


船着場に到着


子供が元気な国は楽しい!!中には必ず「オレの写真をとれ!!」といってくる子供が居る。今回はこいつ。ぶらぶらさせながら、いろいろな事やってくれる。ちなみにコイツ小坊主。。。





みんな元気。見ているだけで楽しい。








魚を取る子供たち




二人で網を持ち、ゆっくりと水の中を進む魚の取り方。これでも白魚サイズの小さな魚なら意外に取れていた。今晩のおかずなのだろうか?


捨てられている郵便物を発見


そんな魚取りをしていたら、引っかかりました。大量のはがきが。。。中には日本語の絵葉書まで。僕も過去日本に送った絵葉書が届かないことがあったけど、同じような運命を辿ってたのだろうか?




船着場周辺からみる夕日


ん~~、何ともいえません。夕日の前の人々の影が夕日の美しさをさらに引き立てているような。。。







HOME | 概要 成田→シンガポール→ヤンゴン ヤンゴン→パガン パガン パガン マンダレー マンダレー キンプン ヤンゴン ヤンゴン→シンガポール シンガポール→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 混雑のメインストリート

    • スムダチェンモ村の入り口。14時到着。テント場から7時間。

    • トロンパスで亡くなったオチアイマコトという登山家の慰霊碑がこの村の近くにあるということで気にしていたが、見つからず。いつのまにか通りすぎてしまったようだ。

    • 標高5150m。最後の方は10歩歩いて休憩という感じのペース。かなりキツイ。トレッキングのガイドブックなどによるとニマリンから2時間で来られると書いてあったけど、3時間弱もかかってしまった。

    • 親子で農作業を終え、家路へ向かうのか。それとも、これから農作業に向かうのか。

    • 地下道のような地上1階に到着。到着した場所は大工事中。工事現場の中の階段を登ると、上はKLセントラルの鉄道駅だった。


    • 数十頭の象、数百人(千人以上いたか)のパフォーマーが通り過ぎ、このお輿を乗せた象がやってきたのが22:40過ぎ。このお輿には仏歯寺に奉納されている仏歯が乗せられているらしい。 これで祭りが終わりと思いきや、向こうには黄色い電飾の象の集団が続いてくる。