HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

エベレスト街道エリア:南アジア(ネパール) 日付:2009/01/01 (13/16)

ルクラからカトマンズへ

朝、起きて外を見てみると、真っ白。雪まで降っている!こりゃ、無理かと思いながら、宿で時間を潰す。チーズトーストとレモンティの朝食もゆっくり頂く。宿の主人に「天気が良くないので、第1便が飛んでから空港にいけばいい。」と言われたので、外をぶらぶら。


通りを歩いていると、昨日、パクディンで別れたキムさんがなぜか居たので、彼の友達と3人で、毎週火曜日に行われているマーケットに行く。食品から雑貨までなんでも売っていて面白い。ただ、ここに長居をしていると搭乗の呼び出しがあった場合など、まずいので、宿の近くに戻る。でも宿には戻らず、キムさんとお茶をする。現地人用のお茶屋なので、レモンティー1杯20ルピーであった。安い。



そんなことをやりつつ、宿に戻ると、私を探していた宿のスタッフが「すぐに荷物を纏めて空港に行け!」という。いきなりそんなこと言われるとは思っていなかったので、荷物をまとめ、焦って空港に行く。

でも、行ってみると、誰も居ない。。。搭乗手続きも始まっていない。。。なんだ、焦ってくることはなかったと、思いながら、相変わらずやることもないので、空港内をプラプラ。そうしているうちに、カトマンズ空港で会ったギリギリの日程で来ている韓国人と再開。予定よりの1日早くルクラに下りてきたらしいが、昨日はイエティとアグニしか飛ばなかったらしく、結局今日のカトマンズ行き。

また、タンボチェからディンボチェに向かう途中にあった日本人にもここで再開。私が、ディンボチェに2泊したため、カラパタールで会うことができず、心配してくれていたそうだ。彼はホテルエベレストビューにも泊まったため、さっぱり綺麗になっていた。1泊250ドルもするのに客室はいっぱいだったそうだ。



本当は第2便であったが、宿のおじさんがいろいろ手を尽くしてくれて、第1便に乗れることになった。



韓国人を乗せたシータがまず最初に飛び、その次に私たちが乗ったアグニが飛び立つ。



右側後方に座ったが、天候がいまいちなのか機体の揺れが酷く、外を眺めるような余裕なんてない。ひたすら気持ちが悪くならないように、うつむき加減で座っていた。そうしていると、一番前の乗客が吐いた…。



ダウン寸前でも、写真は少しだけ撮った。


カトマンズ着


何とかカトマンズに到着。バスに乗って、空港の外の荷物受取場へ。先に飛んだはずのシータをいつの間にか追い越しており、荷物受取場で例の韓国人と再会。

ここから、タメルまで彼と2人で向かう。タクシー200ルピー。タクシー内でいろいろな話をする。彼はプサンに住んでいて、ボルボ(の重機部門?)で働いているそうだ。コマツやキャタピラーの方がいいと言っていた。タメルで彼と別れ、私はシャワーの浴びれる宿を探すが、年末年始の休みも終わりで、日本人がカトマンズに集まっているため、どこも一杯。結局、ムスタンゲストハウスに宿を取る。

シャワーを浴びようとしたら、停電になり、浴びれず。サンドイッチ2つを買ってきて、暗い部屋で食べる。電気が戻ってきたところでシャワーを浴びるが、お湯ではなく、寒い思いをしながら、急いで体を浴びる。日本を出てから初めての洗髪。もちろん体も。



HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 1本3元で、5本食べた。肉は柔らかく味付けもちょうどいい。ビールが飲みたくなるが、残念ながら、それはない。

    • 宿はチベットゲストハウスに泊まる。村の奥のほうの宿。こんな場所じゃ客は来ないだろうに。。。大半の日本人はヤクホテルに泊まっていた。

    • いつものレーの風景。

    • 14時、チリンへ続く舗装された道路にぶつかる。

    • タズマン海への出口。この先の大洋への出口ギリギリまで進み、折り返す。

    • 朝、マニカンコの通りをふらふらしていると、目に付くのが肉売り。近くの草原で育ったヤクなのだろうか、新鮮そうな肉が売られている。斧で骨をぶった切って、秤にかけて売っていた。

    • 高月山展望台の一番奥にある展望地。古座間味ビーチと安室島。

    • ノート代わりの黒板(?)を持つ君。

    • どこの国でもやっていることは、ほとんど変わらない。中国人と思われるといい印象をもたれないようなので、こちらもちょっと神経質になってしまうところがあるのは残念であるが。