HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

エベレスト街道エリア:南アジア(ネパール) 日付:2008/12/26 (7/16)

タンボチェの朝


7時前に起きて、朝食前に散歩。外に出てみると、エベレストまで良く見える。やっぱり、朝だと晴れている。



ゴンパ前の稜線をチョルテンのあるところまで歩く。エベレストの方面は林になっていて、眺めは良くない。



まだ、薄暗いタンボチェゴンパ。



宿に戻って、チベタンブレッドwithエッグとレモンティー。

清算(840ルピー)して、8時45分出発。


ディンボチェに向けて出発


一つ目のこの橋を渡るまでは林の中。はしを渡ると開けた谷間を歩くことになる。



そこそこトレッカーはおり、それにあわせてゾッキョもゾロゾロ。



正面に雲を被ったアマダブラムが見える。



チョルテンとアマダブラム。



道はよく歩きやすい。



後ろを振り返ると、遠くの丘の上に、タンボチェのゴンパが見える。タンボチェから下りた分は、取り返せたかな。



パンボチェ到着。ここの村もそこそこ大きく宿も結構ある。



高山病で誰か運ばれているのだろうか。ルクラの方向に飛んでいった。



オルショには宿が1軒。ただし、閉まっていた。休むなら、オルショ手前のシャモレがいい。休めるところはいっぱいある。


ペリチェとディンボチェの分岐


ここで、ディンボチェ方面とペリチェ方面に分かれる。右の谷に進むとディンボチェ。左に行くとペリチェ。私はディンボチェ方面に進む。谷間を進むが、後ろから吹き付けてくる風が冷たい。ここの分かれ道で、一枚羽織ったが、手袋が薄く手が悴む。


ディンボチェ到着


ディンボチェ到着。タンボチェから3時間半。村の入り口のピースフルロッジの庭でかわいい女の子が遊んでいたので、ここに決めた。



部屋は綺麗で、タンボチェの宿より数段上のレベル。



昼間は温室(?)でレモンティーを飲みながら、ゴロゴロ。日が落ちてきたところで、部屋に戻り、ゴロゴロしているといつの間にか寝入ってしまっていた。



寝ていると、主人が呼びに来てくれて、夕食。夕食はシチュー。「stew」って書くということを初めて知ったよ。



少ししょっぱかったが、2杯頂いた。やることもなかったので、19時過ぎに就寝。



HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 6:53、朝日を浴びたアンナプルナサウス。

    • 地味な印象が拭えないのはパッとしないカラーリングのせいだろうか?

    • 9:25くらいにチェックインを終え、待合室に入っても退屈だろうから、ちょっと空港の外で時間つぶし。

    • アンナプルナⅠ峰、右肩の稜線に見えたヒマラヤ襞。

    • 部屋は広い。

    • 氷河の谷越しに見えるテントピーク(5695m)。

    • ピカデリー発見!イギリスだけじゃなくインドにもあった。

    • 谷底の紅葉した木々の色が、褐色の谷間に映えて美しい。村からチリンへの分岐地点までは、道がしっかりと出来ていて非常に歩きやすい。当然、迷うこともない。

    • メンルー行きのバスが少なかったため、ここから、一度、景洪のバスターミナルに戻ったほうが、時間的には早そうな気もしたが、来た道を戻るのは嫌だったので、ガンランパの街で時間を潰し、メンルーに直接行くこと。