HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

エベレスト街道エリア:南アジア(ネパール) 日付:2008/12/26 (7/16)

タンボチェの朝


7時前に起きて、朝食前に散歩。外に出てみると、エベレストまで良く見える。やっぱり、朝だと晴れている。



ゴンパ前の稜線をチョルテンのあるところまで歩く。エベレストの方面は林になっていて、眺めは良くない。



まだ、薄暗いタンボチェゴンパ。



宿に戻って、チベタンブレッドwithエッグとレモンティー。

清算(840ルピー)して、8時45分出発。


ディンボチェに向けて出発


一つ目のこの橋を渡るまでは林の中。はしを渡ると開けた谷間を歩くことになる。



そこそこトレッカーはおり、それにあわせてゾッキョもゾロゾロ。



正面に雲を被ったアマダブラムが見える。



チョルテンとアマダブラム。



道はよく歩きやすい。



後ろを振り返ると、遠くの丘の上に、タンボチェのゴンパが見える。タンボチェから下りた分は、取り返せたかな。



パンボチェ到着。ここの村もそこそこ大きく宿も結構ある。



高山病で誰か運ばれているのだろうか。ルクラの方向に飛んでいった。



オルショには宿が1軒。ただし、閉まっていた。休むなら、オルショ手前のシャモレがいい。休めるところはいっぱいある。


ペリチェとディンボチェの分岐


ここで、ディンボチェ方面とペリチェ方面に分かれる。右の谷に進むとディンボチェ。左に行くとペリチェ。私はディンボチェ方面に進む。谷間を進むが、後ろから吹き付けてくる風が冷たい。ここの分かれ道で、一枚羽織ったが、手袋が薄く手が悴む。


ディンボチェ到着


ディンボチェ到着。タンボチェから3時間半。村の入り口のピースフルロッジの庭でかわいい女の子が遊んでいたので、ここに決めた。



部屋は綺麗で、タンボチェの宿より数段上のレベル。



昼間は温室(?)でレモンティーを飲みながら、ゴロゴロ。日が落ちてきたところで、部屋に戻り、ゴロゴロしているといつの間にか寝入ってしまっていた。



寝ていると、主人が呼びに来てくれて、夕食。夕食はシチュー。「stew」って書くということを初めて知ったよ。



少ししょっぱかったが、2杯頂いた。やることもなかったので、19時過ぎに就寝。



HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 2011年最後の日の入りを見ようと、テントから標高差約150mの大砂丘の上には多くの人が集まった。

    • イリチェ=近郊の オトガル=バスターミナル。空港バスに乗車する時点でマルディンに行きたい旨を伝えておけばここで降ろしてくれるだろう。

    • 新幹線に乗るまでの間、仙台駅の牛たんストリートにあった「たんや善治郎」で夕食。個人的には、利久よりボリュームがあって満足度高し。並んでまで食事をすることなんて滅多にないけど、たまにはいいか、こういうのも。

    • 後ろを振り返れば、谷の底に木々が生い茂っている印象的な風景が広がる。

    • レーに来た時と同じように、空には少々雲が残り、スカッとした空ではなかったが、その中を1時間ばかりの短い旅。

    • ナワルで遅い昼食。開いているゲストハウスは少ないので、食べる場所は限られる。


    • 雲ひとつない空の元、紫外線を大量に浴びながら、氷河を眺めていたが、そろそろ退却することに。帰りはみんなが利用する正規ルートを明永村まで使って下る。途中、中国人が続々登ってくる。みんなかなりバテバテ。都市部の人間のせいか、みんな弱々しかった。他にもインド人っぽい人もいて興味をそそられたが(?)。