HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

フンザエリア:南アジア(パキスタン) 日付:2011/05/05 (7/11)

コショーサンゲストハウスの朝食

朝、部屋から出てみると、やはり雲はない。山は朝がいい。宿からでて、少々散歩。


宿に戻ってからは、食事。ジャムとパンがうまかった。宿代と食事代を合わせて300ルピー。



9時過ぎに宿を出て、コショーさんと2人で車がくるのを待つ。


アリアバートへ


アリアバードまで25ルピー。そうしているうちに、宿に出入りしているドライバーが走ってくる。あまり気乗りはしなかったが、タダでいいよ、と言うので出発。コショーさんは50ルピー払ってくれというので、そうすることにした。

カリマバード出発は9:10。来た道の反対方向にずんずん進む。9:35アリアバード到着。



ここで初めてあのパキスタンの派手なトラックを見たような気がする。水20ルピーを買い、出発を待つ。我々のジープは1人150ルピー。子供2人を含む11人が客。詰め込み過ぎ。これを考えると、来たときの1700ルピーでも、あまり相場から離れていないのかもしれない。出発は10:05。舗装されていない道を走り、最後には非常に細かい砂埃が舞う坂を登っておりて、ちょうど1時間後の11:05船着場に到着。


船着場


日本人団体客と車を積んだボートを見送って、11:20出発。出発前にはなぜだかパスポートチェックがあった。



若干雲が出ていて、来たときよりは眩しくない。ただ、もう日焼けをするのは嫌だったので、帽子はかぶっておいた。



川上に行くためか、帰りはエンジンを2台動かしていた。途中4箇所に寄り道をして、12:55ウセイニー到着。

船をおり荷物を担いで坂道を上がって行くと、タクシーの運転手が声をかけて来たので、それに乗せてもらう。13:10発。私だけパスーの吊橋の降り口までで100ルピー。後ろの席に私を含め男4人が乗っており、非常に狭かった。


パスーの吊橋へ


ここから川近くまで降りる。道はあるので、問題なく降りられる。15分程の下降で吊橋に到着。それにしても風が強い。



吊橋到着。




吊橋からパスー氷河へ


橋の脇で少々休憩し、そのまま川の脇に作られた道を行く。道を辿っていると、今度はパスー氷河が左手に見えて来たので、引き寄せられる様に行ってみた。カラコルムハイウェーを横切り高台まで上がったが、氷河は遠い。温暖化で後退しちゃったのかな。



その氷河を眺めた高台からみたパスー村。日陰になっていてちょっと残念。


パスーイン到着


村の中を通って、パスーインに到着したのは、15:25。 吊橋への折口から2時間程のショートトレッキング。パスーインのおじいさんと話しながら、車が来るのを待つ。



16:30に乗合バンが来たので乗り込む。15人乗り。途中途中止まりながらも、一時間半でスストに到着。100ルピー。


ススト到着


スストでは4軒くらいしか宿は空いていなかったが、ホットシャワーが使いたかったので、アジアスターホテルにした。シーツはきたないが、豊富にお湯は出る。400ルピーと600ルピーの部屋があり、私は400ルピーの部屋を選択。


ナトコバスのチケット売り場


部屋に荷物をおいたのち、ナトコの簡素な事務所にチケットを取りに行く。



チケットは2600ルピー。明日9:30事務所に集合とのこと。


パキスタンのポスト


チケット売り場近くにあったパキスタンのポスト。


スストの売店


帰り際に、水20、ヨーグルトジュース75ルピーを買って帰る。


宿で


部屋で体を洗い、洗濯をしたら、何時の間にか寝入ってしまった。右腕と両太ももを虫に刺される。痒すぎ。



HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ここで、ポーターのブジュンに対し、「この先、荷物を持って上がるのは無理だから、マナンに戻るよう」に言う。正直、ブジュンのペースでは余計に時間がかかってしまうし、やはり、自分の力でここからの峠越えをするほうが価値がある。 ただ、マナンからペディまで、全く高山病の症状がでなかったのは、彼のおかげかも知れない。

    • 「もぐもぐ」とかいうナタデココ入りジュース。タイ製。パイナップルは美味しかったが、マンゴーはいまいち。全種類制覇してやろうと思ったが、コーチン以外では見かけず。

    • 袋の中を見せてもらう。


    • 23:59、見事に燃え盛ったたき火。そしてこのまま新年を迎えた。

    • サウスアイランド・エーデルワイス。

    • エンジン全開の猛スピードで座間味港へ帰る。

    • 洞窟寺院はさらに5分程先に進んだところにある。洞窟は結構大きい。洞窟の先には所々に仏像が安置されている。写真のように広い所だけでなく、狭い所もあり、ちょっとした探検気分も味わえる。ただし、奥の方は真っ暗なのでライトを持って行った方が良い。

    • また、次の村の売店でビールを頼む。175ルピー。村の裏側には、広大な田んぼが広がっている。 ボートの船頭がどうもあまり運転したくないらしく(燃料代節約のため?)、あちこち寄りたがる。ただ、寄ったところでモノを買ったからといって、彼にマージンが入っているわけではなさそうだった。