HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

クロアチアエリア:ヨーロッパ(クロアチア) 日付:2011/08/14 (9/16)

ヴィスからスプリットへ

夜明け前の5:30ヴィス発のフェリーでスプリットに戻る。スプリットでフェリーを乗り換えコルチュラ島へ行く予定。


5:30ちょうどにフェリーは出港。夜明けを告げる朝焼けの空の下、フェリーはスプリットへ向かう。



6:10頃、ご来光。




スプリット散策

予定より約10分早い7:40頃、スプリットの港に到着。フェリーを下り、港にあるJadrolinijaのチケットブースで10:15発のコルチュラ島(Vela Luka)行きのチケットを購入。コルチュラ島行きのフェリーの桟橋は一番奥であることを確認。フェリーの出発時間まではディオクレティアヌス宮殿近くを散策。


宮殿東門のすぐ外にあるドミニク教会でちょうどミサが行われていた。


先日も行った魚市場で、アンチョビのオリーブオイル漬けの小瓶を30クーナで購入(塩味がきついが山登り等、汗をかいた後に食べると、この塩辛さがたまらない)。その後、近くの食堂で朝食をとる。


Mixed fish(小魚とイカのフライ)40クーナ(パン付き)。


スプリットからコルチュラ島へ

コルチュラ島へのフェリーもヴィス島同様、車を乗せられる大型客船。定刻の10:15フェリーが出港。


海から見るスプリットの町。



フェリーのデッキ席。



フェリーの船内客室。デッキ席でも船内客室でも値段は一緒。船内全て自由席。



12:00頃、フヴァル島、フヴァルの町の前を通過。


定刻より15分遅れの13:15、コルチュラ島西岸のヴェラ・ルカに到着。下船後、港の先にあるバス停にバスが停まっていたので、運転手にオレビッチに行きたいと告げると、14:00のバスに乗れと言われる。バス停の時刻表を見ても14:00発のバスはなく、14:30ドブロヴニク行きのバスならある。しばらくしてドブロヴニク行きらしきバスが来た。ここが始発みたいでバスに客は乗ってない。客席に移りシートを倒して休憩しようとしていた運転手に聞くと、面倒くさそうに14:30発だと教えてくれた。まだ客を乗せる感じではないので、近くのレストランで昼食をとることにする。


ヴェラ・ルカに入港。


バス停から徒歩数分のところにレストランがあったので、遅い昼食をとる。Shellmusseles a la buzara(ムール貝)48クーナとFruit salad(フルーツ盛り合わせ)18クーナを注文。ムール貝は予想外の多さでびっくり。一人で食べ切れないかもしれないと思ったけど、以外と食べ切れた。食後のFruit saladがなかなか出てこない。バスの時刻も迫ってきたので、キャンセルしに行くが、すぐに出てきた。大急ぎで平らげ、勘定をしてバスに乗り込む。


Shellmusseles a la Buzara


ヴェラ・ルカからオレビッチへ

オレビッチ経由、ドブロヴニク行きのバスは、途中数カ所のバス停で乗降のため止まり、15:30頃にコルチュラのターミナルに到着。時間調整の為かしばらく止まり、オレビッチ行きのカーフェリーが出る港へ。バスごとフェリーに乗り込み、一時バスを下車。船内の展望デッキに行く。16:00過ぎににフェリーは出港。10数分でオレビッチの港に到着。


コルチュラ-オレビッチ間のカーフェリーの駐車スペース。


オレビッチの港到着後、バスはすぐに外に出られそうもなく、多分このままバスに乗ったとしても、すぐその辺で降ろされるであろうから、トランクに詰めた荷物(ザック)を取り、運転手にここで降りることを告げ、さっさと徒歩で船を出る。


コルチュラ―オレビッチ間のフェリーから見るイリヤ山。


イリヤ山登山

これからイリヤ山に登るのだが、ホームページから事前にプリントアウトしてきた地図をたよりに登る。


イリヤ山トレッキングルート。



フェリーを下りて、約40分くらい歩き教会に到着。



教会前からの展望。


教会から10分程歩くと、右イリヤ山の標識が出ている。


標識を右に入るとすぐ民家があり(写真)、民家の前にまた標識があり、そこから左へ進むとトレッキングルートが始まる。


樹林帯は短く、一登りするとすぐに素晴らしい景色が広がる。そこからは左に大展望の広がる道をゆるやかに登っていく。展望の良さなら、頂上よりここの方がいい。


写真中央やや上の、海にちょこっと突き出た集落がコルチュラの町。



西日を反射した海が黄金色に輝いている。



来た道を振り返るとこんな感じ。



コルチュラの町と大型クルーズ船。



民家の脇のトレッキングルートに入り1時間位歩くと、右へ大きく山肌沿いに巻いて行くことになる。これから山頂付近まで海とはお別れ。



その後、標識のある分岐点があり、山頂方面の右へ進むと樹林帯になる。しばらく行くと小屋があり(閉まっており中に入れない)、そこから左へやや急な坂を登っていくと景色が開ける。ここまで来れば山頂はもうすぐ。オレビッチの港から3時間20分でイリヤ山頂上(961m)に到着。



イリヤ山頂上。



イリヤ山頂上北側展望。



イリヤ山頂上東側展望。



イリヤ山頂上南側展望。



満月の光に照らされた飛行機雲。



HOME | 概要 イスタンブール プリトヴィッツェ スタリグラード・パクレニッツァ パクレニッツァ国立公園 トロギール スプリット コミジャ ヴィス オレビッチ ストン ドブロヴニク コトル ドブロヴニク ドブロヴニク→ミュンヘン ミュンヘン→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ライトレイルから外を眺めると、一面、雪。

    • ベン・ユーセフ・マドラサの中庭。 ベン・ユーセフ・マドラサ、マラケシュ博物館、クッバ・バアディン(と呼ばれる12世紀につくられた水利施設)の3施設(セットで60DH)を見学。


    • パスー方面。

    • 毎度の事ならが、3つ目くらいになると、正直飽きてくる。

    • 帰路、また象の群れに遭遇。

    • 17時40分、本日の宿泊所に到着。カレン族の農家。電気は来ていない。高床式の家で、一階は農具などが保管され、二階にはベランダ?や主人の部屋がある。 意外にも、一階には耕うん機が置かれていた。電気は来ていなくても、こういうものはあるんだと、少々驚いた。

    • この街道を行くのは、トレッカーだけではなく、荷物を運ぶポーター、ロバ、ゾッキョなど。

    • 9:00出発のバスでカワスムドへ(47.3元)。