HOME | 概要 デリー シムラ サラハン リコンピオ ナコ ナコ チャンゴ スピロ リコンピオ シムラ デリー→香港 香港→日本

キナウルエリア:南アジア(インド) 日付:2009/04/26 (2/12)

デリーからチャンディガールへ


夜が明けると、ガラスの向こうに、建設中の空港が見えた。その手前にも建設中のメトロ。これが出来ると、町までのアクセスも随分と変わりそうだ。それにしても、空には雲ひとつなく、外は暑そう。



到着ロビーも来るたびに、変わっている。今回は、こんな軽食屋が出来ていた。


国際線から国内線へ移動


国内線ターミナルへの無料バスの待合室に行っても、まだ早いので、もう少しここで待ち、10時半のバスに乗り込む。こっちの方がソファーもいいし、人も少ないので、こちらの方で待つのもありかも。



空港からのバスは、市内向けも含めて、綺麗になっている。このバスに乗って国内線ターミナルへ。空港の外に出てみると、やっぱり蒸し暑い。熱気を感じるバスに乗って20分ほどで国内線ターミナルへ。


国内線ターミナル


まだ、あちこちで砂埃が立っている状態ではあるけど、国内線ターミナルも少しずつ綺麗になっている。それにしても、デリーについてからの10時間でしたことといえば、国際線ターミナルから国内線ターミナルに移動したことだけ。。。時間がもったいない。



チェックイン、セキュリティチェックも終わり、13時05分発のチャンディガル行きのジェットエアウェイズに乗り込む。40分ほどの短いフライト。料金が安いせいか、ジュースとサンドイッチが配られただけ。



茶色い大地が迫ってきて、チャンディガルに近づいてきているのが分かる。



軍との共用空港なので、軍用機がたくさん留まっており、その隅のほうに空港がある。飛行機を降りてから写真は撮りづらいので機内から一枚。空港はそれほど大きくはない。


チャンディガルからシムラへ


荷物は全て手荷物として預けていたので、トイレだけして、そのまま空港を出る。ムワッとする熱気が押し寄せてくる。駐車場まで少し距離があるが、屋根付きの歩道なので、まだマシ。駐車場についたところで、バスターミナルまで連れて行ってくれる150ルピーのオートリクシャーを見つける。それにしても、あまりの暑さに、オートリクシャーの中で半袖に脱皮。



20分ほどでバスターミナルへ。14時半。シムラ行きへのバスは2種類あり、ノーマルが95ルピー、エアコン付が250ルピー。私はノーマルを選択し、番台みたいなところでチケットを買いバスに乗り込む。



左のバスがエアコンつき。私のバスはボロい右側。このバスでチンタラとシムラを目指す。ぼろくてもバスは指定席。出発は14時50分。3回くらいの途中休憩を間に挟む。エアコン付きのバスはおそらくシムラまでノンストップ。

シムラ近くまでくると、山が燃えていて、その煙であたり一面、真っ白。道路わきの木々も勢い良く燃えていたけど、誰も気にする様子もなかったのは、何故なんだろう?良くあることだから?


シムラ


シムラに到着したのは19時。チャンディガルから4時間10分。客引きがうるさいが、それを振り切って、山頂の教会を目指して歩く。教会の左奥にあるいくつかある宿を訪ね、一番安かったHOTEL CHANAKYAに泊まる(350ルピー)。





部屋に荷物を置き、地図だけを買おうと外に出る。閉まりかけの本屋で、ヒマーチャルプラディシュ州の地図を50ルピーで買う。帰り際に、ポテチとペプシを買って夕食代わり。食欲はあまりないので、これで十分。お湯もちゃんと出たので、体を洗った。

買ってきた地図を見ながら、今後のスケジュールを考える。



HOME | 概要 デリー シムラ サラハン リコンピオ ナコ ナコ チャンゴ スピロ リコンピオ シムラ デリー→香港 香港→日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 操縦席。第2便は10時15分に飛び立つ。座席は一番風景が見やすい左の一番前を確保できた。第2便の2機目もほぼ同時に飛び立つ。

    • 石小屋の裏から峠に向けて歩き出す。8時15分。

    • トランプに興じているうちに、夜は更けてゆく。

    • 夕日に照らされるアンナプルナサウス。

    • Tara G.H. の屋上から見えるラプラン寺。寺と宿の間には、無数の僧坊があり、寺まではなかなかの距離がある。


    • 食事が出ても、ヨーグルトとフルーツに手を付けただけ。それにしても、何だが寒く、ブランケットが離せない。

    • 朝食は、ピーナッツパンケーキとスクランブルエッグを注文。食事をしていると、主人がJALの機内誌であるSkyward(2010/10)を見せてくれた。そこにあったのは、石川直樹氏がここに泊まり、書いた記事だった。

    • 12時20分。マナンで雇ったガイドがロキシーの2杯飲んでふらふら。途中でこけて額から血を流す。また、ザックに結びつけておいたコーラもなくす。