HOME | 概要 デリー シムラ サラハン リコンピオ ナコ ナコ チャンゴ スピロ リコンピオ シムラ デリー→香港 香港→日本

キナウルエリア:南アジア(インド) 日付:2009/04/28 (4/12)

サラハンからリコンピオへ

5時半起き。外に干しておいた洗濯物は乾いていた。6時に部屋から出て、宿の主人を探しに行く。案の定、寝ていた。250ルピーを支払い、バス停まで歩いてく。3台のバスが留まっていて、そのうちの1台が発車前の点検をしていた。

しかし、まだ出そうもないと思って、近くの食堂でチャイを飲んでくつろいでいたら、外人がよく泊まっている寺院の奥の方から来たバスが、私の前を通過して行ってしまった。。。なんだぁ、これが、6時半の一番バスだったのか。

そのため、(当初の予定通り)点検をしていた6時50分発のバスでジェオリまで行くことに。今度は下りなので40分ほどでジェオリに到着。ここまで15ルピー。サラハンから、リコンピオ方面に行くダイレクトバスはないようなので、ジェオリでの乗り換えは必須みたいだ。


ジェオリ到着。



バスを降りると、リコンピオ方向を向いたバスがあったので、乗客に行き先を訪ねると、リコンピオ行きという返事があったので乗り込む。あと5分で出発。



バスは順調に進む。途中、左下の稜線上に、サラハンで見たのと同じような塔が立っていた。時間がたっぷりあれば、途中下車もいいが、今回もここは通過。



ヒンドゥー教寺院の前で休憩。



ワントゥあたりではダムが建設中で、いたるところに重機が置かれていた。そのため道路が狭くなっており、前を走っていたバスとダンプが接触。バス側面の窓ガラスが「ガイガリ」と音を立てながら崩れるところが見えた。


リコンピオ到着


ジェオリから3時間半で、リコンピオに到着。4年ぶりのリコンピオで、やはり人が増え、新しい建物もいくつか出来ていた。



リコンピオのメイン通り。賑やかだ。



前回泊まったフェアリーランドG.H.に行ったみたが、若い主人(?)を含め、なんだか雰囲気が気に食わなかったので、泊まるのはやめた(以前泊まったことのある部屋に案内されたが50ルピー値上がっていて300ルピーになっていた)。そのため、近くにあったHotel Deepakに行ってみると、部屋は3部屋ほどしかなく選択の余地はなかったが、部屋前のベランダが気に入り、ここに泊まることにした。300ルピー。トイレも綺麗。



部屋からはキナウルカイラスも正面に見ることが出来る。空は晴れて、素晴らしい景色が広がっていた。


パーミッションを取りに


インナーラインパーミットを取りにホテルから出ると、道端で若い男が、出し物(?)をやっていて、その周りに人だかり。



駐車場。この脇にある建物の中にある旅行代理店に、パーミッションを頼む。書類に必要事項を書き込んで、事前に用意していたパスポートとビザの写しを渡し、150ルピーを支払う(写真は要らず)。そののち、その主人と一緒に、この駐車場を挿んで反対側にある申請所まで歩いていく。しかし、15時にもう一度来いということになり、ひとまず退散。

でも、今日中に取れそうということが分かり、一安心。ここにもう一泊することになったら、時間が勿体無い。

15時になったので、再び代理店に。しかし、許可証にサインをする判事が捕まらないらしく、全然もらえる気配がない。結局、ここでWebを見たり、チャイを飲みながら過ごす。一緒に申請しているオランダ人も呆れていた。









代理店で3時間待ち。18時に庁舎(?)へ。廊下で、会議室から判事が出てくるのを待ち、出てきたところで、許可証にサインをもらい、全てが終了。このとき、すでに18時半を回っていた。もう、なにもやる気がなくて、部屋に戻ってぐったり。


宿~夕食


隣の部屋に泊まっている家族の子供たちが遊びにくる。



暗くなってきたので、夕食に宿を出る。無難にチキンヌードルスープとバナナシェイクを選択。



気が付くと、パーミッションを一緒に取得したオランダ人が後ろに座っており、一緒に食事。彼はリシケシで2週間のヨガ教室を受講した後、バイクを1ヶ月レンタルして、ここまで来ていた。バイクは180ccで1日200ルピー(250だったかな…?)だそうだ。



HOME | 概要 デリー シムラ サラハン リコンピオ ナコ ナコ チャンゴ スピロ リコンピオ シムラ デリー→香港 香港→日本

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 「回教徒の料理屋行きたい」というと、近くにある料理屋まで連れて行ってくれた。清湯面片(4元)とぬるいビール。外気温は18度。過ごしやすい気温で、このぬるくて気が抜けた感じのビールでも1日の終わりにちょうどいい。 今までは移動ばかりであったけれど、明日からは本当の旅行。

    • 台風11号が鹿児島東の海上を北上中。成田空港は、まだ台風の影響は大きくないが、13:20発の予定が14:00過ぎに動き始め、離陸できたのは14:20過ぎ。上空からは雲に取り囲まれた富士山の山頂付近が見えた。特に強風にあおられることもなく、難なく台風の雲を通過。


    • 入り口を入って、2階に上がると、展覧ホールがある。魯迅の生涯の展示やら内山完造が経営していた内山書店なども再現されていた。

    • 嘉比島上陸。レンタルした2人乗りカヤック。向こうに見える島が安慶名敷島。

    • 朝10時過ぎからオールドバガンへ出発。宿から遺跡があるところまで以外に遠くて大変。距離の長さから言ったら5kmくらいではじめの遺跡には着けるからいいけど、なんと言っても気温の高さにやられる。水を飲まないと脱水症状になってしまうし、飲んだらすぐに汗になって出てきてしまう。この日に飲んだ水の量5リットル。

    • ハスの茎の粘液から糸を紡ぐ。もちろん地道な手作業。

    • スイカ?

    • 予定時間の9:00前にウィナーホテルのロビーでガイドのK.T(氏名のイニシャルか?トレッキング中、彼のことをずっとK.Tと呼ぶ)をホテルの女将に紹介され出発。写真は、カローのお金持ちそうな家の前を歩くK.T。