HOME | 概要 成田→インド スキュ 3380m マルカ 3800m ハンカル 3980m ニマリン 4730m チョクド 4000m へミス レー デリー デリー

マルハ谷トレッキングエリア:南アジア(インド) 日付:2008/10/19 (9/11)

レーからデリーへ


昨夜、主人が「明日の朝のタクシーは頼んでおいてやるよ。大丈夫。」といっていたのに、どうも誰もつかまらなかったらしく、結局、主人が叔父から車を借りてきて、私を空港に運ぶはめに(だから、自分で探すって言っていたのに!)。

6時過ぎに宿を出て、空港に。空港では相変わらずの厳重なセキュリティチェックが行われていた。ただ、前回と違っていたのは、機内持ち込みのカメラのバッテリーを取られなかったこと(何でだろう?)。



7時55分の飛行機で、さよなら、ラダック。ちょうど真下にレーの町並みが見えた。相変わらず天気で、遠くの山々まで眺められた。

それらの山々が段々と平になってきて気が付いたときには、デリーに到着。


喧騒のデリー

機内から出ると、くらくらしそうなくらい暑い。国内線の空港を出たところで、200ルピーでメインバザールまで行ってくれるオートリクシャーを探す。


メインバザール到着。相変わらずの喧騒。とりあえず、荷物を置きにいつものブライトゲストハウスへ。行って見ると、またまた値上がりしていて150ルピーになっていた。ついでにいうと、この宿のシーク教徒の主人はかなり弱っている感じがした。あとは、宿で溜まった汚れを洗い流す。サイコーに気持ちいい瞬間。





デリーでは全くやることがないので、無駄に地下鉄に乗って遠出をしたり、ブラブラしていた。



デリー駅前やコンノートプレースのインド人には癖癖だけど、そういうところから離れたところにいるインド人たちはみんな人がいい。


メインバザール


メインバザールの夕暮れ。オレンジ色に染まった太陽が綺麗だった。



HOME | 概要 成田→インド スキュ 3380m マルカ 3800m ハンカル 3980m ニマリン 4730m チョクド 4000m へミス レー デリー デリー

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • オランダ特産、デルフト焼きの土産物屋。

    • キャンディ湖畔のクイーンズ・ホテル前の歩道は道路の高さより高くなっており、無料で祭りを見る人達の特等席。人がびっしりと集まっている。

    • グルタンチョルテンから降りた後、近くにあるタンカ台に上ってみる。タンカ台の上で、青海湖近くから来た坊さんが一人で本を読んでいたので、隣に座ってみる。私が日本人あることを、理解してもらうのすら難しかったが、拙いチベット語などを駆使して、二人でずっとゴンパの方を眺めていた。 1時間ほどしたのち、坊さんと別れ、再びゴンパ探検に出る。タンカ台を降りたあたりで、振り返ってみると坊さんも続いて降りてきた。

    • 朝、避難小屋の内部は気温2℃。しかし、冬用シュラフを持って行ったので、よく眠れた。

    • 日も落ちてきたの外に食べに行った。外をふらつくも、冬の時期と同じで閉じている店が多い。12月に来るのと変わらない。Gesmoだけは開いていたので、そこでチキントゥクパ(75ルピー)とコーラ(30ルピー)。コーラが体にしみる。

    • 20時、テルメズ到着。SURXONホテル裏のゲストハウスに連れていってもらったけど、外国人のためか泊まれず。またタクシーに乗り込んで、通りに面したSURXONに移動し、泊まることに。

    • イルカにも遭遇。ここも近くに寄って、しばらく観察させてくれる。

    • 寺の前では村人たちが集団で、脱穀作業中。

    • 新年のせいなのか、もち米が口の中に入れられていた。