HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラムエリア:南アジア(インド) 日付:2012/09/17 (4/10)

アレッピーの宿を出る


9時ぐらいに荷物を片付け、チェックアウト。宿の主(一番右)は、いい奴だった。

彼には、アレッピーからクイロンまでの交通や途中にある町などについていろいろな情報を教えてもらう。


バックウォータツアーに出発


ノースカナルに並んでいる数多くの船から、エンジン付きのものを見つけ、1500ルピーで5時間ツアーを頼む。値切ろうと思えばいくらでも値切れるだろうが、たかが数百円の差だからいいかなと。



船頭さん、名前はアショカだったような。



ノースカナルを走る。両側から木々がトンネルのように覆いかぶさっていて、暑い日差しを遮ってくれる。



細いノースカナルから広い湖に漕ぎ出す。



水上の交差点みたいなところが所々あり、看板も立っている。



朝食を取っていなかったので、途中の村で食事。エビの串焼きと魚。650ルピーとかなりのお値段。まぁ、こういう所で食べるとしょうがないか。



また、次の村の売店でビールを頼む。175ルピー。村の裏側には、広大な田んぼが広がっている。

ボートの船頭がどうもあまり運転したくないらしく(燃料代節約のため?)、あちこち寄りたがる。ただ、寄ったところでモノを買ったからといって、彼にマージンが入っているわけではなさそうだった。


ハウスボート


このようなハウスボートも数多く行き交っている。数部屋あり、エアコンもついている大きな船。欧米のツアー客ばかりではなく、一族で借りきっているインド人も多かった。



のんびり進む。



そのうち、船は細い水路に入っていく。両側にはやしの木が茂り、橋がかかる。バイクなども見たので一応、水郷地帯とはいえ、陸続きなんだろう。



水路の脇には、学校なんかもある。

途中で、エンジンがかからなくなったり、とあまり性能の良い船ではなかった。





船が、このあたりに住む人の足になっている。





最後の売店。ライスカードをほおばりながら、チャイを飲み、一休み。



15時45分、ノースカナルに到着。



バススタンド前で下ろしてもらう。チップに100ルピー。ほぼ5時間のツアー。でも、船に乗っていたのは、その半分くらいか。でも、楽しかった。


アレッピーからトリバンドラムへ


トリバンドラム直通がないようなので、16時5分発のKayankulam行きのバスに乗り込む。96ルピー。

Kayankulamに到着したのは、17時半。ここから、トリバンドラム行きのバスに乗り換え、トリバンドラムには20:50到着。トリバンドラムの駅前でバスを降り、Aristo Rd.に宿を求める。


トリバンドラム

宿はいくつもあるのだけど、どこもいっぱい。結局、とりあえず押さえておいたRAJGIRISH LODGEに部屋を取る。800ルピー。

今まで気軽に宿に泊まれたけど、トリバンドラム、コバーラム・ビーチ、カニャークマリでの宿泊には、FORM-Cという書類への記入が義務づけられていて、記入項目が多く面倒くさかった。宿の人は、外国人宿泊者のパスポートのコピーとFORM-Cを警察だかどこかに提出しなければいけないらしい(外国人の宿泊に対し厳しい)。


夕食は、宿前にあるファーストフード店。ベジヌードルなど。エアコン付きの部屋に通された。



HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 帰りは宿まで歩いて帰った。なかなかの距離があったけど、ゆっくりと街中を眺められたので良かった。歩いて帰らないととゆっくりと対岸から時計台などを眺めることは出来ない。宿についてから明日のバスチケット買いに長距離用のバスターミナルまで買いに行く。

    • エルナクラムのバススタンドにどんどん入ってくる南行きのバスに飛び乗る。14時53分。途中から座れる。41ルピー。 この辺を走ってるバスには窓ガラスがなく、シャッターのような雨よけがあるだけ。なので、数時間も乗っていると埃まみれ。


    • 上の写真はシャブルベシから1個目の茶屋.ここまで降ればシャブルベシはもう着いたも当然.この宿でおじいさんと出会い,彼とシャブルベシまで歩くことに.

    • Markarfljótsgljúfur canyon。 見ごたえのある深い峡谷。崖沿いにはもちろん手すりなどはない。高所恐怖症の人には怖いかも。

    • 生贄となった水牛は、男達の手でその場で解体される。

    • 約1時間、頂上付近に滞在して、15:40頃下山開始。さっき眺めた景色も、日の光の当たり方が変わり違った表情をしている。

    • ウィナーホテルでもらった地図をたよりに教会のある交差点を右へ。途中、ゴルフ場(といっても丘を切り開いた簡素なもの)を横切る場所でゴルフに興じるミャンマー人を見学。ホテルから30分程度でシュエウーミン洞窟寺院に到着。洞窟の中はご自由にお入りください状態。誰もいない。途中で地元の青年がやってきた。瞑想に来たらしいが、私がこの後、バンブーブッダを見に行くことを言うと、そこまで連れて行ってくれると言う。