HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

ニュージーランド(ミルフォード・トラック、ルートバーン・トラック)エリア:オセアニア(ニュージーランド) 日付:2013/01/02 (12/13)

早朝散歩

朝6時に起き、今にも雨が降り出しそうな天気だったが6:20頃から一人で早朝散歩。ワカティプ湖の周りを歩く。
宿の近くのカワラウ・フォールズ橋(Kawarau Falls Bridge)を渡り、カワラウ・ビレッジへ行き、そこから急坂を上がり、ペニンシュラ・ロード(Peninsula Road)沿いを歩く。


カワラウ・ビレッジの手前からのカワラウ・フォールズ橋。後ろに見える山はリマーカブルス山脈。



ペニンシュラ・ロードからの眺め。宿・空港方面。




クイーンズタウンからオークランドへ

小一時間の散歩を終え、朝食をとり、8:30頃チェックアウト。宿の人に空港まで車で送ってもらう。


9:10頃に搭乗開始。天気は雨。窓側の席を予約していたが、来た時のような絶景はまず期待できない。



9:50に離陸。目的地のオークランドは北だが、南に向けて飛び立つ。
赤丸がSPA|B&B、青丸がカラカウ・フォールズ橋、その右の建物群がカラカウ・ビレッジ。


案の定、すぐに雲の中に入り、やがて雲の上を飛ぶことになる。北島上空でやっと雲が切れだし、窓からの景色を楽しめるようになる。
ほぼ予定通りの11:30頃、オークランド空港に着陸。


タラナキ山(エグモント山)。富士山によく似た形状の山で、周辺は、映画「ラスト・サムライ」のロケ地になったほど。


国内線ターミナルから国際線ターミナルへは案内標識によると640m、徒歩15分の距離。両ターミナル間の連絡バスがあるようだが、乗り場がよく分からなかったので、歩いて移動。駐車場をショートカットをしながら速足で歩き、10分足らずで国際線ターミナルへ。早々と国際線のチェックインをすませ、搭乗時刻まで約1時間あるので、Iさんに教えてもらった空港近くのスーパー(countdown)でニュージーランド・ドルを使い切るべく買い物へ。


スーパーcountdown(24時間年中無休)は、空港から徒歩15分位の距離。すぐ近くにIbis Budget Hotelがある。


オークランドからバンコク経由で成田へ


バンコク行きの飛行機は、エコノミー席一番前の非常口横の席。ゆったり足を伸ばせる。なんと行きのバンコクからオークランドまでも座席指定していないのに同じ席だった。



HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • メディナを出てすぐの丘。城壁の向こうがメディナ。この真後ろに道路を挟んでマリーン朝の墓地の丘がある。

    • 途中、海岸で小休止をはさみ、約1時間、海の中の世界を楽しむ。岸から上がって来るよう合図があり、もっといたかったが岸に上がり、小型ボートでクルーズ船へ。

    • 最後の売店。ライスカードをほおばりながら、チャイを飲み、一休み。

    • 下り始めて約40分でアンナプルナベースキャンプ付近を水源とするモディ・コーラ(川)の川岸に。ここからしばらくモディ・コーラ沿いを歩く。

    • リコンピオのメイン通り。賑やかだ。

    • バスを降りた場所の近くでは、建物の解体作業が行われていた。人通りの多い歩道のそばで、重機を使って豪快にバリバリと壊していく。

    • 良さそうなレストランを探しまわったけど、結局、昨日と同じレストランで食事。

    • 小川の水が集まり、急流となって、Veiðileysufjörðurへ注がれていく。

    • タジク人の伝統的な建物だけど、なんだかチベットのものと色彩や道具の類が似ているような気がする。気候などが、似ているため必然的に同じような作りになるのかもしれないが、、、