HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

ニュージーランド(ミルフォード・トラック、ルートバーン・トラック)エリア:オセアニア(ニュージーランド) 日付:2013/01/02 (12/13)

早朝散歩

朝6時に起き、今にも雨が降り出しそうな天気だったが6:20頃から一人で早朝散歩。ワカティプ湖の周りを歩く。
宿の近くのカワラウ・フォールズ橋(Kawarau Falls Bridge)を渡り、カワラウ・ビレッジへ行き、そこから急坂を上がり、ペニンシュラ・ロード(Peninsula Road)沿いを歩く。


カワラウ・ビレッジの手前からのカワラウ・フォールズ橋。後ろに見える山はリマーカブルス山脈。



ペニンシュラ・ロードからの眺め。宿・空港方面。




クイーンズタウンからオークランドへ

小一時間の散歩を終え、朝食をとり、8:30頃チェックアウト。宿の人に空港まで車で送ってもらう。


9:10頃に搭乗開始。天気は雨。窓側の席を予約していたが、来た時のような絶景はまず期待できない。



9:50に離陸。目的地のオークランドは北だが、南に向けて飛び立つ。
赤丸がSPA|B&B、青丸がカラカウ・フォールズ橋、その右の建物群がカラカウ・ビレッジ。


案の定、すぐに雲の中に入り、やがて雲の上を飛ぶことになる。北島上空でやっと雲が切れだし、窓からの景色を楽しめるようになる。
ほぼ予定通りの11:30頃、オークランド空港に着陸。


タラナキ山(エグモント山)。富士山によく似た形状の山で、周辺は、映画「ラスト・サムライ」のロケ地になったほど。


国内線ターミナルから国際線ターミナルへは案内標識によると640m、徒歩15分の距離。両ターミナル間の連絡バスがあるようだが、乗り場がよく分からなかったので、歩いて移動。駐車場をショートカットをしながら速足で歩き、10分足らずで国際線ターミナルへ。早々と国際線のチェックインをすませ、搭乗時刻まで約1時間あるので、Iさんに教えてもらった空港近くのスーパー(countdown)でニュージーランド・ドルを使い切るべく買い物へ。


スーパーcountdown(24時間年中無休)は、空港から徒歩15分位の距離。すぐ近くにIbis Budget Hotelがある。


オークランドからバンコク経由で成田へ


バンコク行きの飛行機は、エコノミー席一番前の非常口横の席。ゆったり足を伸ばせる。なんと行きのバンコクからオークランドまでも座席指定していないのに同じ席だった。



HOME | 概要 成田→バンコク→オークランド オークランド テアナウ ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・トラック ミルフォード・サウンド ルートバーン・トラック ルートバーン・トラック クイーンズタウン クイーンズタウン オークランド→バンコク バンコク→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • ノアの方舟の博物館。というか資料館。昔の新聞記事などが掲示されている。2.5TL。

    • 仏像製作中。

    • シヌワからチョムロン方面。左上から右下へと下ってきた。渡った橋は右下画面外の方角。

    • 主人の子供に写真を撮ってもらう。

    • 山羊と遊ぶ少年。

    • そして今日も日は暮れていく。

    • やることもないので広場片隅に腰掛けてボーと通りを行きかう人を眺めていたら、この帽子をかぶったおじさんが話しかけてきた。ネパールのさまざまなことを教えてくれた。以前はここで商売をしていたが今はここでできなくなってしまったとか。おしゃべりの中で面白かったこと。NEPALとは N - NEVER E - END P - PEACE A - AND L - LOVE だと。ん~~なかなか!その一方でJAPANとは J - JUMPING A - AND P - PUMPING A - AT N - NIGHT だとか。いい意味で取れば、頑張っているということだけれど、否定的な意味で取れば、仕事漬けな人生を送っているということ。どちらにしてもみんな日本に対して興味を持ってくれているので、どこでどんな人と話をしていても楽しかった。日本に興味を持っていくれているのはうれしい。

    • 天安門広場から天安門(故宮博物院方面)へ向かうには、間に通る道路の横断はできず、地下通路で向こう側に渡る。この地下通路への道が狭く大渋滞(地下通路はもっと広いのでこれほどの渋滞にはならない)。

    • 朝起きて、海を見てみると、地引き網漁が行われていた。