HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

ウズベキスタンエリア:中央アジア(ウズベキスタン) 日付:2013/05/01 (5/11)

ヒバからブハラへ


7時に起き、昨日と同じく宿で朝食。ヒバの最後の散策。



8時の集合時間に間に合うように、宿を出る。カラ回りで一緒になった日本人4人でブハラに向かう。

集合場所のイスラームベックに行くも、前日に頼んでおいたはずのタクシーが来ず。急遽、イスラームベックの主人が別のタクシーを用意してくれたので、それに乗ってブハラへ(100ドル/4人+チップ2000スム×4人)。ブハラまでの値段は1台あたり80〜120ドルくらいか。

ただ、ヒバからタクシーに乗ったが、ウルゲンチで別のタクシーに乗せ換えさせられた。なんだか仕組みがよくわからなんなぁ。



サービス精神旺盛な運ちゃんで、途中で車を引き返したかとおもったら、亀を拾ってくれた。こんな水もなさそうな平原に亀がウロウロしているなんて意外。

また、タジキスタンの国境沿いでも、車を停めてくれたので、タジキスタンを眺めながら一休み。



大平原で一枚。



運ちゃんと車。



昼食。ビールとシャシリクとラグメンとか。14000スム/人。


ブハラに到着

16時にブハラに到着。昼食とかで結構ゆっくりしていたせいもあり、ヒバから7時間半くらいか。宿は、運ちゃんに紹介されたHotel Rustam & Z。ブハラでの滞在時間はあまりなかったため、荷物を置いた後、すぐに観光開始。


まず、宿近くのナディール・ディヴァンベギ・メドレセから見て回る。有料らしいが、なぜか払わず入れた。中は、土産物屋とチャイハナ。


ラビハウズ


ここがブハラの中心かな。この周辺にもチャイハナがあり、なんか欧米人向けの観光地という感じ。


タキ・テルパクフルシャン


タキとは大通りの交差点を丸屋根で覆ったバザールのこと。関所の役目もあったとか。ここは帽子市場。




アブドゥールアジス・ハン・メドレセ


入場料が必要。入り口を入ると右手にこじんまりした博物館があり、ここにあった判のデザインがなかなか素晴らしい。中庭では、地元民が店を開いていて、「島唄」を弾いてくれるおじさんもいた。


カラーン・ミナレット


カラーン・ミナレット、カラーン・モスク、ミル・アラブ・メドレセ。


ミル・アラブ・メドレセ


神学校。



ミル・アラブ・メドレセ脇の食器売場。


アルク城


夕日を眺めにアルク城へ。



博物館は17時までなので閉まっていたが、賄賂がほしい警備員がいるので、少し時間をオーバーしても入れる。6000スムを払って(払い過ぎたか?)、普通は入れない展望台?まで行く。次に行かれる方は、交渉を頑張ってほしい。

ただ、正直、眺めは普通。



賄賂がほしい警備員たちと。


夕食


ブハラで出会った日本人たちと夕食。ブハラって安い食堂が少ないので、食事には困る。歩きまわって、ミニバス乗り場近くの食堂へ。



なんだか物足りなかったので、コンビニでチーズや酒を買い込んで宿へ。


宴会


同じ宿の日本人が集まって部屋で宴会。24時くらいまで。椅子が砕けるハプニング付き。



HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 泊まった宿の裏では、現在、家を製作中。

    • お姉ちゃんと10ヶ月の子供。

    • 空港から直接、チベットハウスに行ったけどチベットハウスを知っているリクシャはほとんどいないように思った。チベットハウスでは入り口で名前を書く。中にミュージアムや本屋などがある。ミュージアムはクーラーがかかっていたけど本屋にはかかっていなかった。本屋は暑くてしょうがなかった。17時半にしまるのでそれにあわせて退館。このあとはコンノートプレイスで時間をつぶす。

    • コミジャの町の夜景。空には明るいお月さん。

    • 康定の町。以前泊まったブラックテントG.H.のところまで行ってみたけれど、こちらも変わっていなさそう。

    • ドライバーと私の護衛(?)と私。カザのタクシースタンドで記念の一枚を撮る。

    • サルが木の上からじっとこちらを見ていたりする。

    • 博物館の内部。

    • フランスパンは、ぺリンの町を散策しているときにであった子供たちにあげた。個人的にはちょっとしょっぱいなぁと思っていたフランスパンだったけど、おいしいおいしいと言ってくれた。