HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

ウズベキスタンエリア:中央アジア(ウズベキスタン) 日付:2013/05/05 (9/11)

サマルカンドの市場


レギスタン広場から北東方向にあるシヨブ・バザール。賑やかだけど、テルメズのように、外国人だからって声をかけられることはない。



サマルカンド・パンが売られている。


宿で朝食


朝の散歩を終え、宿で朝食。


サマルカンド駅


明日、サマルカンドからタシケントへは鉄道で行こうと思っていたので、鉄道チケットを取りに駅へ。バスでも行けるが、丁度、サマルカンドに鉄道で帰る人達がいたので、彼らと一緒にタクシーで駅へ。2000スム×4人。

サマルカンド行きのチケットは、43000スム、40000スム、27000スムの3種類のチケットがあるようだが、一番安いものは売り切れていて、私が購入できたのは、真ん中の40000スムのもの。早めに買っておいたほうが良い。チケット売り場は、英語が通じないとか言う人もいたが、私は問題なく買えた。

駅からは、バスで中心街まで戻る。500スム。


アミール・ティムール


入場料9000スム。ティムールをはじめ、彼の息子たちが眠る支配者の墓。



内部の天井。1996年に修復が完了しているので綺麗。



ティムールの墓石は、中央にある黒緑色のもの。この地下3mに亡骸が埋められているとのこと。


レギスタン広場


入場料14400スム。高い。外国人用料金でぼったくっている。チンギス・ハーン来襲後、アフラシャブの丘から移動したサマルカンドの商業の中心地。公共の広場でもある。

3つのメドレセが並んでいるが、内部はどこも売店ばかりで、少々幻滅。




ビビハニム・モスク


市場近くにあるモスク。かつてイスラーム世界で最大の規模を誇ったモスク。



ビビハニム・モスクにあるウルグベグが寄進したラウヒ(書見台)。このラウヒの周りを願い事をとなえながら3周すると、願いが叶うだとか。



ビビハニム・モスクの中で、なかなか素晴らしいプレートを販売しているお兄さんがいたので、2枚購入。2枚で40ドル。


シヨブ・バザール



シャーヒズィンダ廟群


アフラシャブの丘にある墓場を歩いていると、シャーヒズィンダ廟群の最奥部に到着してしまう。



入り口からシャーヒズィンダ廟群。この遺跡の装飾の多様さ、美しさは、素晴らしかった。レギスタン広場なんかとは比較にならない。



各地から観光に来ている。人も多く、細い通りは混雑している。



クサム・イブン・アッバース廟の天井装飾。



通りの突き当たり。正面の廟は1350年の建設。この廟の様式が残りの廟の原型だそうだ。





アフラシャブの丘に行こうと、一旦、シャーヒズィンダ廟群を出た後、ウズベク天文台の方に進む。少し行ったところから、丘を上がって、墓場の中を歩いて北の方角へ。



途中に、墓石を作っている人たちがいた。




アフラシャブの丘


モンゴルによって徹底的に破壊される前は、何世紀もの間、サマルカンドの町はこの上にあったとのこと。


アフラシャブ博物館


丘の脇にあるアフラシャブ博物館。閉館間近に入館したので、見学を急かされる。



7世紀の領主の宮殿から発見されたフレスコ画が、ここの最大の見所。


ビビハニム・モスク


ハズラティ・ヒズル・モスクからのビビハニム・モスクの姿。


夕食


宿に戻って、2人で食事へ。



ビールとシャシリークの組み合わせは最高。



HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 市場の出入口。といっても、色んな所に出入口がある。看板を見ると、ここはマカレの中央市場とのこと

    • 仲良し二人組。

    • そして部屋飲みです。奥さんの腹の調子も余り良くないのでこのほうが何かと便利。

    • レテ手前から「おぉおぉ」などと叫んでしまいそうになる山々が姿を現す。ここからレテまでの最後の登りが結構きつかった。レテに着いたときはもう足はガタガタ、体はガタガタ。

    • いろいろな具材を選んで、店員さんに渡すと、それらを茹でた後、テーブルに用意してくれたボウルに入れてくれる。山椒の辛さにしびれるが、ビールと一緒に美味しくいただけた。

    • トリンコマリーの海岸。引き込まれそうなほど、澄んだ水だ。

    • 起きてからも、焚き火の周りでだらだら。食事を作ってくれる大名旅行なので楽。

    • 中心街から10分程度先のウルティマ・エスペランサ湾。観光案内所はこの海岸にある。この日は風が強く、日が差したり陰ったりと忙しい。

    • 16:50、日の入り。