HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

ウズベキスタンエリア:中央アジア(ウズベキスタン) 日付:2013/05/05 (9/11)

サマルカンドの市場


レギスタン広場から北東方向にあるシヨブ・バザール。賑やかだけど、テルメズのように、外国人だからって声をかけられることはない。



サマルカンド・パンが売られている。


宿で朝食


朝の散歩を終え、宿で朝食。


サマルカンド駅


明日、サマルカンドからタシケントへは鉄道で行こうと思っていたので、鉄道チケットを取りに駅へ。バスでも行けるが、丁度、サマルカンドに鉄道で帰る人達がいたので、彼らと一緒にタクシーで駅へ。2000スム×4人。

サマルカンド行きのチケットは、43000スム、40000スム、27000スムの3種類のチケットがあるようだが、一番安いものは売り切れていて、私が購入できたのは、真ん中の40000スムのもの。早めに買っておいたほうが良い。チケット売り場は、英語が通じないとか言う人もいたが、私は問題なく買えた。

駅からは、バスで中心街まで戻る。500スム。


アミール・ティムール


入場料9000スム。ティムールをはじめ、彼の息子たちが眠る支配者の墓。



内部の天井。1996年に修復が完了しているので綺麗。



ティムールの墓石は、中央にある黒緑色のもの。この地下3mに亡骸が埋められているとのこと。


レギスタン広場


入場料14400スム。高い。外国人用料金でぼったくっている。チンギス・ハーン来襲後、アフラシャブの丘から移動したサマルカンドの商業の中心地。公共の広場でもある。

3つのメドレセが並んでいるが、内部はどこも売店ばかりで、少々幻滅。




ビビハニム・モスク


市場近くにあるモスク。かつてイスラーム世界で最大の規模を誇ったモスク。



ビビハニム・モスクにあるウルグベグが寄進したラウヒ(書見台)。このラウヒの周りを願い事をとなえながら3周すると、願いが叶うだとか。



ビビハニム・モスクの中で、なかなか素晴らしいプレートを販売しているお兄さんがいたので、2枚購入。2枚で40ドル。


シヨブ・バザール



シャーヒズィンダ廟群


アフラシャブの丘にある墓場を歩いていると、シャーヒズィンダ廟群の最奥部に到着してしまう。



入り口からシャーヒズィンダ廟群。この遺跡の装飾の多様さ、美しさは、素晴らしかった。レギスタン広場なんかとは比較にならない。



各地から観光に来ている。人も多く、細い通りは混雑している。



クサム・イブン・アッバース廟の天井装飾。



通りの突き当たり。正面の廟は1350年の建設。この廟の様式が残りの廟の原型だそうだ。





アフラシャブの丘に行こうと、一旦、シャーヒズィンダ廟群を出た後、ウズベク天文台の方に進む。少し行ったところから、丘を上がって、墓場の中を歩いて北の方角へ。



途中に、墓石を作っている人たちがいた。




アフラシャブの丘


モンゴルによって徹底的に破壊される前は、何世紀もの間、サマルカンドの町はこの上にあったとのこと。


アフラシャブ博物館


丘の脇にあるアフラシャブ博物館。閉館間近に入館したので、見学を急かされる。



7世紀の領主の宮殿から発見されたフレスコ画が、ここの最大の見所。


ビビハニム・モスク


ハズラティ・ヒズル・モスクからのビビハニム・モスクの姿。


夕食


宿に戻って、2人で食事へ。



ビールとシャシリークの組み合わせは最高。



HOME | 概要 ソウル タシケント ヒバ1 ヒバ2 ブハラ テルメズ1 テルメズ2 サマルカンド1 サマルカンド2 タシケント→ソウル ソウル

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 子供を背負うお母さん。

    • その賑わいを眺めながら、教会隣の食堂2階で夕食。宿を紹介してくれた兄ちゃんに教会前で偶然再会し、再び引きずり込まれたレストラン。 ポラオ、フィッシュフライ、エビなどを食べる。日本を出てから最初のまともな料理。インドのめしはまずいという印象があるが、こちらはうまかった。 以後、南インドの美味いめしを楽しむ。

    • タジク人の伝統的な建物だけど、なんだかチベットのものと色彩や道具の類が似ているような気がする。気候などが、似ているため必然的に同じような作りになるのかもしれないが、、、

    • ハリス・サドルからしばらく歩くと目の前にハリス湖が広がる。しばらくはハリス湖を左下に見ながら湖岸の崖の上を歩く。天気が良ければ絶景だろう。


    • 歩き始めは真っ暗だったが、だんだん明るくなり、綺麗な朝焼けが。

    • 私の泊まっていた宿のお嬢さんがロサールのため衣装を身に着ける。

    • すでに大勢の人が、岬に集まっていて、沐浴している。

    • これがカタツムリ(10DH)。味は、臭味は多少あるが問題ない。ただ塩味がちょっと利き過ぎてしょっぱかった。また食べたいとは思わない・・・