HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

インドネシア・フローレス島エリア:東南アジア(インドネシア) 日付:2013/09/17 (4/10)

バジャワの市場


バジャワの市場。



市場の外側の野菜売り場。陽気な人が多く、歩いているだけで楽しい。豆腐・はんぺんなど、他ではあまり見かけないようなものも売っていた。


バジャワからソア村へ


バジャワから温泉のあるソア村へ。最初はミニバスで行こうと思ったが、人が集まらず、なかなか出発しないので、市場の脇で暇そうにしているバイタクを雇って行くことに。バイタク代60,000ルピア。



ソア村の温泉は、公園のようになっていて、温泉に入るのに外国人は14,000ルピア、現地人は4,000ルピア。それに、バイクの駐車料金2,000ルピアも必要。すべて私が、、、



温泉の脇で服を脱ぎ、水着で入力。お湯はそれほど熱いという感じでもないので、長く入っていても大丈夫。この円形の風呂場に温泉が湧き出ていて、それが下流にも流れていっている。



その流れ出た川のようなところでも楽しんでいる人はいる。



さらに、その先には小さな滝も。



ソア村からバジャワに戻って、宿近くの食堂で昼食を取り、ベナ村へ。


バジャワからベナ村へ


市場の脇でバイタクと交渉し、ベナ村へ。80,000ルピア。単独峰の山に向かって走り続ける。開放感のある道で気持ちが良かった。


ベナ村到着


村の入口で記帳。あと、ドネーション10,000ルピア。



普通に人が住んでいる村。



家の軒先には、織物がぶら下げられ、よくある観光地。





村の一番奥からの風景。広場を中心にして、その両脇に家が立ち並ぶ。我々が行ったときは、ちょうど広場の左半分を使って、葬式をやっていたので、右側の家を覗きながら歩くことしかできなかった。



村の奥は崖になっていて、みんなの記念撮影場所になっていた。



バイタク。陽気な奴だった。


ベナ村のコーヒー


村の中の一軒で、おばあちゃんが木臼でコーヒーを潰していた。



なので、ちょっとやらしてもらう。木臼で炒ったコーヒー豆をつぶし、その後、ふるいをかける。




バジャワに戻る


バジャワに戻り、再び市場へ。みんな陽気。市場を歩いていると、すぐに声をかけられる。そんなところ。



豆腐は現地でも「トウフ」。はんぺんみたいなものは「テンペ」と言われていた。戦時中に、日本が伝えたんだろうな。



おやつを売っている店。タダでくれるとか言っていたけど、ちゃんとお金を払ったよ。



野菜売り場。



これはタバコだったかな。



ビンタン。



コーヒー1カップ7000ルピア。ワンカップ分もらおうとしたら、お釣りがないとかで、10,000ルピア分もらうことに。これは、日本に帰ってから、炒って飲んでみた。少々酸味が強い味だった。



良さそうなレストランを探しまわったけど、結局、昨日と同じレストランで食事。



HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 至る所にチョルテンがあり、道は分かりやすい。この時期は川の水は少なく川の脇を普通に歩けるので、高巻きをすることもあまりない。ただし、高巻いたところから見られる風景のほうが当然眺めがいい。

    • 丘の上から西側(マチャプチャレ方面の反対側)。正面にアンナプルナⅠ峰。その下には氷河の谷が広がる。残念ながら氷河は土砂で覆われているので、一般的にイメージされる真っ白い氷河とはいかない。それでも圧倒されるダイナミックな景観だ。たまに氷河の方面からバリバリっといった氷が割れる音が聞こえる。

    • 回教族も多い。 子供たちと遊んでいると、面白がっておじちゃんたちも集まってくる。「夕食食べたか?」と誘ってくれた回教族の人の言葉に甘えてご馳走になる。

    • 14時にタンブラム到着。バススタンドの入り口の果物屋に、一度は食べてみたいと思っていたレッドバナナがぶら下がっていたので、購入。中途半端な本数を売りたくない主人と数本だけでいい人間の交渉。結局、50ルピー/5本。まぁ、高いとは思うがいいか。 味は、普通のバナナの味を少し濃くし、いい意味でフルーツの酸味と香りをほのかに増したような感じ。歩き方には、カスタードクリームのような味がするとか書いているけど、?。

    • チキンロティを頼む。350Rs。野性味あふれる野菜がたくさん入っていて、ゴワゴワする。

    • 21日の夜3時15分発!の飛行機でひとまず北京へ。そして、夕方の成田空港に到着。 今回も充実した旅行。ラダックにハズレはない。


    • 6:53、朝日を浴びたアンナプルナサウス。

    • ナムチェゴンパの前を通り、カンデの展望台まで。ゴンパは閉まっていた。オフシーズンだから?