HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

インドネシア・フローレス島エリア:東南アジア(インドネシア) 日付:2013/09/17 (4/10)

バジャワの市場


バジャワの市場。



市場の外側の野菜売り場。陽気な人が多く、歩いているだけで楽しい。豆腐・はんぺんなど、他ではあまり見かけないようなものも売っていた。


バジャワからソア村へ


バジャワから温泉のあるソア村へ。最初はミニバスで行こうと思ったが、人が集まらず、なかなか出発しないので、市場の脇で暇そうにしているバイタクを雇って行くことに。バイタク代60,000ルピア。



ソア村の温泉は、公園のようになっていて、温泉に入るのに外国人は14,000ルピア、現地人は4,000ルピア。それに、バイクの駐車料金2,000ルピアも必要。すべて私が、、、



温泉の脇で服を脱ぎ、水着で入力。お湯はそれほど熱いという感じでもないので、長く入っていても大丈夫。この円形の風呂場に温泉が湧き出ていて、それが下流にも流れていっている。



その流れ出た川のようなところでも楽しんでいる人はいる。



さらに、その先には小さな滝も。



ソア村からバジャワに戻って、宿近くの食堂で昼食を取り、ベナ村へ。


バジャワからベナ村へ


市場の脇でバイタクと交渉し、ベナ村へ。80,000ルピア。単独峰の山に向かって走り続ける。開放感のある道で気持ちが良かった。


ベナ村到着


村の入口で記帳。あと、ドネーション10,000ルピア。



普通に人が住んでいる村。



家の軒先には、織物がぶら下げられ、よくある観光地。





村の一番奥からの風景。広場を中心にして、その両脇に家が立ち並ぶ。我々が行ったときは、ちょうど広場の左半分を使って、葬式をやっていたので、右側の家を覗きながら歩くことしかできなかった。



村の奥は崖になっていて、みんなの記念撮影場所になっていた。



バイタク。陽気な奴だった。


ベナ村のコーヒー


村の中の一軒で、おばあちゃんが木臼でコーヒーを潰していた。



なので、ちょっとやらしてもらう。木臼で炒ったコーヒー豆をつぶし、その後、ふるいをかける。




バジャワに戻る


バジャワに戻り、再び市場へ。みんな陽気。市場を歩いていると、すぐに声をかけられる。そんなところ。



豆腐は現地でも「トウフ」。はんぺんみたいなものは「テンペ」と言われていた。戦時中に、日本が伝えたんだろうな。



おやつを売っている店。タダでくれるとか言っていたけど、ちゃんとお金を払ったよ。



野菜売り場。



これはタバコだったかな。



ビンタン。



コーヒー1カップ7000ルピア。ワンカップ分もらおうとしたら、お釣りがないとかで、10,000ルピア分もらうことに。これは、日本に帰ってから、炒って飲んでみた。少々酸味が強い味だった。



良さそうなレストランを探しまわったけど、結局、昨日と同じレストランで食事。



HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 家を出たとき少々荷物が軽くて心配.29日発ということで,案の定空港は随分と混んでいた.余裕を持って始発のスカイライナーに乗ったので8時半前には搭乗口に着くことが出来た.予定の9時45分から少し遅れて離陸.

    • 明日の漁に備え、漁師たちが網の準備をしている。


    • 旧市街の観光の中心。6本のミナーレが遠くからもよく見える。これを見たときに、やっとトルコにきたなぁという気持ちになった。 やっぱり、写真で見るのと、本物を見るのは違う。

    • トゥクチェは交易が行われた場所というせいか道は立派だし、家々も石造りのしっかりしたものが多かった。

    • だいぶ下ってきた。ムクティナートへの看板もある。

    • しばらくは樹林帯の中を歩く。


    • ここで、楽しくベジカレーの夕食。ポダンの宿のこととか、シッキムが人が多すぎて仕事を得にくいだとか、インドはデンジャラスだとか、ブータンチャンネルは楽しいだとか、雨期のこととか、遅くまでみんなでおしゃべり。 それでも、21時には就寝。