HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

インドネシア・フローレス島エリア:東南アジア(インドネシア) 日付:2013/09/22 (9/10)

サドル・ハウスでの朝


パンケーキと果物。同じ宿に泊まっていた北海道出身のおじさんとおしゃべりをしながら朝食。果物が多く良かった。これで100,000ルピアだからコストパフォーマンスはなかなか。



15年前くらいにも泊まったんだけど、なんとなく面影は残っている。



宿の中にはこんな感じの祭壇?も。


ウブド王宮


昨日の夜、サダ・ブダヤを見た王宮に行ってみる。質素な王宮。


ウブドからサヌールへ


ウブドでの観光は時間があまりなかったせいもあり、王宮を見たくらいで、そのあとはプラマ社のバスステーションまで荷物を担いてで行く。中心部からちょっと距離はあるが、まぁ、散歩代わりでちょうどいい。

12時発のチケット(40,000ルピア)を手に入れ、サヌールへ。途中下車しないとならないので、バスを降りるタイミングだけは気をつけていた。サヌールのプラマ社のバスステーションに着いたのは13時45分。ウブドから1時間45分ほど。

バスを降りてからは、中心部に向けて歩き出していたけど、かなり距離があった上、暑かったため、途中で挫折。バイタクを雇って150,000ルピア。


RADHA HOME STAY


サヌールのハーディーズ近くにあった宿。今回のインドネシア旅行で一番きれいで新しかった宿。エアコン付き!価格も200,000ルピアでそれほど高くなかったし。でも、夜には宿を出ることになったので、単なる荷物置き場だったけど。



サヌールでの目的は買い物くらいだったので、レストランに入っては昼間からビールを飲んでいたりしていた。



時間はたっぷりあったので、昼間からレストランでビールを飲んでおしゃべり。


置物


宿の近くのハーディーズで購入した置物。店員に聞いても、このデザインの意味するところは分からなかった。


漁師


インドネシア最後の夕食は漁師という名前の日本料理屋へ。



夕食を食べ終わり、店を出ると、店の目の前の公民館みたいなところで、楽器の練習をしていた。


クタの空港はやばい


夜中の3時40分の飛行機に間に合うように宿を出て、空港に行ったが、2時間ほどの遅延で結局、離陸できたの朝の6時。それまでゴキブリやネズミが駆けずり回る気持ち悪い空港で時間を潰す。気持ち悪くてその辺に座れないのが辛かった。



HOME | 概要 グラライ国際空港 モニ村 バジャワ バジャワ ルーテン ラブハンバジョー ラブハンバジョー ウブド サヌール グラライ国際空港

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 峠を越え、Álftavatn方面へ下っていく。

    • 人が近寄ると逃げていく水鳥がいるが、全く動じない水鳥もいる。

    • 久々の和食(そば付き)の機内食を食べ、映画を見ているうちに成田に到着。 着陸する時、耳抜きがうまくいかず、耳の中がかなり痛かった。

    • ターミナルにあった売店で、パンとお菓子、水を買い込んでバスに乗り込む。 曇り空の下、お茶畑、バナナ畑の中を通って、10時にモンハイ、10時半にモンフンを通過し、11時半に打洛(ダーロウ)に到着。

    • 真下から見上げたマルディン旧市街。

    • メイン展望台より、ヴァイアダクト・ハーバー、ハーバー・ブリッジ方面の展望。

    • とりあえず、正面に祭壇みたいなものが見えたので、そこまで行ってみる。道は2mほどしかなく、そこから左右に分かれる道は1mも道幅がない。

    • 1595年に建てられたフィリピン最古級の教会。 博物館も併設されている。50ペソ。

    • 遠くから見ると、こんな感じ。 この辺一帯は、客引きも多い。北インドの香りがする。適当にあしらうのみ。