HOME | 概要 デリー デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田 成田

下ラダックトレッキングエリア:南アジア(インド) 日付:2006/12/23 (1/12)

チャイナエアラインでひとまず台湾へ

チャイナエアラインで台北へ。ビジネスクラスということもあってか、機内食はとても美味しい。席はぜんぜん埋まっておらず、直前まで席を取れなかったことが何故なのか疑問に思ってしまう。隣の席に人がいなかったこともあり、窓側に座って外を眺めたり、日差しを避けるために通路側に座ったり。


13:00ちょっと前に台北に到着。南の国ということもあり、暖かい。上着を脱いでターミナル1のA8の待合室に向かうも、デリー行きが16:35発ということで時間はたっぷりとあった。しかし、待合室を出ても、店の数は少なくあまり時間を潰せるような場所はない。カフェ1、本屋1、故宮博物館の出先1という感じ。


台北からデリーへ


飛行機に乗り込んでデリーへ出発。 こちらの飛行機でも席はそれほど混んでいなかった。



デリーへの途中、窓の外を見てみると、太陽の沈む間際の美しい光景が。



デリー到着直前にサンドイッチを頼んで、頂く。


デリー到着


デリー到着は1時間の遅れ。でも、ビジネスクラスだったもんだから、先に機外へ出ることが出来、イミグレには誰も並んでいない状態。いつもだったらここでの順番待ちで随分と時間がかかるものなんだけれど、今回はすっと空港から出られた。空港からはいつもどおりリムジンバス。22:05発。

空港からの道は随分と良くなっている。薄暗くてよく外を見ることは出来なかったが、立派な高架が建設中。空港からのハイウェイになるのかな。楽しみだ。

デリー駅に到着。いままでだったら、駅を挟んでメインバザールの反対側に空港からのバスが到着していたのに、今回はメインバザール側に到着。近くなって便利なんだけれど、なんでなんだろう?メトロが出来たから?



23時すぎのメーンバザール。意外にも明かりの点いているところがあって、この時間帯に到着しても問題なし。

宿はいつものとおり、ブライトゲストハウス。以前に泊まったときから値上がりしていて120ルピーになっていた(以前は70ルピー、これからどんどん物価が上がっていくのか)。3階は寒いからということで2階の部屋に通された。部屋の中は暖かい。でも寝袋は必要(夜中に寒くなって寝ぼけながら寝袋を引っ張り出す)。



HOME | 概要 デリー デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 僧院の中では僧数人が読経中だった。


    • この山の山腹にルートが見え、登れるようだが登る気にならずパス。天気が良ければ登っていたかもしれない。

    • 15時くらいにはタグビラランに戻る。朝8時から、7時間くらいのツアー。良く分からない場所もあったが、かなり楽しい一日であった。時間がない人は、ターシャ、チョコレートヒル、クルーズの3つに参加出来れば、十分に満足できると思う。 今回のツアーは1000ペソ。宿の人や途中であったバイタクからも安いと言われたくらいの金額。車だと多分3000ペソくらいかかる。 マリオからも紹介してくれと言われているので、一応連絡先を。 「CELEDONIO ”MARIO” TAGHAP」tel:09298556357 彼を捕まえられたら、楽しいボホール島観光が出来ると思う。

    • 村の中に4箇所くらい小さなゴンパがあるが、どれもぼろぼろで、手入れがされていない。 勿体無い。

    • 私が泊まっていたフロアのエレベータホール。

    • 宿に置いておいた荷物を取り、そのまま、オトガルに歩いて行く。ウードゥル行きのバスを探していると、(おそらく)白タクの兄ちゃんに声をかけられ、こちらのほうが早いかと思い、連れていってもらうことにした。30TL。 ただ、いろいろあり、カルスの街からなかなか出られず。それに、カルスの街をよく知らないのか、道を聞きながらの出発。 カルスからウードゥルの道のりは、前が見えないほどのひどい土砂降り。しかし、ウードゥルに近づくと空は晴れ、アララト山がよく見えた。

    • 前半は昨日と同じようなもの。