HOME | 概要 デリー デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田 成田

下ラダックトレッキングエリア:南アジア(インド) 日付:2006/12/29 (7/12)

へミスシュクパチャンの朝


顔を洗う。


ティンモスガンへ


9時50分ごろ出発。でも、まだ薄暗い。地面はガチガチに凍っている。ストックを持ってきていて正解だった。


一つ目の峠


緩やかな上り坂を歩いているとすぐに一つ目の峠に到着。ここまでは道に大した高低差はないので楽。



この峠を過ぎると、ぐぅぐぅうう・・・と地面がえぐれており、急坂を下ることになる。



下っていると、だんだん曇り空から青空が見えてきた。それにあわせて、遠くに山々も見えた。


2つ目の峠を目指す


2つ目のメプテック峠を目指す。左からグルッ~と大回りするのが正解のルートなんだけれど、そんな遠回りしていられるか!ということで、右側のうっすらと付いた跡をたどることに(恐らくこの跡は誰かが”下ったとき”に付いたもの)。

右のルートは細かい玉石のガレバであり、登りにくい。それにかなりの急坂。へろへろになって坂の途中で休んでいると、フランス人女性トレッカー2人+ガイド1人の姿発見!何を血迷ったか、フレンチのうち1人とガイドが私の登ってきた後を辿ってくるではないか。追いつかれては、男が廃るという事で、短い休憩を切り上げて、登り始める。



峠には転げるようにたどり着いた。



「あ~~しんどすぎる。」ぐったりした4人で一休み。



私はもうちょっと長く、この風景を眺めていたかったので、フランス人トレッカーは先に歩いていった。うち一人は雪の上を転がっている。楽しんでいるねぇ~~。





峠にはタルチョ。



この道をずーと下る。迷うことはない。


アンに到着


アンの入り口にはこんな看板が。



アンの村。小さな村。レーからのバスはティンモスガンを通り、ここまで入ってくる。


ティンモスガンに到着


13時過ぎにティンモスガンに到着。へミス・シュクパチャンから4時間くらい。この村には2軒のゲストハウス。


ボンバパゲストハウス


村人に聞いてみると、ボンバパゲストハウスに泊まれてということなので、そこに泊まる。6人ぐらいで住んでいる家ということなのだけれど、かなり大きな家。この村で一番大きな家のような気がする。部屋も綺麗。

ついてすぐに主からビスケットとミルクティーを頂いた。





宿のベランダからは正面に大きな山が見える。標高5000mはないかな。主に聞いたんだけれど、分からないとのこと。


ナムギャル・ポタンヘ


主と孫が窓から顔を出して、見送ってくれる。



休耕期ということなのか、みんな暇そうだ。



丘を登っていく。遠くまで見渡せて気持ちがいい。この丘には砦や城壁の跡が残っていて印象的。また、円形集会場なんていうものもあって違和感すら覚える(新しいものだけれど)。



ナムギャル・ポタンからティア方面を眺めたところ。



チャンレジ・ラカン。今日はこちらしか鍵番の僧はいないようだ。



お坊さんが水を汲みに出てきたところを見計らって、中を見せてくれるように頼む。英語は通じない。チベット語だけ。


宿へ戻る


日が落ちてきたところで、宿へ戻る。暖かい台所へ入れてもらって、ビスケットとミルクティー。



夕食はトゥクパ。うますぎ。お代わりをしたが、他の人の分もあったのでちょっとだけ。



HOME | 概要 デリー デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田 成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • この少年と彼のお姉さん(10歳くらい)が見学料の徴収係。

    • バスで降ろされた地点からはシーギリヤ・ロックが目の前に。

    • 10:45カシュガル到着。小さな空港なので、荷物はすぐに出てきた。早速、外に出てみるが、曇りなのか砂埃なのかよく分からないが、外は霞がかかったよう。

    • 14時に飛ばないことが決定し、撤退開始。チケットを戻してもらって、荷物を引き取り、支払った空港使用料を払い戻してもらって、タクシーでタメルに戻る。

    • 11:30頃、アメラグの手前の村まで戻ってきた。時間があれば村の中を散策したかった。


    • 紅茶製造の過程を知れて、面白かった。最後にオレンジピコーを購入。400gで500Rs。


    • 飛行機の乗客はこんなに少ない。自由席状態。離陸からほととんどの時間は順光になる右窓側に、ウルル上空では左窓側に移る。ただし、着陸態勢に入り、シートベルト着用サインが出ると席の移動をとがめられる。