HOME | 概要 湯元 日光

奥日光・日光東照宮エリア:日本(栃木県) 日付:2011/02/26 (1/2)















































HOME | 概要 湯元 日光

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • そんなことをやりつつ、宿に戻ると、私を探していた宿のスタッフが「すぐに荷物を纏めて空港に行け!」という。いきなりそんなこと言われるとは思っていなかったので、荷物をまとめ、焦って空港に行く。 でも、行ってみると、誰も居ない。。。搭乗手続きも始まっていない。。。なんだ、焦ってくることはなかったと、思いながら、相変わらずやることもないので、空港内をプラプラ。そうしているうちに、カトマンズ空港で会ったギリギリの日程で来ている韓国人と再開。予定よりの1日早くルクラに下りてきたらしいが、昨日はイエティとアグニしか飛ばなかったらしく、結局今日のカトマンズ行き。 また、タンボチェからディンボチェに向かう途中にあった日本人にもここで再開。私が、ディンボチェに2泊したため、カラパタールで会うことができず、心配してくれていたそうだ。彼はホテルエベレストビューにも泊まったため、さっぱり綺麗になっていた。1泊250ドルもするのに客室はいっぱいだったそうだ。

    • ペオエ湖を離れると前方にクエルノス・デル・パイネとスコッツバーグ湖が見えてくる。写真のクエルノス・デル・パイネの左側を隠している山裾がパイネグランデの山裾だが、イタリアーノキャンプ場はこの山裾が落ち込んだ辺りの向こう側にある(この山裾の奥にある左方面に沿った谷がフランセス谷)。ここまで来るのに大した起伏もなく、イタリアーノキャンプ場までは、ここからほぼ下りと平坦な道だ。


    • バナウェイには14:30到着。バガバッグからは1時間45分ほど。雨が降ったあとなのか、地面は湿っていた。棚田で有名な地域なので、雨もそこそこ多いのだろう。

    • 風がおさまれば、気持ちのいいクルージングだ。

    • 聖イグナチオ教会ステンドグラス。

    • いやいや寒いとは思ってはいたけど、猛烈な寒さだった。上から目出帽にダウンジャケット、雨具のズボンをはいていたけど、風を遮るものがないからねぇ。まさに吹きさらし状態。他に誰もいないし。ここからは上にある写真のマチュピチュレとダウラギリを望むことができる。

    • カテドラルの内部。

    • 14時、チリンへ続く舗装された道路にぶつかる。