HOME |

プロフィール

  • kaqnovzki

休みが多いだけが取り柄の弱小電機メーカーの中の人をしながら、長期休暇の度にバックパックを背負って海外に出かけるおっさんです。行く先は中国/チベット/インド文化圏/中東が主,高地砂漠と寺院とモスクをこよなく愛します。ここ最近は、数年前の新婚旅行で回った中欧が意外と興味深くヨーロッパの辺境部にも興味が出てきた模様。

自他共に認めるダメ人間であり、人並み外れて体力が無い。これらの要因により毎回しょーもない窮地に陥る。まぁ「こんなダメな人でも、こんなところに行けるのか」「ナルホドこう言うことをするとトホホな目に合うのか」と言った気持ちで旅行記を見ていただけると幸いです。

旅のスタイルはバックパッカー,トレッキングもしますが、基本は寺院や遺跡,市街地をぶらぶらしつつ現地の人々の風俗習慣を観察するのが主。移動手段はツーリスト向けの物より、現地人向けの鉄道やバスを好みます。宿泊場所も必要最低限の安宿!と行きたいところですが、いよいよおっさんだし奥さんも一緒の場合が多いので泊まる場所はあまりハードコアにならないように気をつけてます。

旅行以外の趣味は殆ど無くまさに引き篭もりに近いような…。強いて言えば海外携帯オタクで、旅行/出張用にと手をだした海外携帯端末をカスタマイズしていじくり回すのが日課。


コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 寺から民族舞踊(?)のステージの間にある像。なんで、こんなデザインなんだぁ。

    • 通りを歩いていると、コンピアン売りが密集しているエリアを発見。こちらでコンピアンを購入。できたて&腹が減っていた、ということもあり美味しかった。

    • おなか一杯食べ20時半を回ったのでお別れする。街中をふらついていると、これから演唱会(6元)が行われるという。チベタン、回教族、坊さんまでいろいろ来ていた。薄暗い会場であり、タバコの煙が充満していた。会が始まるまで、退屈させないためなのか、舞台中央にポツリとテレビが置かれ、映画が流されていた。

    • スーク・ワキーフの西のはずれにあるBirds Center。鷹狩用の鷹を売る店が軒を連ねている。

    • バタッドの看板が見えてきた。

    • ゴンパの中を見せてもらおうと行ってみたが坊さんは居らず、居たのは僧坊の上の犬2匹(本当は3匹いるらしい)。敷地に足を踏み入れたとたん、今にも飛び掛ってきそうなほど、吼えまくっていて、腰が抜けそうになった。。。坊さんがいないならしょうがないという事で街中まで戻り子供たちの相手をしていると、坊さんが歩いてたので彼に頼んで見せてもらう。現在みんなインドのデラドゥンまで修行に出ていて10人しかここにいないとのこと。526年前に建立されたゴンパで、中では700年前に書かれたといわれているお経を見せてもらった。重さも15kgほどあるらしく、これがここに102冊あるとのこと。苦労してチベットから持ってきたんだろうな。

    • 上の写真のさらに左の景色。見事な大展望。 左下の平地に小さくクインティン・ロッジが見える。

    • 私がホームステイで泊まった隣の家も大きく、入り口の上には3連チョルテンがあった。

    • レストハウスから1時間弱の16:40頃、エアーズロック・リゾートに戻ってきた。スーパーの近くでバスを降り、スーパーで買い出しした後、キャンプグラウンドへ戻りながら、エアーズロック・リゾート中心部の展望台へ。