HOME |

掲示板

疑問、質問なんでもどうぞ

タイトル:
お名前:
U R L:

メッセージ:

「087」(半角3文字)を入力してください。

上記の内容で宜しければ、下のボタンを押下してください。


12345678910111213141516171819202122
    12345678910111213141516171819202122

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 明日の漁に備え、漁師たちが網の準備をしている。

    • バスターミナルで明日の香格里拉行きのチケット(43元)を買って、その近くの食堂で夕食を取る。 それにしても、ここのバスターミナルの兄ちゃんは陽気でいい奴。嫌な顔をせず中国語の出来ない白人の相手もしている。食後に、町をぶらついていたら、飛来寺に行ったときに乗せてもらったタクシーのお姉ちゃんがこちらに気が付いて手を振ってくれた。

    • ニラヴェリへは900番のバスを使う(料金は40ルピー)。行き先はPulmude(バスの表示板ではPULMUDAI)。このバス乗り場の一つ向こうがアヌラーダプラ行き835番バス乗り場になっていた。

    • 道は間違えたが、絶景地点に。

    • 海の色といい、海上に浮かぶ円錐状の小島といい、素晴らしいの一言。


    • 途中の集落で会ったおじさん。手にしているのはカカオの実。勝手に付いてきて勝手にガイドをしてきた。途中の店でタバコを買ってくれと図々しく言ってきたが拒否。それでも付いてきたが悪い奴ではなかったので、同行を許した。ただ、しまいにはランテパオまで一緒に行くと言ってきたので、さすがにそれは丁重にお断りした。

    • 灯台を後にし、頂上まで行くことにする。天気も曇っていたのが、日が射す時間が増えてきた。先程の分岐で階段を上がり、しばらくはやや急な山道を登ることになる。山登りが好きな私にとっては、これまでの車も通れる道を歩くのは登山とは呼べず、登山といったらこういう道を歩くのが当然。やっと歩きごたえのある一般的な登山道になってきたなと思う。

    • 早朝、8:00前のタメル地区。まだ開いている店は少ない。