HOME |

おみやげ一覧

ステッカー

「カルマパ、ルムテクに戻ってきて」のステッカー。あちこちの宿などに張られているステッカーが欲しくて、探し回った。ルムテクゴンパの前の売店で聞いたらもらえた。タダ。

インスタントスープ

世界三大料理の一角をなすトルコ料理。その真髄とも言えるスープをインスタントで!。物によるが0.6TRY~2.0TRY。スーパーマーケットを見つける度に買っていたような気がする。クノールのシェアが高いようだ。

地図

ヒマーチャル・プラディシュ州の地図。シムラの本屋で50ルピー。無いに越したことはないけど、正確じゃないな、この地図。

ポストカード

1950年のポタラ宮が写ったポストカード。ダージリンのチベット難民センターにて10Rs。

デルゲ・パルカンの印刷されたばかりの経典の1ページ

ジィーと経典を摺っているのを見ていたら、摺り上がった一枚をスッと引き抜いて、「持って行け」と渡してくれて一枚。よく見てみると、手刷りのため文字自体は、滲んだりしていてあまり綺麗ではない。実際に、これで読んだりすることはないのかな。

道路標識をかたどったペンさし

陶器の道路標識型ペンさし。80バーツ。

道路標識のレプリカ

パーイの夜市で購入。19バーツ。

ドルジェ(金剛杵)

チベット暦のカレンダー(?)

ボダナートの土産物屋で200ルピーだったかな。

ラダック語-英語の辞書

チベット語とラダック語がどれくらい違うのか確かめるために買った辞書。レーの本屋で195ルピー。

マカオのカップ

モンテの砦にあるマカオ博物館のお土産物屋で購入したカップ。12香港ドル。デザインもそこそこ良かったし、値段があまりに安かったのでついつい買ってしまった。

アンモナイト

ジョムソンの北側にある広大な河原で探したアンモナイトなど。おかげで帰ってくるときの荷物は結構重かった。

テーブルの上にひくマット

テーブルの上にひくマット。チベタン模様。チベットゲストハウスの主にもらった。トレッキング道中のお茶屋にもこれと同じものが売っている。デザインや配色が素晴らしい。

人形

スイカを持ったおじさんと楽器を持ったおじさん。サマルカンドの土産物屋で一体5000スム。ブハラのナディール・ディヴァンベギ・メドレセ内の売店にあった人形が一体5ドルくらいと少々高かったが、一番精巧で、買っておけば良かったと少し後悔。

ヤクの毛で作られたマフラー

ムクティナートでは道端でおばちゃんたちが昔ながらの機織機でマフラーなどを編んでいる。寒かったこともあり、ムクティナートやジョムソンではマフラーを首に巻いて散歩していた。ヤクの毛ってこんなに柔らかいのかと少し驚いた。250Rs。

タボゴンパ絵葉書

タボゴンパ内の写真の絵葉書。ゴンパの中の写真は撮れないので絵葉書を購入。120ルピー。1000年以上も経つと仏像もゴンパの中身もこんなに重厚な雰囲気を漂わすのか。今までいろいろなゴンパを見てきたけどここほど魂が震え生命が感じられたところはなかった。素晴らしいものであった。

立方体の石

トレッキング途中にこんな石が密集している場所があったので、そこで集めた石たち。

キナウル帽子

リコンピオ周辺の町ではおじいちゃん、おばあちゃんがこの帽子をかぶっている。おしゃれなのかこの帽子の上に花をつけている人もいる。リコンピオの仕立て屋のようなところで200ルピー。高いと思ったが、しっかりとしたつくりで納得。

石の置物

マハーバリプラムの遺跡であるファイブ・ラタに行く途中、道路脇に石の工房が並んでおり、そこで購入した置物たち。あわせて1400ルピー。どれも作りが細かく、お買い得感が大きい。特にリンガがお気に入り。リンガの置物は、あまり見たことない。

Kundun

クンドゥンは、もう絶版になっていて手に入らないと思っていたので、 デリーのマジュヌカティラー(150ルピー)で購入。 家に帰ってから、Amazonを覗いてみると、2009年7月3日に販売開始だって。。。 こっちの方が、日本語で見られる(だよね?)のでいいなぁ。

民居建築

四合院、土楼、パオなどを豊富な写真と絵を使って解説している本。こういう本って緻密な絵を見ているだけで面白い。(38元)

西蔵山南

同様に、こちらも純粋な写真集。ロカ地区のもの。どれもすばらしい景色のものばかり。(58元)

デルゲ・パルカンでの印刷に使われているインク

ちょうど、ケースを持ち歩いていたので、頂いてきた。

マカオ名物・乾燥肉

完全な乾燥肉ではなくて、半分生の肉。豚、牛や、それぞれに香辛料を加えたものなど、いろいろな種類のものが、マカオの店先に並べられて売られている。量り売り。2枚で91香港ドル。味見もさせてもらえたので、美味しかったものを購入。

LANGTANG地図

トレッキングの時に使用した地図。380ルピー。需要と供給の関係だろうか、ドルポ地図に比べて半額以下。さまざまな地図が本屋に売られているので自分の好きなものを買えばいいと思う。

チャッパル(サンダル)

インドと言えばサンダル。デリーのメインバザールには革のサンダル屋が軒を連ねる。生き馬の目を抜くメインバザールでサンダルを適正価格で買うには相当の根性と時間が必要となる。根性はあったも時間が無かった私は400Rsも払ってしまった。まぁ奥さんが喜んでくれたからいいか。

西蔵阿里

純粋な写真集。アリ地区のもの。どれもすばらしい景色のものばかり。(58元)

入れ物

筆箱にしては少々デカイが、そのうち何かに使うと思う。ダージリンのチベット難民センターにて100Rs。

入れ物

ポカラにあるタシリンチベット難民キャンプで買った木製の入れ物。複製。右のドルジェ(金剛杵)と合わせて500ルピー。

胡椒

グランドバザールの外側にあった香辛料の店で購入。「日本人は好きだから」ということで、100g10TLのところを8TLに(本当かどうかは不明)。

UPPER DOLPO地図

カトマンドゥで買ったドルポの地図。800ルピー。随分と高い地図であったが日本ではなかなか手に入らない地図なので買ってしまった。これを見ていると憧れのドルポを旅行したような気分になる。いつか行くぞ~~!

ビアハノイ

宿で飲もうとベトナム・ライチャウで買ったビール。結局、飲まずに日本まで持ってきてしまった。9000ドン。

H.P.地図

シムラで買った地図。60ルピー。やはりガイドブックに載っている地図では物足りない。上の地図もこの地図を参考に作成した。

万里の長城の置物

万里の長城にあった土産物屋で15元。結構、可愛く出来ていていい。

音楽CD

ボダナートなどでかかっている音楽のCD。延々と「Om Mani Padme Hum」と流れているだけのCDだけど、なんとなく心が落ち着く。ボダナート脇のCD屋で200Rs。

インスタント食品各種

経済発展によりこういうインスタント食品も増えてきましたね。ベジタリアンカレーが40~60Rs。チキンやマトンのカレーは60~100Rs。背後の白いモチみたいなのはイドリと言う南インドのパンのような物(の素となる粉)で18Rs。デリーメトロ Redline Indrarok駅のBIGBAZZAR(スーパーマーケット)で購入。

デリーの地図

前回デリーに来たときも買ったのだが、再び同じものを買ってしまった…。今ノートプレースの路上本屋にて25ルピー。

西蔵朝仏之旅

元新華社の記者であった中国人のチベット旅行記。写真も多くて、面白いのだけれど、ゴンパの紹介などでは、もちろん文革の被害の写真は一切なく、これも共産党の宣伝の一部なんだなぁなんて強く思ったので、記念に購入。(40元)

レモンソルト

コーチンのスパイス屋で購入。100ルピー。レモンアジアのソルト。物珍しくつい買ってしまった。

トロンパスの石

トロンパスの石。タダ。

ロバの模型

可愛いから買ってしまった。

ダイアモックス

カトマンズの薬局で、10錠/90ルピーを計120錠購入。日本で買うのと比べて格安。

版木

なかなかデザインがいいなということで購入。上のプトンドンとセットで700Rs。

TIBETAN BUDDHIST SYMBOLS

チベタンのさまざまなマーク、道具、動物、人などが一覧で紹介されている本。眺めているだけで面白い。見た瞬間に購入を決めた本。1480Rs。

カラパタールの石ころ

カラパタールの丘の頂上付近にあった石ころ。ケースに入れて持って帰ってきた。

香格里拉の音楽CD

香格里拉の空港で買ったCD。「一番人気のある歌が入っているものはどれ?」と聞いたら、これを進められた。30元。

板門店ツアーの写真集?

板門店ツアーの参加時に同行していたカメラマンが撮った写真などを載せたパンフレット。25000ウォン。板門店からの帰り道、バスの中で販売される。ちょっと高いかもしれないが、悪い買い物ではないと思う。

ナザールボンジュグッズ

トルコの至る所で見かける青い目玉模様のグッズ。イスラム以前の土着信仰に由来する邪視避けのお守り。マグネットを買って会社の出退勤ボードに使ってます。

香巴拉之魂

以前、私が行ったことある雲南省・四川省のガイドブック(?)。地図あり、写真ありで、こちらも眺めているだけで、楽しい。(40元)

隕石(?)

ドウバヤズットにあるメテオホールで、拾ってきた隕石。もちろん、タダ。

ブランケット

何に使うのかと聞かれると困るが、デザインを気に入ったブランケット。ダージリンのチベット難民センターにて450Rs。

魯迅詩摭

魯迅博物館内にある内山書店で購入した魯迅詩摭。25元。

KUNGRI GOMPAのツァンパ

坊さんたちの朝食となっていると思われるツァンパ。記念に少しもらう。

阿Q正伝(漢和対照版)

同じく魯迅博物館内にある内山書店で購入した阿Q正伝。20元。帰りの飛行機で暇だったから、これを読んでいた。

NEPA MAPSの地図

カトマンドゥの本屋で購入した地図。店によっても微妙に値段の差はあるが大体380~400ルピー。今回のトレッキングのコースが掲載されている地図の中では詳しいほうの一つだと思う。いつもこれを見ながら歩いていたからぼろぼろ。今は破れたところをテープで補修して仕舞ってある。

ジャナマニで買った数珠

10元。

各エリアの地図

タメルの地図屋で各300ルピー。まぁ、そのうち行くかもしれないから…。 ドルポ、カンチェンジュンガ、エベレストベースキャンプ、ムスタン、ダウラギリサーキット

サパで購入した入れもの

サパにいる物売りばあさんから買った入れ物。2つで90000ドン。450円くらいか。サパを歩いてくると、次から次に物売りが寄ってくるが、手作りのため人によって品質がバラバラ。いろいろ見させてもらった中で、私が購入したおばあさんのものが一番しっかりしていた。 ただ、紺色の方は色落ちするので(藍染めだから?)、どう使おうか悩む。

THE WISDOM OF FORGIVENESS

デリーのチベットハウスの本屋で購入。ダライラマのペーパーバック。最新判。「これはまだ日本じゃ売っていないだろう。買って行ったら?」なんて言われたから購入。200ルピー。これを読むのはしんどそうだ。

ウッタラカンド ロードアトラス

ウッタラカンド州は観光資源に恵まれ治安も安定しているのだが何故か情報が非常に少ない。現状一番詳しいと思われるロンプラのインディアンヒマラヤの地図を見てても「はてこの街は割とでかいがどこなんじゃ?」と言う場面に出くわすことがある。という訳で現地版の地図ですよ。ロンプラにも載ってない観光地をフューチャーしてたりするので結構興味深いです。ガングナーニの雑貨屋で購入。50Rs。

デリーツーリストマップ

デリーの地下鉄がどの辺を走っているのか知りたかったから今ノートプレースの露天本屋で購入。(25ルピー)

コンスキ峠の石

コンスキ峠の石。タダ。

木彫り

ビビハニム・モスクの中で、2枚購入。2枚で40ドル。モスクの壁画を木の上にデザインしている。かなり精巧な出来栄え。これはいい買い物だった。

プトンドン

タンカを書くときのペインティングボックス。 マルファのみやげ物屋で購入。店員のお姉ちゃんは古いものだといっているけど、絶対に古くない!だってちゃんとネジきりで切ってある所があるんだもん。

ランシサカルカ近くの砂

ランシサカルカ近くの川で採取した白砂。毎度の記念品です。

韓国のり

ゲストハウスの近くのスーパーで買った韓国のり6パック。2480ウォン。

ラルンガルゴンパの歴史についてのビデオCD

デルゲ・パルカンの前でラルンガルゴンパの坊さんが売っていたビデオCD。5元。一応、中身を見てみたが、ラルンガルゴンパの歴史についてのムービーのよう。中国語。

buddisit peace recipes

デリーのチベットハウスの本屋で購入。仏教徒の食事を紹介しているらしいが、日本の酒やわさびも載っている。それにしてもここに載っている料理の写真は綺麗過ぎないか。。。 295ルピー。

風鈴

バンコクのスワヤンブナート空港で出国直前に購入。340バーツ。

ブル

ラダックでみたゴンパの祭りでは、このようなデザインの仮面をかぶった坊さんたちが踊っていた。それを見たときからぜひ欲しいと思っていたところ、ジョムソンのみやげ物屋で見つけたので購入。600Rs。

ブハラワインとウォッカ

旅行途中で購入することができなかったので、帰りのタシケント空港で購入。ブハラワインとウォッカの2本で51ドルとかなり高め。本当は、ペットボトルビールを買ってきたかったけど、タシケント最終日が月曜日で、ほとんどの店が休みだったので、購入できず。

お米の神様

バンガアンの村入り口にある土産物屋でかったお米の神様。200ペソ。ご主人が彫ったとのこと。なかなかの出来。バナウェイ周辺のおみやげやで見るものだが、私が買ったもののほうが作りが細かく正解。多分、値段も安かったと思われる。

スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)の模型

イスタンブールにある有名なモスクの模型。下のロバとあわせて38TL。

トゥクトゥクの模型

バンコクのスワヤンブナート空港で購入。230バーツ。大小二つのサイズがあったが、小さい方を購入。

置物いろいろ

コモドドラゴンの置物は、ラブハンバジョーのスーパーで購入(125,000ルピア)。会社用に少し小ぶりの100,000ルピアのものも買って帰った。コーヒー豆はバジャワの市場で7,000ルピア/カップ。あとは、バリ島のサヌールで購入した8個の置物たち。サヌールでは置物に5000円くらいつぎ込んだような気がする。 この他には、会社用に石鹸やら、コーヒーなんかも。

首長族のレリーフ

首長族の村で購入。価格は忘れた。

ビーフジャーキー

ウルムチ空港で買った豚とラクダのビーフジャーキー。各30元。空港価格なので高い。家に帰ってから、食べてみると、豚のほうは、薄い乾燥肉ではなく、湿っぽいコンビーフな感じ。正直、味は、、、

カッパドキアの置物

ギョレメ屋外博物館にある土産物屋で購入。9TL。

セマー(旋舞)のキーホルダー

ギョレメ屋外博物館にある土産物屋で購入したセマーのキーホルダー。7TL。

毛糸の帽子

ダージリンのホテルKUNJOで熟睡していた明け方、部屋の鍵をしていなかったため、売り込みに必死なチベタン女性に侵入を許し、買わされたダージリンの帽子。寝ぼけたまま40Rsを支払ったような記憶がある。

コメント

お名前:  コメント:

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • そして、最後の下り。私の前を下っていた男性は鎖にしがみつきながら牛歩で下りていた。高所恐怖症の人はこの最後の下りはかなり怖いと思う。

    • キックボクシングなんかも。大人よりは少年のほうが、クリンチが少なくて、楽しい。

    • 帰りは、スライダーに乗って降りる。

    • 宿は、橋を渡ったところにあるリントンゲストハウス。バンガロータイプの宿。部屋には、トイレもシャワーも付いていなかったが、問題なし。30000kip。スタッフも陽気でいい。 早速、バケツにお湯をもらい、シャワーを浴びる。

    • 岬からの進行方向。あの壁のような岩山を越えていく。

    • 前半は昨日と同じようなもの。

    • ダウラギリのズーム。

    • まだ、エベレストなどは全く見ることができない。標高は低いため、緑が濃い。よく踏み固められた道なので、歩くのは全く問題ない。今日の目的地のパクディンまでは谷の右側を通る。