下ラダックトレッキング

エリア・国南アジア (インド)
宿泊地(宿)ティンモスガン (ボンバパゲストハウス)
日付2006/12/29(土) (7日目/12日間)
旅行者

HOME | 概要 デリー 成田 デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田

へミスシュクパチャンの朝

顔を洗う。

ティンモスガンへ

9時50分ごろ出発。でも、まだ薄暗い。地面はガチガチに凍っている。ストックを持ってきていて正解だった。

一つ目の峠

緩やかな上り坂を歩いているとすぐに一つ目の峠に到着。ここまでは道に大した高低差はないので楽。

この峠を過ぎると、ぐぅぐぅうう・・・と地面がえぐれており、急坂を下ることになる。

下っていると、だんだん曇り空から青空が見えてきた。それにあわせて、遠くに山々も見えた。

2つ目の峠を目指す

2つ目のメプテック峠を目指す。左からグルッ~と大回りするのが正解のルートなんだけれど、そんな遠回りしていられるか!ということで、右側のうっすらと付いた跡をたどることに(恐らくこの跡は誰かが”下ったとき”に付いたもの)。

右のルートは細かい玉石のガレバであり、登りにくい。それにかなりの急坂。へろへろになって坂の途中で休んでいると、フランス人女性トレッカー2人+ガイド1人の姿発見!何を血迷ったか、フレンチのうち1人とガイドが私の登ってきた後を辿ってくるではないか。追いつかれては、男が廃るという事で、短い休憩を切り上げて、登り始める。

峠には転げるようにたどり着いた。

「あ~~しんどすぎる。」ぐったりした4人で一休み。

私はもうちょっと長く、この風景を眺めていたかったので、フランス人トレッカーは先に歩いていった。うち一人は雪の上を転がっている。楽しんでいるねぇ~~。

峠にはタルチョ。

この道をずーと下る。迷うことはない。

アンに到着

アンの入り口にはこんな看板が。

アンの村。小さな村。レーからのバスはティンモスガンを通り、ここまで入ってくる。

ティンモスガンに到着

13時過ぎにティンモスガンに到着。へミス・シュクパチャンから4時間くらい。この村には2軒のゲストハウス。

ボンバパゲストハウス

村人に聞いてみると、ボンバパゲストハウスに泊まれてということなので、そこに泊まる。6人ぐらいで住んでいる家ということなのだけれど、かなり大きな家。この村で一番大きな家のような気がする。部屋も綺麗。

ついてすぐに主からビスケットとミルクティーを頂いた。

宿のベランダからは正面に大きな山が見える。標高5000mはないかな。主に聞いたんだけれど、分からないとのこと。

ナムギャル・ポタンヘ

主と孫が窓から顔を出して、見送ってくれる。

休耕期ということなのか、みんな暇そうだ。

丘を登っていく。遠くまで見渡せて気持ちがいい。この丘には砦や城壁の跡が残っていて印象的。また、円形集会場なんていうものもあって違和感すら覚える(新しいものだけれど)。

ナムギャル・ポタンからティア方面を眺めたところ。

チャンレジ・ラカン。今日はこちらしか鍵番の僧はいないようだ。

お坊さんが水を汲みに出てきたところを見計らって、中を見せてくれるように頼む。英語は通じない。チベット語だけ。

宿へ戻る

日が落ちてきたところで、宿へ戻る。暖かい台所へ入れてもらって、ビスケットとミルクティー。

夕食はトゥクパ。うますぎ。お代わりをしたが、他の人の分もあったのでちょっとだけ。

HOME | 概要 デリー 成田 デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田

関連旅行記録

  • トロンパス越えトレッキング

    アンナプルナのナヤプルからムクティナートへ続くルートのトレッキングは2004年に経験した。その時見た広大な風景の素晴らしさを忘れることができず、当時は、時間的な制約から行くことができなかったムクティナ...

    2010/12/28~2011/01/10
  • コンスキ峠トレッキング

    短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから...

    2009/10/03~2009/10/11
  • エベレスト街道

    以前から行きたいと思っていたカラパタールまでのエベレスト街道。テレビや本などでは、何度も目にしていた場所ではあったけど、やはり自分の目で見て、歩いてみたかった。ここのトレッキングルートは距離が長く、あ...

    2008/12/20~2009/01/04
  • キナウル

    4年前にキナウル・スピティのエリアには行ったことがあったが、そのときはスピティを旅行の中心に据えていたため、キナウルはほぼ通過に近い状態であった。そのため、今回改めて、そのときに行くことが出来なったキ...

    2009/04/25~2009/05/06
  • マルハ谷トレッキング

    3度目のラダック。次に行くならマルハ谷トレッキングをしようと思っていたところ、時間的にも余裕があったので今回挑戦してみた。トレッキングのシーズンはほぼ終わりで、そのような時期的なものものもあったのかも...

    2008/10/11~2008/10/21
  • シッキム

    以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュ...

    2008/04/25~2008/05/05
  • ランタントレッキング

    今回選んだのはネパールのランタントレッキング。実はこのエリアのトレッキングを5年前に行っているのだけれど、当時は雨季であったため山はあまり望めず、さらには初!高山病でボロボロ(高山病にかかっていること...

    2005/12/29~2006/01/09
  • スピティ・キナウル

    ...

    2005/04/29~2005/05/10
  • アンナプルナトレッキング

    今回の旅行の目的は前回のインド旅行に引き続きヒマラヤの山々を眺めてくること。幸いにも会社を2週間休めたこともあり、少なくても2週間無いといけないような場所の候補をロンプラのトレッキングのガイドブックの...

    2004/12/23~2005/01/05
  • ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナース

    今回の旅行の目的はヒマラヤの山々を眺めてくること。出発の1ヶ月前くらいから地図を買ったりして旅行先のルート確認などをやっていた。今回もトレッキングを行い雪を被った神々しい山々を身近に眺めようと思ったけ...

    2004/09/17~2004/09/26
  • フンザ

    今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。 ただ、目的地のフン...

    2011/04/29~2011/05/09
  • ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)

    ガンジス川の源頭部を祀ったヒンドゥー教の聖地ゴームク。子供の頃にTVで見て以来憧れの場所だったのだが歩き方にも載らないほど辺鄙なヒマラヤ山中、夏はモンスーンで山中の道路が崩壊し10月半ばを過ぎると雪に...

    2011/04/30~2011/05/08
  • ラダック

    ラダックは「小チベット」とも言われており、チベット文化圏のなかでもっとも西に位置している。前回行った中国・四川省はチベット文化圏の東の端となる。中国共産党政権下で文化の圧搾にあったチベット本土に対して...

    2003/02/27~2003/03/27
  • スリランカ

    今回のG.W.の休みが、それほど長くなかったため、この短い期間で楽しめそうと思いついたのが、この小さな島国。でも、調べてみて分かったことは、世界遺産や豊かな自然など見所があまりに多いこと。なかなか来る...

    2012/04/27~2012/05/06
  • コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラム

    当初は、マナリからスピティ方面に行くつもりだったが、出発の一週間前になって、キングフィッシャーのクル(kulu)行きの飛行機がキャンセルに。それで、今まで行ったことのなかった南インドに行き先を急遽変更...

    2012/09/14~2012/09/23
  • アンナプルナ内院

    5年ぶりのネパール(5年前はカラパタールへトレッキング、バグタプル、ナガルコット観光)。今回のメインはアンナプルナ内院トレッキング。アンナプルナ・ベース・キャンプ(Annnapurna Base Ca...

    2013/12/21~2014/01/04
  • スリランカ

    8月9日から17日まで職場の夏休み。当初の計画は北アルプスの山登りだったが、台風が近付いており天気予報は雨。全国的に天気が悪そうなので、急遽、海外脱出を検討。いくつかの候補から、夏休みを丸々使えるフラ...

    2014/08/09~2014/08/17
  • タマンヘリテイジトレイル

    ...

    2014/12/26~2015/01/04
^