下ラダックトレッキング

HOME | 概要 デリー 成田 デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田

エリア南アジア
インド
期間2006/12/23(土)~2007/01/03(水) (12日間)
お気に入り度(5段階評価)未評価
旅行者

2003年にラダックを2ヶ月弱に渡って楽しんできたが、今回は前回行きそびれたところをゆっくりと歩きながら旅行しようと思って企画した。年末年始の休みは限られているため、面白そうな村が集まっていそうな狭いエリアを対象に選んだ。その結果、今回の旅行先はラダックのシャム(下ラダック)に決定した。

このエリアは標高もそれほど高くなく、飛行機でいきなり入っても高山病の症状は比較的出にくい。それでも、3000mを越えているため、空気は乾燥し、空は青く、遠くに見える山々の美しさは格別である。それに加え、ここに住む人々は親切で明るく毎日楽しい時間を過ごせる。

本当は1月2日帰国だったけれど、飛行機が遅れて日本着が3日になった。ラダックに滞在していたのは12月25日-1月1日。これだけでも訪れる場所を選べば、非常に濃密な日々が送れる。毎日毎日楽しくてして、それで充実していて有意義な年末年始であった。

費用

残金
前回の旅行の時の残金:8,740ルピー

両替
10,000円 -> 3,670ルピー(デリー・メインバザールの両替屋:12/24) レート:2.72円/ルピー

使用金額(旅行費用)
手元に残っていたルピーと両替したものをあわせたものが12,410ルピーであり、今回の旅行を終わっての残金が6,755ルピーであるので、実際に現地で使った金額は5,655ルピー(うち宿代は3,360ルピー)となる。ここで、両替時のレートを使用して日本円に換算すると15,382円となる。ちょっと使いすぎたかな。

航空券

使用キャリヤと日程
06/12/23 CI107 東京(成田) 09:40 → 台北12:30
06/12/23 CI181 台北16:35 → デリー21:15
06/12/25 9W609 デリー06:45 → レー08:00
07/01/01 9W610 レー08:40 → デリー09:50
07/01/01 CI182 デリー22:35 → 台北06:40(1/2)
07/01/02 CI100 台北09:25 → 東京(成田) 13:20

帰りの便は全て、遅延。レーからデリー行きのジェットエアウェイズが2時間以上遅れた。それに飛行時間も異常に長かった。台北行き以降については丸々1日遅れ。(デリー空港濃霧のため飛行機飛べず)

航空券代金など
エコノミークラスを取ることを直前まで粘っていたけれど取れず。4万円ほどの差額だったのでビジネスクラスで行くことに決定。ビジネスクラスでこの値段だったら、それほど悪くはないでしょう。

海外航空券代金:104,900円(チャイナエア/ビジネス)
海外航空券代金:47,800円(ジェットエアウェイズ)
燃油費:22,760円
出国税・空港使用料等:1,860円
成田空港使用料:2,040円
出国税・空港使用料等・国内線TAX・燃料チャージ:6,340円
合計:185,700円

ビザ・SIMカードその他

インドはビザも必要。東京・九段下のインド大使館に行くとその日の夕方には受け取ることが出来る。費用は1200円。大使館の休みの日には注意すべし。

2週間以内はノービザとかしてほしい。いちいち取りに行くのが面倒くさくなってきた。。。

ガイドブック・許可書など

  • 全東洋街道(下)・藤原新也

    写真の多い文庫本。リゾンゴンパを訪れたときの記録が下巻の最初に載っている。そこにリゾンゴンパへの道中についての記載があるのだが、今回私が歩いた場所と同一とは思えず。街道からゴンパまで1.5時間で私は歩いたのに、著者は2日に渡って7時間も歩いている。。。これは物語として割り切って読んだほうがいいのかな。

  • 旅行人ウルトラガイド(ラダック)

    有名なガイドブックなので説明の必要はないでしょう。ただ、若干情報は古くなりつつあるように感じる部分がいくつか。でも、これがあるのとないのとでは、情報量に大きな差がつく。

スケジュール

宿泊地、宿情報

2006/12/23(土) : デリー(インド) : ブライトゲストハウス

毎回デリーで泊まるときに使う宿。今まで70ルピーだったのに120ルピーに値上がっていた。空までの吹き抜けがあって、湿っぽくないのでお気に入り。2階はガンジャ好きの白人の溜まり場。3階の方が健全。でも冬は寒いとか。
2007/01/03(水) : 成田(日本) :

2006/12/24(日) : デリー(インド) : ロトサバゲストハウス

2006/12/25(月) : アルチ(インド) : ロトサバゲストハウス

アルチの宿はこの時期ほとんど閉鎖。頼んで泊まらせてもらった。今回のラダック旅行中、値段を言われた宿はここだけ。2食+部屋代で400ルピー。これ以後、この料金を基準に宿代を支払っていくことに。食事はまぁまぁ。部屋に併設されているトイレ・シャワーは綺麗。でも冬場は使えず、外のラダッキトイレを使う。
2006/12/26(火) : リゾン(インド) : リゾンゴンパ

ゴンパの学校が冬休みのため、先生が使っている部屋に泊まらせてもらった。手前の建物の1階左から2部屋目。夜遅くまで、小坊主たちと遊べる。食事は。。。。宿代は取られないけれど、ドネーションとして僧院長に500ルピー渡してきた。
2006/12/27(水) : ヘミスシュクパチャン(インド) : ディスキットゲストハウス

村の真ん中にある宿。旅行人にも載っている。家族的で暖かい雰囲気の宿。他にもたくさん宿はあるので選び放題。宿代は「As you like.」。400ルピー×2泊として800ルピー。ちょっと払いすぎたかな。
2006/12/28(木) : ヘミスシュクパチャン(インド) : ディスキットゲストハウス

2006/12/29(金) : ティンモスガン(インド) : ボンバパゲストハウス

ティンモスガンに2軒あるうちの1軒。なぜか村人に「ボンバパに泊まっている」と言うと喜ばれる。恐らく村一番の巨大な家。主は旅行人ガイドブックのアルチの地図をなぜか気に入り、紙に写していた。こちらも「As you like.」なので400ルピー払おうとしたら、貰いすぎだと断られた。。。結局300ルピーの支払い(こんなの初めて)。飯はうまいしお勧めの宿。
2006/12/30(土) : リキル(インド) : リキルゴンパ

寝た場所は学校の廊下。でもストーブがすぐ近くにあって暖かい。小坊主が手取り足取り世話してくれるので楽。彼らの1日を垣間見れて楽しかった。食事もうまい。リゾンとは随分と違う(?)。ドネーションとして600ルピー。
2006/12/31(日) : レー(インド) : ジグメットゲストハウス

レーの町を歩いていたら、ジグメットのおじさんとバッタリあったことで、再びこの宿に泊まることに。夕食はバターたっぷりの特製ダルカレー。「As you like.」なので400ルピー。
2007/01/01(月) : デリー(インド) : タージマハルホテル

濃霧で飛行機飛ばず。用意されたのが、デリーのタージマハルホテル。全てが最高級。こんなところ泊まった事ない。費用は航空会社持ち。
2007/01/02(火) : デリー→成田 :

みやげもの

  • デリーツーリストマップ

    デリーの地下鉄がどの辺を走っているのか知りたかったから今ノートプレースの露天本屋で購入。(25ルピー)

HOME | 概要 デリー 成田 デリー アルチ リゾン ヘミスシュクパチャン ヘミスシュクパチャン ティンモスガン リキル レー デリー デリー→成田

関連旅行記録

  • トロンパス越えトレッキング

    アンナプルナのナヤプルからムクティナートへ続くルートのトレッキングは2004年に経験した。その時見た広大な風景の素晴らしさを忘れることができず、当時は、時間的な制約から行くことができなかったムクティナ...

    2010/12/28~2011/01/10
  • コンスキ峠トレッキング

    短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから...

    2009/10/03~2009/10/11
  • エベレスト街道

    以前から行きたいと思っていたカラパタールまでのエベレスト街道。テレビや本などでは、何度も目にしていた場所ではあったけど、やはり自分の目で見て、歩いてみたかった。ここのトレッキングルートは距離が長く、あ...

    2008/12/20~2009/01/04
  • キナウル

    4年前にキナウル・スピティのエリアには行ったことがあったが、そのときはスピティを旅行の中心に据えていたため、キナウルはほぼ通過に近い状態であった。そのため、今回改めて、そのときに行くことが出来なったキ...

    2009/04/25~2009/05/06
  • マルハ谷トレッキング

    3度目のラダック。次に行くならマルハ谷トレッキングをしようと思っていたところ、時間的にも余裕があったので今回挑戦してみた。トレッキングのシーズンはほぼ終わりで、そのような時期的なものものもあったのかも...

    2008/10/11~2008/10/21
  • シッキム

    以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュ...

    2008/04/25~2008/05/05
  • ランタントレッキング

    今回選んだのはネパールのランタントレッキング。実はこのエリアのトレッキングを5年前に行っているのだけれど、当時は雨季であったため山はあまり望めず、さらには初!高山病でボロボロ(高山病にかかっていること...

    2005/12/29~2006/01/09
  • スピティ・キナウル

    ...

    2005/04/29~2005/05/10
  • アンナプルナトレッキング

    今回の旅行の目的は前回のインド旅行に引き続きヒマラヤの山々を眺めてくること。幸いにも会社を2週間休めたこともあり、少なくても2週間無いといけないような場所の候補をロンプラのトレッキングのガイドブックの...

    2004/12/23~2005/01/05
  • ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナース

    今回の旅行の目的はヒマラヤの山々を眺めてくること。出発の1ヶ月前くらいから地図を買ったりして旅行先のルート確認などをやっていた。今回もトレッキングを行い雪を被った神々しい山々を身近に眺めようと思ったけ...

    2004/09/17~2004/09/26
  • フンザ

    今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。 ただ、目的地のフン...

    2011/04/29~2011/05/09
  • ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)

    ガンジス川の源頭部を祀ったヒンドゥー教の聖地ゴームク。子供の頃にTVで見て以来憧れの場所だったのだが歩き方にも載らないほど辺鄙なヒマラヤ山中、夏はモンスーンで山中の道路が崩壊し10月半ばを過ぎると雪に...

    2011/04/30~2011/05/08
  • ラダック

    ラダックは「小チベット」とも言われており、チベット文化圏のなかでもっとも西に位置している。前回行った中国・四川省はチベット文化圏の東の端となる。中国共産党政権下で文化の圧搾にあったチベット本土に対して...

    2003/02/27~2003/03/27
  • スリランカ

    今回のG.W.の休みが、それほど長くなかったため、この短い期間で楽しめそうと思いついたのが、この小さな島国。でも、調べてみて分かったことは、世界遺産や豊かな自然など見所があまりに多いこと。なかなか来る...

    2012/04/27~2012/05/06
  • コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラム

    当初は、マナリからスピティ方面に行くつもりだったが、出発の一週間前になって、キングフィッシャーのクル(kulu)行きの飛行機がキャンセルに。それで、今まで行ったことのなかった南インドに行き先を急遽変更...

    2012/09/14~2012/09/23
  • アンナプルナ内院

    5年ぶりのネパール(5年前はカラパタールへトレッキング、バグタプル、ナガルコット観光)。今回のメインはアンナプルナ内院トレッキング。アンナプルナ・ベース・キャンプ(Annnapurna Base Ca...

    2013/12/21~2014/01/04
  • スリランカ

    8月9日から17日まで職場の夏休み。当初の計画は北アルプスの山登りだったが、台風が近付いており天気予報は雨。全国的に天気が悪そうなので、急遽、海外脱出を検討。いくつかの候補から、夏休みを丸々使えるフラ...

    2014/08/09~2014/08/17
  • タマンヘリテイジトレイル

    ...

    2014/12/26~2015/01/04
^