マルハ谷トレッキング

HOME | 概要 成田→インド スキュ 3380m マルカ 3800m ハンカル 3980m ニマリン 4730m チョクド 4000m へミス レー デリー デリー

エリア南アジア
インド
期間2008/10/11(土)~2008/10/21(火) (11日間)
お気に入り度(5段階評価)未評価
旅行者

3度目のラダック。次に行くならマルハ谷トレッキングをしようと思っていたところ、時間的にも余裕があったので今回挑戦してみた。トレッキングのシーズンはほぼ終わりで、そのような時期的なものものもあったのかもしれないが、人が少なく静かな谷であった。荒涼とした山肌が広がる一方で、谷間を流れる川に沿って紅葉した木々のコントラストは美しく、そのような環境の中に住む人々は質素で謙虚で、彼らと触れ合うたびに心底来てよかったと感じた。村々では一般の家庭に泊めてもらい、人懐こい彼らと共に食事などをしながら、有意義な遅い夏休みを過ごせた。ラダックにハズレはない。何度行っても楽しめる。

費用

残金
前回の旅行の時の残金:1,410ルピー

両替・キャッシング
デリー空港のトーマスクックで両替(10/12)
30,000円→13,000ルピー(2.3円/ルピー)

使用金額(旅行費用)
今回の旅行に出る前に手元に残っていたが1,410ルピーであり、今回の旅行を終わっての残金が8,567ルピーであったので、実際に現地で使った金額は5,843ルピーとなる。デリー空港での両替レートを利用して、日本円に換算すると13,439円。これが今回の旅行の費用。宿代等はぴったり2,000ルピー(4,600円)。

航空券

旅行会社
旅行会社についてはこちら。

使用キャリヤと日程
往路
10/11 成田 - 北京 CA422 0910-1135 or CA926 1500-1730
104/11 北京 - デリー CA948 2025-0145+1
10/12 デリー - レー 9W609 0615-0725

復路
10/19 レー - デリー 9W610 0755-0910
10/21 デリー - 北京 CA948 0315-1215
10/21 北京 - 成田 CA167 1330-1750

航空券代金など
中国国際航空
航空券:67,000円
成田空港使用税:2,040円
航空保険料:2,400円
燃油税:35,000円
現地税:4,000円
合計:100,440円

ジェットエアーウェイズ
Base Fare:18,500円
Fuel Surcharge:12,820円
Passenger Service Fee:1,170円
Air Traffic Congestion Fee:880円
TOTAL TRIP COST:33,370円

ジェットエアーウェイズは、直接、ネットから注文。国内の旅行会社を通すより、かなり安くチケットを手に入れることが出来る。

ビザ・SIMカードその他

事前に茗荷谷のインドビザ発券所で取っておく必要がある。駅から歩いて10分ほどのオフィスで取得できる。必要なものは以下の通り。

・パスポート(有効期間が6か月以上残っているもの)
・写真(45mm×35mmのパスポートサイズ)x1枚
・ビザ申請用紙
・申請代金1,935円
ビザの申請用紙はジャパン・オーバーシーズ・コーポレーションのサイトからダウンロードできるので、事前に書いておくと手続きはスムーズに進む。書き方についての例もダウンロードできる。

ガイドブック・許可書など

  • Trekking in the INDIAN HIMALAYA

    軽量化のために、必要部分のみコピーして持っていった。

スケジュール

宿泊地、宿情報

2008/10/11(土) : 成田→インド : 機中泊

2008/10/12(日) : スキュ 3380m(インド) : TSARIK HOME STAY

どこからどこまでがスキュ村なのか分からなかったけど、恐らくスキュ村のかなり町外れの1軒。大きな家で泊まらせてくれた部屋の前は屋上。飯は上手い。居心地もいい。ただ、家の周りには何もない。歩いて10分くらいのところにスキュゴンパがある。2食+ランチ付きで350ルピー。
2008/10/13(月) : マルカ 3800m(インド) : 民泊

15軒くらいあるマルカ村の中の1軒。飯は上手いし、居心地もいい。目の前には畑が広がっている。トイレは離れ(トビラ無し+穴2つ?)。ハンカル村から来ていた少年以外に英語は通じにくかった。料金は「As you like」だったので、400ルピー支払った。ランチ付き。
2008/10/14(火) : ハンカル 3980m(インド) : 民泊

アッパーハンカルにある1軒。おじいちゃん、おばあちゃん、主人と奥さんと、あとよく分からない人たちが住んでいる。時が止まっているような歴史を感じる家。動物もたくさんいる。主人以外英語は通じない。2食+ランチ付きで350ルピー。
2008/10/15(水) : ニマリン 4730m(インド) : テント泊

とてつもなく広い広場。ヤギ飼いにテント場代100ルピー(ショバ代:正直よく分からんが、まぁ火に当たることができたので良かったことにしよう)。不眠&極寒&高山病発症の苦痛の一夜。
2008/10/16(木) : チョクド 4000m(インド) : 民泊

伝統的なラダックの家というよりは、ちょっと洗練された感じの家。明るくて、居心地はいい。食事もうまい。主人以外英語は通じにくい。350ルピーといわれたけど、色々食わせてもらったりしたので、400ルピー支払った。ランチ付き。
2008/10/17(金) : へミス(インド) : ヘミスゴンパの僧坊

僧坊の1室。シャワー室を現在製作中。新しい僧坊で綺麗。坊さん2人と出稼ぎネパール人1人が住んでいる。トイレは外。食事は坊さんの手作りカレー。サイコーに上手い。ドネーションも含め500ルピー。
2008/10/18(土) : レー(インド) : ゴタルゲストハウス

庭が広くて、眺めのいい場所に泊まりたかったので、いつも泊まっていたジグメットG.H.からもう少し奥に入ったところの右手に見えるゴタルゲストハウスに宿泊。部屋からの眺めも最高にいい。部屋はポカポカしていて気持ちがよかった。ホットシャワーはなし。寒い今の時期は水をバケツに汲んでのタイプ。庭には花がたくさん咲いている。主人も奥さんもフレンドリー。子供は女の子1人と男の子1人。少年君は女っぽくて、その行動が面白い。部屋代200ルピー。外で夕食を食べたんだけど、また宿でも夕食食わされたので250ルピー支払った。
2008/10/19(日) : デリー(インド) : ブライトゲストハウス

デリーの定宿。行く度に価格が上がっており今回は一泊150ルピーであった。水シャワーが気持ちいい。ぼろいけど明るくて清潔な感じのするこの宿は好き。
2008/10/20(月) : デリー(インド) : ブライトゲストハウス

みやげもの

  • デリーの地図

    前回デリーに来たときも買ったのだが、再び同じものを買ってしまった…。今ノートプレースの路上本屋にて25ルピー。

  • ラダック語-英語の辞書

    チベット語とラダック語がどれくらい違うのか確かめるために買った辞書。レーの本屋で195ルピー。

HOME | 概要 成田→インド スキュ 3380m マルカ 3800m ハンカル 3980m ニマリン 4730m チョクド 4000m へミス レー デリー デリー

関連旅行記録

  • トロンパス越えトレッキング

    アンナプルナのナヤプルからムクティナートへ続くルートのトレッキングは2004年に経験した。その時見た広大な風景の素晴らしさを忘れることができず、当時は、時間的な制約から行くことができなかったムクティナ...

    2010/12/28~2011/01/10
  • コンスキ峠トレッキング

    短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから...

    2009/10/03~2009/10/11
  • エベレスト街道

    以前から行きたいと思っていたカラパタールまでのエベレスト街道。テレビや本などでは、何度も目にしていた場所ではあったけど、やはり自分の目で見て、歩いてみたかった。ここのトレッキングルートは距離が長く、あ...

    2008/12/20~2009/01/04
  • キナウル

    4年前にキナウル・スピティのエリアには行ったことがあったが、そのときはスピティを旅行の中心に据えていたため、キナウルはほぼ通過に近い状態であった。そのため、今回改めて、そのときに行くことが出来なったキ...

    2009/04/25~2009/05/06
  • シッキム

    以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュ...

    2008/04/25~2008/05/05
  • 下ラダックトレッキング

    2003年にラダックを2ヶ月弱に渡って楽しんできたが、今回は前回行きそびれたところをゆっくりと歩きながら旅行しようと思って企画した。年末年始の休みは限られているため、面白そうな村が集まっていそうな狭い...

    2006/12/23~2007/01/03
  • ランタントレッキング

    今回選んだのはネパールのランタントレッキング。実はこのエリアのトレッキングを5年前に行っているのだけれど、当時は雨季であったため山はあまり望めず、さらには初!高山病でボロボロ(高山病にかかっていること...

    2005/12/29~2006/01/09
  • スピティ・キナウル

    ...

    2005/04/29~2005/05/10
  • アンナプルナトレッキング

    今回の旅行の目的は前回のインド旅行に引き続きヒマラヤの山々を眺めてくること。幸いにも会社を2週間休めたこともあり、少なくても2週間無いといけないような場所の候補をロンプラのトレッキングのガイドブックの...

    2004/12/23~2005/01/05
  • ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナース

    今回の旅行の目的はヒマラヤの山々を眺めてくること。出発の1ヶ月前くらいから地図を買ったりして旅行先のルート確認などをやっていた。今回もトレッキングを行い雪を被った神々しい山々を身近に眺めようと思ったけ...

    2004/09/17~2004/09/26
  • フンザ

    今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。 ただ、目的地のフン...

    2011/04/29~2011/05/09
  • ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)

    ガンジス川の源頭部を祀ったヒンドゥー教の聖地ゴームク。子供の頃にTVで見て以来憧れの場所だったのだが歩き方にも載らないほど辺鄙なヒマラヤ山中、夏はモンスーンで山中の道路が崩壊し10月半ばを過ぎると雪に...

    2011/04/30~2011/05/08
  • ラダック

    ラダックは「小チベット」とも言われており、チベット文化圏のなかでもっとも西に位置している。前回行った中国・四川省はチベット文化圏の東の端となる。中国共産党政権下で文化の圧搾にあったチベット本土に対して...

    2003/02/27~2003/03/27
  • スリランカ

    今回のG.W.の休みが、それほど長くなかったため、この短い期間で楽しめそうと思いついたのが、この小さな島国。でも、調べてみて分かったことは、世界遺産や豊かな自然など見所があまりに多いこと。なかなか来る...

    2012/04/27~2012/05/06
  • コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラム

    当初は、マナリからスピティ方面に行くつもりだったが、出発の一週間前になって、キングフィッシャーのクル(kulu)行きの飛行機がキャンセルに。それで、今まで行ったことのなかった南インドに行き先を急遽変更...

    2012/09/14~2012/09/23
  • アンナプルナ内院

    5年ぶりのネパール(5年前はカラパタールへトレッキング、バグタプル、ナガルコット観光)。今回のメインはアンナプルナ内院トレッキング。アンナプルナ・ベース・キャンプ(Annnapurna Base Ca...

    2013/12/21~2014/01/04
  • スリランカ

    8月9日から17日まで職場の夏休み。当初の計画は北アルプスの山登りだったが、台風が近付いており天気予報は雨。全国的に天気が悪そうなので、急遽、海外脱出を検討。いくつかの候補から、夏休みを丸々使えるフラ...

    2014/08/09~2014/08/17
  • タマンヘリテイジトレイル

    ...

    2014/12/26~2015/01/04
^