甘粛省・青海省

エリア・国東アジア (中国)
宿泊地(宿)西寧 (泉城招待所)
日付2006/10/09(土) (3日目/10日間)
旅行者

HOME | 概要 北京 西寧 西寧 同徳 同徳 同仁 夏河 蘭州 北京 北京→成田

クンブム寺(タール寺)に行く

朝の中心街を歩いて、タール寺行きのバス乗り場まで歩いていく。町の朝の風景を眺めることが出来ていい。バス乗り場からムスリムのおじちゃんの運転するバスで行くことに。ちょっと違和感あるんだよねぇ。ムスリムに寺に連れて行ってもらうことに(5元・45分)。

クンブム寺(タール寺)到着

門前町には仏具を作る店なども軒を連ねる。

寺の前で、ヨーグルトを売るおばあちゃん。腹を壊さないかと、ちょっとビクビクしていたけれど、食べてみるとゲキウマ!!以後、ヨーグルトに出会う度に買っては食べていた。

日差しは強く、このような湯沸しマシーンも大活躍。 食堂も何軒かあり、いろいろ選べる。

チケット80元。高い。。。有料ガイドのおねぇちゃんたちがチケット売り場に傘を差しながら、待機している。

かの有名な八仏塔。広場の真ん中に並んでいる。なんかなぁなんてもかんでも広場にすれば、いいってもんでもないだろうに。共産党はなにを考えているんだろうねぇ。

クンブム寺を眺めることの出来る丘から。

望遠をつかって、寺の中心部分を眺めている。クンブム寺のシンボル、黄金の屋根の大経堂が望める。

大経堂の前では、熱心な仏教徒が五体投地をしている。彼らはお茶や葡萄などを持ってきており、それを口にしながら、なんどもなんども同じ動作を繰り返している。

栴檀樹の葉の表面に仏の姿が浮き上がって見えるらしく、巡礼者が葉を拾っていたので、私も拾ってきたが、財布の中に入れていたので、端っこがちょっと壊れてしまった。

「撮ってもいいよ」と言ってくれたので、ツォンカパをバックにパチリ。

西寧に戻る

クンブム寺からバスに乗り、行きに乗った場所で降りる。そこから西大街まで少し歩いた後、1元バスに乗り、西寧駅へ。西寧駅前のバスターミナルで明日のカワスムド(同徳)行きのバスチケットを購入する。

バスターミナル脇には一大ビリヤード場がある。ビリヤードが大流行。西寧だけでなく、あちこちで見かける。

バスターミナル隣のチベット街。

恐らくバターだと思うのだが。。。宿近くのお店。

夕食は屋台街で

北大街と東大街の交わるところにある新華書店があるのだけれど、その街区のちょうど反対側が屋台街になっていたりする。そこで、夕食。

火鍋。熱く、辛く、冷麺並みに切れない麺。も~食べるのが大変。汗を滝のように流しながらも完食。最後のジャガイモが辛さをやわらげてくれた。

火鍋担当のおじちゃん。奥さんとの連携もいい。

帰り際、串刺しメロンを購入し、齧り付きながら宿に向かう。

HOME | 概要 北京 西寧 西寧 同徳 同徳 同仁 夏河 蘭州 北京 北京→成田

関連旅行記録

  • 板門店

    何かとニュースになる北朝鮮の韓国側の玄関口(板門店)に一度行ってみたくて、3連休を使って見てきた。中東などで政権が倒れるニュースが続き、早いうちに行っておかないと、こちらもどうなるか分からないという心...

    2011/03/11~2011/03/13
  • 雲南省

    当初の予定では、ラサに行こうかと思ったが、許可書取得というややこしい問題などもあり、また次回に延期。そして、そのときたまたま読んでいた「梅里雪山 17人の友を探して」という本が面白かったこともあり、折...

    2007/12/22~2008/01/03
  • 四川省

    10日間の短い休みだったので、旅行先は初めから中国と決めていて、そうなると必然的に今まで行ったことのないデルゲ・ジェクンド(玉樹)周辺となった。この辺りは標高が高いこともあって行く前から、かなり不安が...

    2007/09/08~2007/09/17
  • マカオ・香港

    週末を海外で過ごすのもたまにはいいかなと思っていたところ、4連休が取れたので、マカオ・香港に行って見ることにした。目的は、もう10年以上も前に深夜特急を読んで以来、気になっていた「大小」というカジノを...

    2011/07/15~2011/07/18
  • 雲南省・四川省

    はじめに予定したルートはリタンをとおり、雲南ルートでラサまで行くつもりであったが、現地でいろいろと情報を集めてみると、1週間から2週間かかると言うことで、このルートは断念した。このあと、成都から飛行機...

    2002/08/22~2002/09/27
  • アモイ・客家円楼

    ...

    2003/12/27~2004/01/01
  • チベット(ラサ、ギャンツェ、シガツェ、サキャ)

    これまで、チベット圏を広く旅行してきたが、チベット本土は、ガイドが必要であったりと制約が多かったため、先送りしてきた。ただ、巡礼者の多いおすすめの冬季であったこと、1週間程度で楽しめること等から、初の...

    2017/12/29~2018/01/08
  • シルクロード

    ...

    2018/04/28~2018/05/06
^