座間味島

エリア・国日本 (沖縄県)
宿泊地(宿)那覇→羽田 ()
日付2011/03/07(金) (4日目/4日間)
旅行者

HOME | 概要 那覇 座間味島 座間味島 那覇→羽田

阿真ビーチでシュノーケリング

天気予報通り、前夜から雨。晴れていれば阿嘉島へ行こうと考えていたが、雨の中行く気になれず。防災無線の案内によると、今日は波が高く、(予約していた)高速船は欠航。フェリーは特別ダイヤで座間味港を12:30に出港するとのこと。まだ時間は十分あるので、どうせ濡れるならとキャンプ場の目の前にある阿真ビーチでシュノーケルをすることに。阿真ビーチは満潮時にウミガメが餌(海藻)を食べに来る。そして、今日はちょうど朝が満潮の時間だ。民宿ロビンソンでシュノーケリングセットとウェットスーツをレンタルし、ウミガメの来るポイントとサンゴが見えるポイントを確認。

ウミガメのポイントを探すこと数分。ウミガメ発見。しばらくウミガメとランデヴー。ウミガメは私にお構いなく海藻を求めて悠々と泳ぐ。するともう1匹いたので、次はそのウミガメ観察。その後はちょっと沖合のサンゴポイントへ。熱帯魚も泳いでいる。安慶名敷島よりサンゴも熱帯魚も少なかったが、十分満足。途中で休憩を入れ、1時間程、座間味の最後のアクティビティを楽しんだ。

座間味島から那覇へ

シュノーケリングの後、ロビンソンでシャワーを浴び、座間味港へ。ちょうど雨がやんでおり、濡れずにすんだ。

フェリーざまみ。

12:30、座間味港から那覇へ向け出港。

海上、波が高く、時折船が上下に揺れ、波しぶきが飛んで来る。船内の客室もあるが、外の屋根付きデッキの壁際で、波しぶきが飛んできたら壁際に隠れることを繰り返すという、まるで子供の遊びのような暇の潰し方で、シケた海の航行を楽しむ。

14:30頃、那覇泊港到着。

泊港近くの富士家ぜんざいで氷ぜんざい(290円)を食べる。ボリュームがあるが甘さ控えめなので、もっと食べたいくらい。

予約している羽田行きの飛行機は20:35発だが、前の便をキャンセル待ちすることに決め、16:00前に那覇空港へ。

しかし、前の便は全て満席で、2便ほど待ったが、キャンセルは出ず。整理番号からいっても、この後の便も自分達の番が回ってくることは絶望的。キャンセル待ちはあきらめ、お腹がへったので、那覇市街へ戻り、牧志公設市場へ夕食を食べに行くことにする。

牧志公設市場の2階食堂で青菜ラフテー盛(800円)とジーマーミ豆腐(300円)を食べる。ラフテーは柔らかく味がしみ込んで、うまい。ジーマーミ豆腐は味(甘み)のあるところが偏っており、座間味で食べた方がよかった。

食後に市場を見学してから那覇空港へ戻った。

HOME | 概要 那覇 座間味島 座間味島 那覇→羽田

関連旅行記録

  • 奥日光・日光東照宮

    奥日光の湯元の温泉も良かったし、宿の近くでは運良く雪祭りを行っていたので、雪灯篭も合わせて見学。こちらも普段見られるものではなかったので良かった。 日光東照宮に行ったことがなかったので、奥日光の...

    2011/02/26~2011/02/27
  • 釜石市・大槌町(東日本大震災被災地)、早池峰山

    東日本大震災の被災地の状況をこの目で確かめてみたいと思い、岩手県釜石市と大槌町を訪問。あちこちに横転した車やつぶれた車がゴロゴロ転がり、家屋は瓦礫と化し原形をとどめないものが多数、鉄骨もグニャグニャに...

    2011/04/30~2011/05/05
  • 岩手県沿岸部(東日本大震災被災地)・遠野・花巻

    2011年3月11日の東日本大震災から1年が経ち、やはり一度、現地を自分の目で見ておこうと思い、企画した旅行。仙台まで新幹線で行き、そこから被害の大きな海岸部を走って、遠野、花巻に抜けるというルートを...

    2012/03/30~2012/04/01
  • 奄美大島

    ...

    2017/07/14~2017/07/17
  • 熊野古道

    ...

    2017/04/29~2017/05/01
  • しまなみ海道

    ...

    2017/03/17~2017/03/20
  • 屋久島

    ...

    2016/12/29~2017/01/02
  • 国東半島ロングトレイル

    ...

    2017/11/02~2017/11/05
^