エベレスト街道

エリア・国南アジア (ネパール)
宿泊地(宿)パクディン 2610m (サンライズロッジ&レストラン)
日付2008/12/23(土) (4日目/16日間)
旅行者

HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

カトマンドゥからルクラへ

昨日と同じように朝5時半出発。宿の日本人3人と頼んでおいたタクシーに乗り込み空港へ。空港に着くと、これまた昨日と同じようにチェックインの手続き。しかし、第2便ということで、6時半にまた来いと。。。搭乗の順番は、その日の予約をしている人たちが、まず優先され、前日からのキャンセル組がそのあとにまわされるようだ。

第1便が無事にとび立ち、第2便の乗客の呼び出しが始まる。バスに乗り込み、飛行機のすぐ脇まで移動する。

使用したのはアグニという航空会社。

CAも一応いる。

3日間連続でフライトキャンセルになっていたためか、第2便が2機もあった。

操縦席。第2便は10時15分に飛び立つ。座席は一番風景が見やすい左の一番前を確保できた。第2便の2機目もほぼ同時に飛び立つ。

カトマンズ空港がどんどん小さくなっていく。

ボダナートも遠くに見える。それにしても目立つなぁ。

30分ほどのマウンテンフライト。

どんどん山の方に近づいていく。

機影。

正面にルクラ空港が見えてきた。

全員で20人位しか乗れない小さな飛行機。

ルクラ空港に到着。

荷物を受け取り、歩き始める準備を行う。

とりあえず、空港から出て、空港をぐるっと回ってルクラの村まで移動する。

空港の脇を通り、ルクラのメイン通りに向かう。空港の脇を通っていると、乗ってきた飛行機がカトマンズに引き返していった。

ルクラの村

ルクラのメイン通りに入るところに、ハッピーニューイヤーの垂れ幕があった。

通りの両側に宿が並ぶ。ただ、それだけの小さな村。

ルクラの村を出る手前に、トレッカーのチェックポイント。TIMSカードをチェックされる。

このゲートでルクラの村は終わり。

トレッキング開始

あとは谷の中に吸い込まれるように歩いていく(後ろを振り返ったところ)。

ルクラの村はあの森の向こう。すでに見えなくなっている。

まだ、エベレストなどは全く見ることができない。標高は低いため、緑が濃い。よく踏み固められた道なので、歩くのは全く問題ない。今日の目的地のパクディンまでは谷の右側を通る。

マニ塚があちこちにある。ある人に聞いたところでは、マニ石の数はどんどん増えているとのこと。有名な街道なので儲かるのだろう。

この街道を行くのは、トレッカーだけではなく、荷物を運ぶポーター、ロバ、ゾッキョなど。

この谷を詰めていく。

ところどころにワイヤー橋がかけられている。人同士ではすれ違うことができるけど、ゾッキョとかが歩いていると、一方通行になるそうだ。

ガット(Ghat)村

Ghatという村で昼食を取っていた第1便の日本人たちに会う。私も同じように昼食をここで取ることにした。エッグチョーメン(230ルピー)とポテトスープ(100ルピー)。

食堂のおばさん。

再び歩き始める。

パクディンに到着

と、すぐにパクディンに到着。村の入り口に、マオイストが活動していたときの門らしきものがあった。

同じく第2便に乗ってきた彼とはパクディンの村の端っこでお別れ。まだ、時間が早いので、もっと先までに行くとのこと。

私はパクディンの村の端にある宿に泊まる(200ルピー)。

部屋は綺麗だが、新しいせいかペンキのようなにおいが少し鼻に付いた。

パクディンのゴンパへ

まだ、日は高かったので、部屋で少し休んだ後、町の裏にあるゴンパへ。カトマンズで買った地図には、築500年のゴンパと書いてある。パクディンの村の外れから丘を登っていく。

一段上がると、小さな村がある。ここからまた山道を登る。そうしていると、私の前にはルクラからパイプなどを運んでいたポーターがいた。彼もゴンパまで行くそうだ。

ゴンパに到着。それにしても、カラスが多く、不気味な感じがするゴンパであった。

ここでは、お茶ではなく暖かいぶどうジュースのようなものをもらった。お菓子もくれようとしたが、それはポーター君にあげた。

坊さん。料理中の小坊主も愛想がよかった。ただ、寺の鍵がないということで、中に入れなかったのは残念だが。

寺の裏側。

上からパクディンの村を見下ろしたところ。パクディンの村を少し眺めた後、宿に戻る。そうすると、団体トレッカーがどんどん来る。韓国人、日本人、白人の各団体が滞在。にぎやか。彼らと同じところで食べるのが嫌だったので、宿の食堂にもぐりこんでこちらで夕食。こちらの方がガイドたちの休憩場所なっていて面白い。夕食はエッグチョーメンとオニオンスープ。最後にレモンティー。

夜に多少の頭痛が出た。あまり標高は高くないのに困ったものだ。薬を一応飲んで寝る。

HOME | 概要 デリー カトマンズ カトマンズ パクディン 2610m ナムチェ 3440m タンボチェ 3860m ディンボチェ 4410m ディンボチェ 4410m ロブチェ 4910m ペリチェ 4270m ナムチェ 3440m ルクラ 2840m カトマンズ カトマンズ カトマンズ→成田

関連旅行記録

  • トロンパス越えトレッキング

    アンナプルナのナヤプルからムクティナートへ続くルートのトレッキングは2004年に経験した。その時見た広大な風景の素晴らしさを忘れることができず、当時は、時間的な制約から行くことができなかったムクティナ...

    2010/12/28~2011/01/10
  • コンスキ峠トレッキング

    短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから...

    2009/10/03~2009/10/11
  • キナウル

    4年前にキナウル・スピティのエリアには行ったことがあったが、そのときはスピティを旅行の中心に据えていたため、キナウルはほぼ通過に近い状態であった。そのため、今回改めて、そのときに行くことが出来なったキ...

    2009/04/25~2009/05/06
  • マルハ谷トレッキング

    3度目のラダック。次に行くならマルハ谷トレッキングをしようと思っていたところ、時間的にも余裕があったので今回挑戦してみた。トレッキングのシーズンはほぼ終わりで、そのような時期的なものものもあったのかも...

    2008/10/11~2008/10/21
  • シッキム

    以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュ...

    2008/04/25~2008/05/05
  • 下ラダックトレッキング

    2003年にラダックを2ヶ月弱に渡って楽しんできたが、今回は前回行きそびれたところをゆっくりと歩きながら旅行しようと思って企画した。年末年始の休みは限られているため、面白そうな村が集まっていそうな狭い...

    2006/12/23~2007/01/03
  • ランタントレッキング

    今回選んだのはネパールのランタントレッキング。実はこのエリアのトレッキングを5年前に行っているのだけれど、当時は雨季であったため山はあまり望めず、さらには初!高山病でボロボロ(高山病にかかっていること...

    2005/12/29~2006/01/09
  • スピティ・キナウル

    ...

    2005/04/29~2005/05/10
  • アンナプルナトレッキング

    今回の旅行の目的は前回のインド旅行に引き続きヒマラヤの山々を眺めてくること。幸いにも会社を2週間休めたこともあり、少なくても2週間無いといけないような場所の候補をロンプラのトレッキングのガイドブックの...

    2004/12/23~2005/01/05
  • ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナース

    今回の旅行の目的はヒマラヤの山々を眺めてくること。出発の1ヶ月前くらいから地図を買ったりして旅行先のルート確認などをやっていた。今回もトレッキングを行い雪を被った神々しい山々を身近に眺めようと思ったけ...

    2004/09/17~2004/09/26
  • フンザ

    今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。 ただ、目的地のフン...

    2011/04/29~2011/05/09
  • ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)

    ガンジス川の源頭部を祀ったヒンドゥー教の聖地ゴームク。子供の頃にTVで見て以来憧れの場所だったのだが歩き方にも載らないほど辺鄙なヒマラヤ山中、夏はモンスーンで山中の道路が崩壊し10月半ばを過ぎると雪に...

    2011/04/30~2011/05/08
  • ラダック

    ラダックは「小チベット」とも言われており、チベット文化圏のなかでもっとも西に位置している。前回行った中国・四川省はチベット文化圏の東の端となる。中国共産党政権下で文化の圧搾にあったチベット本土に対して...

    2003/02/27~2003/03/27
  • スリランカ

    今回のG.W.の休みが、それほど長くなかったため、この短い期間で楽しめそうと思いついたのが、この小さな島国。でも、調べてみて分かったことは、世界遺産や豊かな自然など見所があまりに多いこと。なかなか来る...

    2012/04/27~2012/05/06
  • コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラム

    当初は、マナリからスピティ方面に行くつもりだったが、出発の一週間前になって、キングフィッシャーのクル(kulu)行きの飛行機がキャンセルに。それで、今まで行ったことのなかった南インドに行き先を急遽変更...

    2012/09/14~2012/09/23
  • アンナプルナ内院

    5年ぶりのネパール(5年前はカラパタールへトレッキング、バグタプル、ナガルコット観光)。今回のメインはアンナプルナ内院トレッキング。アンナプルナ・ベース・キャンプ(Annnapurna Base Ca...

    2013/12/21~2014/01/04
  • スリランカ

    8月9日から17日まで職場の夏休み。当初の計画は北アルプスの山登りだったが、台風が近付いており天気予報は雨。全国的に天気が悪そうなので、急遽、海外脱出を検討。いくつかの候補から、夏休みを丸々使えるフラ...

    2014/08/09~2014/08/17
  • タマンヘリテイジトレイル

    ...

    2014/12/26~2015/01/04
^