コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラム

エリア・国南アジア (インド)
宿泊地(宿)コーチン(コーチ) (Back Packers Holidays Guest House)
日付2012/09/15(金) (2日目/10日間)
旅行者

HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

デリー到着

夜中の2時にデリー着。いままでのボロ空港はどこにいったのか。あまりの綺麗さにめまいがする。イミグレも問題なく通過。

デリー空港のトイレ。見違えるように綺麗になって、斬新なデザイン。

国内線の出発ロビーも同じターミナルになったので、以前のようにおんぼろバスで空港間を移動しなくて済むようになった。

到着ロビーのベンチで軽く休んだ後、朝まで、到着ロビーにあったカフェで粘る。

デリー空港のマクドナルド

夜が明けてきたので、国内線の出発ロビーに移動し、マクドナルドで朝マック。145ルピー。

デリー空港で、携帯屋で携帯を見ていたが、それほど高くはないので、買おうかどうか悩むが、やっぱりSIMフリーのiPhoneをゲットしたほうがいいと思い直す。

デリーからコーチンへ

8時25分搭乗開始。ジェットコネクト。LCCのため、機内の食事などは有料。そのため、何も口にせず。

11時15分、経由地のハイデラバードに到着。そのまま機内で待ち、再度、コーチンに向けて離陸。

コーチン到着

13時10分、コーチン到着。飛行機を降りて、歩いて空港へ。空港は小さい。荷物は預けていないので、そのまま空港の外へ。

空港からエルナクラムへ

空港を出たところから、バスに乗って、町中へ行こうと思ったが、空港の前に停まっていたのは、金網が窓ガラスに張られた混雑したバスのみ。

プリペイドタクシーの受付で聞いみると、只今絶賛ストライキ中(ガソリン値上げに反対して)で、バス・タクシーが16時(だったかな?)まで動かないとのこと。
思い返してみると、あの金網バスは、ストライキで動かないバスの代わりに警察車両が出動していたよう。

そこまで待つのも時間がもったいないので、数少ないリクシャーを捕まえ、エルナクラムのメインジェッティーまで40分ほどかけて走ってもらう。足元を見られていたので、550ルピー。多分、通常であれば300ルピー程度と思われる。

町中を走っても、シャッターを卸している店がほとんどだった。困ったときに来たもんだ。

エルナクラムのメインジェッテー

メインジェッティーに到着しても、ほとんど人気がない。

通常の渡し舟は、こちらも同じく、ストで止まっていたので、観光用のボートで、フォート・コーチンに行く事に。ローカルボートのチケット売り場は閑散。

15時発。100ルピー。通常の渡し船なら2.5ルピーなのだが(ただし、到着場所が異なり、観光用のボートが到着するところのほうが、中心街に近い)。

ボートが陸を離れると共に、雲行きが怪しく、、、そのうち大雨に。最初は、観光船の展望デッキにいたが、船内に非難するハメに。

でも、コーチンに近づくにつれ、雨はおさまる。短いスコール。30分ほどで、フォートコーチンに到着。

フォートナガルの宿へ

事前のネット情報では、フォートナガルに安宿が揃っているということだったので、ひとまずその通りを探す。

フォートナガルは船着場のすぐ近くにあり、その通りに足を踏み入れると、「オレの友達の家を紹介してやる」と連れて行かれたのが、Backpackers holidays Guesthouse。3階の部屋を選択し、350ルピー。目の前がベランダになっていていい。

フォートコーチン探索

部屋に荷物をおいた後、聖フランシス教会に行く。1524年にコーチンで亡くなったバスコ・ダ・ガマの墓がある教会。

墓は教会の内部にある。ただ、遺体はその後故国に送られたとのこと。

スパイス屋

聖フランシス教会の裏にあるスパイス屋。ちょっと覗いてみると、数あるスパイスの中に、レモンソルトとかいうものを見つけたので、一つ買ってみた。100ルピー。

ちょっと前に、ピースボートの船がコーチンに立ち寄ったらしく、何人もの人から彼らのことを聞いた。

「もぐもぐ」とかいうナタデココ入りジュース。タイ製。パイナップルは美味しかったが、マンゴーはいまいち。全種類制覇してやろうと思ったが、コーチン以外では見かけず。

カタカリ

ケララの伝統的な宗教舞踊。コーチンが本場であり、これを見れる劇場はいくつもありそう。

私が行ったのは、歩き方にも載っているケララ・カタカリ・センター。微妙な日本語の解説も用意してくれている。17時からメーキャップが始まる。

冷房の効いた快適な劇場で、2階席もあったが、今回の観客数は1階席におさまる60人ほど。ほとんど白人。250ルピー。

メーキャップが終わると、役者の動作についての簡単に解説をしてくれる。

19時過ぎからダンス開始。打楽器と歌(ノリノリに歌う)による演奏の後に、役者が登場した。

ストーリーが日本語の解説で理解できるので、わかりやすい。役者の演技も上手かったと思う。目や指の細やかな動き、表情による表現が豊かで、体の動きも見ていて心地良い。目の動かし方などは歌舞伎に近いような印象を受けた。
カタカリの主人公インドラ神の息子(ここはうろ覚え)の緑の顔のお面は、ケーララではいたるところで見つけることができる。ソニーやキャノンの広告にも使われていた。

日替わりで、いろいろなストーリーを演じているよう。

カタカリが19時半に終了し、外に出てみると、すぐ近くのサンタ・クルス教会では、なんだか祭りのようなすごい賑わい。

夕食

その賑わいを眺めながら、教会隣の食堂2階で夕食。宿を紹介してくれた兄ちゃんに教会前で偶然再会し、再び引きずり込まれたレストラン。

ポラオ、フィッシュフライ、エビなどを食べる。日本を出てから最初のまともな料理。インドのめしはまずいという印象があるが、こちらはうまかった。

以後、南インドの美味いめしを楽しむ。

HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

関連旅行記録

  • トロンパス越えトレッキング

    アンナプルナのナヤプルからムクティナートへ続くルートのトレッキングは2004年に経験した。その時見た広大な風景の素晴らしさを忘れることができず、当時は、時間的な制約から行くことができなかったムクティナ...

    2010/12/28~2011/01/10
  • コンスキ峠トレッキング

    短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから...

    2009/10/03~2009/10/11
  • エベレスト街道

    以前から行きたいと思っていたカラパタールまでのエベレスト街道。テレビや本などでは、何度も目にしていた場所ではあったけど、やはり自分の目で見て、歩いてみたかった。ここのトレッキングルートは距離が長く、あ...

    2008/12/20~2009/01/04
  • キナウル

    4年前にキナウル・スピティのエリアには行ったことがあったが、そのときはスピティを旅行の中心に据えていたため、キナウルはほぼ通過に近い状態であった。そのため、今回改めて、そのときに行くことが出来なったキ...

    2009/04/25~2009/05/06
  • マルハ谷トレッキング

    3度目のラダック。次に行くならマルハ谷トレッキングをしようと思っていたところ、時間的にも余裕があったので今回挑戦してみた。トレッキングのシーズンはほぼ終わりで、そのような時期的なものものもあったのかも...

    2008/10/11~2008/10/21
  • シッキム

    以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュ...

    2008/04/25~2008/05/05
  • 下ラダックトレッキング

    2003年にラダックを2ヶ月弱に渡って楽しんできたが、今回は前回行きそびれたところをゆっくりと歩きながら旅行しようと思って企画した。年末年始の休みは限られているため、面白そうな村が集まっていそうな狭い...

    2006/12/23~2007/01/03
  • ランタントレッキング

    今回選んだのはネパールのランタントレッキング。実はこのエリアのトレッキングを5年前に行っているのだけれど、当時は雨季であったため山はあまり望めず、さらには初!高山病でボロボロ(高山病にかかっていること...

    2005/12/29~2006/01/09
  • スピティ・キナウル

    ...

    2005/04/29~2005/05/10
  • アンナプルナトレッキング

    今回の旅行の目的は前回のインド旅行に引き続きヒマラヤの山々を眺めてくること。幸いにも会社を2週間休めたこともあり、少なくても2週間無いといけないような場所の候補をロンプラのトレッキングのガイドブックの...

    2004/12/23~2005/01/05
  • ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナース

    今回の旅行の目的はヒマラヤの山々を眺めてくること。出発の1ヶ月前くらいから地図を買ったりして旅行先のルート確認などをやっていた。今回もトレッキングを行い雪を被った神々しい山々を身近に眺めようと思ったけ...

    2004/09/17~2004/09/26
  • フンザ

    今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。 ただ、目的地のフン...

    2011/04/29~2011/05/09
  • ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)

    ガンジス川の源頭部を祀ったヒンドゥー教の聖地ゴームク。子供の頃にTVで見て以来憧れの場所だったのだが歩き方にも載らないほど辺鄙なヒマラヤ山中、夏はモンスーンで山中の道路が崩壊し10月半ばを過ぎると雪に...

    2011/04/30~2011/05/08
  • ラダック

    ラダックは「小チベット」とも言われており、チベット文化圏のなかでもっとも西に位置している。前回行った中国・四川省はチベット文化圏の東の端となる。中国共産党政権下で文化の圧搾にあったチベット本土に対して...

    2003/02/27~2003/03/27
  • スリランカ

    今回のG.W.の休みが、それほど長くなかったため、この短い期間で楽しめそうと思いついたのが、この小さな島国。でも、調べてみて分かったことは、世界遺産や豊かな自然など見所があまりに多いこと。なかなか来る...

    2012/04/27~2012/05/06
  • アンナプルナ内院

    5年ぶりのネパール(5年前はカラパタールへトレッキング、バグタプル、ナガルコット観光)。今回のメインはアンナプルナ内院トレッキング。アンナプルナ・ベース・キャンプ(Annnapurna Base Ca...

    2013/12/21~2014/01/04
  • スリランカ

    8月9日から17日まで職場の夏休み。当初の計画は北アルプスの山登りだったが、台風が近付いており天気予報は雨。全国的に天気が悪そうなので、急遽、海外脱出を検討。いくつかの候補から、夏休みを丸々使えるフラ...

    2014/08/09~2014/08/17
  • タマンヘリテイジトレイル

    ...

    2014/12/26~2015/01/04
^