コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラム

エリア・国南アジア (インド)
宿泊地(宿)カニャークマリ(コモリン岬) (HOTEL MAADHINI)
日付2012/09/19(金) (6日目/10日間)
旅行者

HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

朝のコバーラム・ビーチ

朝起きて、海を見てみると、地引き網漁が行われていた。

地引き網漁

地引き網漁に関わっていたのは、総勢30人くらいだろうか。

結構な量。スリランカのトリンコマリーのときは、ほとんど魚が取れていなかったので、ちょっと驚いた。

小魚が大半ではあるが、大きな魚も結構紛れ込んでいた。

朝食

昨日と同様、宿の1階にある食堂で、コンチネンタル・フル・ブレックファースト。280ルピー。

海岸に面していたところに座って朝食を取っていると、漁で取った魚を手に戻ってくる人がちらほら。

袋の中を見せてもらう。

コバーラムビーチでのレンタル代は
ベンチ300ルピー/日
サーフィン400ルピー/日
ハーフボード150ルピー/日
となっていた。

コバーラム・ビーチからカニャークマリへ

レストランとスタッフと別れて、カニャークマリへ。

来た道を戻り、バススタンドへ。

コバーラム・ビーチからトリバンドラムまで

12時15分のバスでトリバンドラムまで、一旦戻る。今度はエアコン付きバスではないので、12ルピー。カニャークマリへの直通バスもあるようだが、本数が少ないようだ。

トリバンドラムからナガルコビルヘ

トリバンドラムのイーストフォートには、30分ほどで到着。そこから、カニャークマリ行きのバスに乗るため、駅の北側にあるセントラル・バススタンドまで戻る。直射日光が痛い。

カニャークマリ行きのバスは、通りに面したバススタンドから発着する。ただ、カニャークマリ行きの直通バスに、ちょうどいいのがなかったので、カニャークマリの手前にあるナガルコビル行きのバスに乗る。13時12分発。26ルピー。

ナガルコビルには15時10分到着。トリバンドラムからほぼ2時間。

ナガルコビルのバスターミナルは、ハエが多く汚い。ケララ州を出て、タミルナードゥ州に入ったせいなのか。

どのバスに乗っていいのか分からず、迷っていると、お兄さんが「このバスに乗れ」というので、言われるがまま、行き先の分からないナガルコビル発15時20分のバスに乗り込む。

ナガルコビル駅

15分ほどで到着した場所は、ナガルコビル駅。案内してくれたお兄さんは「ここで降りて、次は鉄道に乗れ」という。

確かに、ここから16時発のちょうどいい鉄道がカニャークマリに向けて出発するところ。3ルピーのケットを購入し、鉄道に乗り込む。予定外のルートではあったが、こういうイベントも楽しい。

椰子の木の林の中を走る。走っている間、ほとんど、車両の出入口に立っていたが、南国の風が気持ちよかった。

カニャークマリ駅到着

ナガルコビル駅から20分。16時20分にカニャークマリ駅に到着。

カニャークマリ駅全景。駅の目の前には広い広場が広がり、その片隅では、巡礼者の一団が野宿をしていたりする。

ここから歩いて、町中へ。町の中心は、すぐ近くなので、ここから歩く。

Hotel Maadhini

宿が集まる一角をウロウロ歩き、決めた宿は、町一番のホテルと思われるMaadhini。24時間のチェックアウト制で、800ルピー。ACナシ。周辺に宿は多いが、安くても500ルピーあたりが最低だと思われる。

部屋にはベランダが付いており、ここから海が見える。

部屋の向かいにはManickamホテルも見え、そこで男たちが高所作業中。頼むから命綱くらいつけてくれよ。こちらのホテルは、多分700ルピーくらい。ここよりもちょっと安そう。

ホテルの屋上は出入り自由で、そこから、ヴィーヴェーカーナンダ岩などが望める。

インド各地からの巡礼者が多く、日本人も人気者。

町の散策

日が暮れてきたので、宿を後にし、岬の方へ行ってみる。夕日を見るためなのか、人がぞくぞく集まってくる。

どうせなら、サンセット・ポイントに行ってみようとリクシャーで移動。片道40ルピー。2kmくらい西に行った場所にある。

サンセット・ポイント

沢山のインド人も来ていたが、残念がら、曇り空。サンセットは望めず。暗くなったところで、再度、リクシャーでコモリン岬まで戻る。

コモリン岬は、日本の夜市みたいに賑やか。海岸沿いはすでに真っ暗で何も見えなかったが。

近くのヒンズー教寺院では、夕食の施しもされていた。

夕食を食べようと宿近くに戻ると、ヒンズー教のお祭りが。

上半身裸の男たちが太鼓やら笛?やらを鳴らしながら、町中を練り歩く。

夕食は、ホテルのバーでチャーハンなど。いくつかのビールがメニューにはいくつか載っていたが、注文できるのは、キングフィッシャーのみ。しょうがないので、いつもと同じように、キングフィッシャーのストロング版(8%)を注文。

丁度、インドとアフガニスタンのクリケット中継が行われてたこともあり、バーのスタッフは、みんなそれに夢中。

HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

関連旅行記録

  • トロンパス越えトレッキング

    アンナプルナのナヤプルからムクティナートへ続くルートのトレッキングは2004年に経験した。その時見た広大な風景の素晴らしさを忘れることができず、当時は、時間的な制約から行くことができなかったムクティナ...

    2010/12/28~2011/01/10
  • コンスキ峠トレッキング

    短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから...

    2009/10/03~2009/10/11
  • エベレスト街道

    以前から行きたいと思っていたカラパタールまでのエベレスト街道。テレビや本などでは、何度も目にしていた場所ではあったけど、やはり自分の目で見て、歩いてみたかった。ここのトレッキングルートは距離が長く、あ...

    2008/12/20~2009/01/04
  • キナウル

    4年前にキナウル・スピティのエリアには行ったことがあったが、そのときはスピティを旅行の中心に据えていたため、キナウルはほぼ通過に近い状態であった。そのため、今回改めて、そのときに行くことが出来なったキ...

    2009/04/25~2009/05/06
  • マルハ谷トレッキング

    3度目のラダック。次に行くならマルハ谷トレッキングをしようと思っていたところ、時間的にも余裕があったので今回挑戦してみた。トレッキングのシーズンはほぼ終わりで、そのような時期的なものものもあったのかも...

    2008/10/11~2008/10/21
  • シッキム

    以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュ...

    2008/04/25~2008/05/05
  • 下ラダックトレッキング

    2003年にラダックを2ヶ月弱に渡って楽しんできたが、今回は前回行きそびれたところをゆっくりと歩きながら旅行しようと思って企画した。年末年始の休みは限られているため、面白そうな村が集まっていそうな狭い...

    2006/12/23~2007/01/03
  • ランタントレッキング

    今回選んだのはネパールのランタントレッキング。実はこのエリアのトレッキングを5年前に行っているのだけれど、当時は雨季であったため山はあまり望めず、さらには初!高山病でボロボロ(高山病にかかっていること...

    2005/12/29~2006/01/09
  • スピティ・キナウル

    ...

    2005/04/29~2005/05/10
  • アンナプルナトレッキング

    今回の旅行の目的は前回のインド旅行に引き続きヒマラヤの山々を眺めてくること。幸いにも会社を2週間休めたこともあり、少なくても2週間無いといけないような場所の候補をロンプラのトレッキングのガイドブックの...

    2004/12/23~2005/01/05
  • ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナース

    今回の旅行の目的はヒマラヤの山々を眺めてくること。出発の1ヶ月前くらいから地図を買ったりして旅行先のルート確認などをやっていた。今回もトレッキングを行い雪を被った神々しい山々を身近に眺めようと思ったけ...

    2004/09/17~2004/09/26
  • フンザ

    今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。 ただ、目的地のフン...

    2011/04/29~2011/05/09
  • ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)

    ガンジス川の源頭部を祀ったヒンドゥー教の聖地ゴームク。子供の頃にTVで見て以来憧れの場所だったのだが歩き方にも載らないほど辺鄙なヒマラヤ山中、夏はモンスーンで山中の道路が崩壊し10月半ばを過ぎると雪に...

    2011/04/30~2011/05/08
  • ラダック

    ラダックは「小チベット」とも言われており、チベット文化圏のなかでもっとも西に位置している。前回行った中国・四川省はチベット文化圏の東の端となる。中国共産党政権下で文化の圧搾にあったチベット本土に対して...

    2003/02/27~2003/03/27
  • スリランカ

    今回のG.W.の休みが、それほど長くなかったため、この短い期間で楽しめそうと思いついたのが、この小さな島国。でも、調べてみて分かったことは、世界遺産や豊かな自然など見所があまりに多いこと。なかなか来る...

    2012/04/27~2012/05/06
  • アンナプルナ内院

    5年ぶりのネパール(5年前はカラパタールへトレッキング、バグタプル、ナガルコット観光)。今回のメインはアンナプルナ内院トレッキング。アンナプルナ・ベース・キャンプ(Annnapurna Base Ca...

    2013/12/21~2014/01/04
  • スリランカ

    8月9日から17日まで職場の夏休み。当初の計画は北アルプスの山登りだったが、台風が近付いており天気予報は雨。全国的に天気が悪そうなので、急遽、海外脱出を検討。いくつかの候補から、夏休みを丸々使えるフラ...

    2014/08/09~2014/08/17
  • タマンヘリテイジトレイル

    ...

    2014/12/26~2015/01/04
^