アナトリア東部、カッパドキア、イスタンブール

エリア・国中東 (トルコ)
宿泊地(宿)ギョレメ (ANATOLIA CAVE PENSION)
日付2011/09/22(金) (7日目/10日間)
旅行者

HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

カイセリ到着

夜中の3時くらいにカイセリに到着。

ここからネヴィシェヒルへのバスは、6時発が始発なので、ターミナルの中にあるカフェでチャイを飲みながら、時間を潰す。カイセリからネビシェヒルは10TL。

ネヴィシェヒル

カイセリから、ネヴィシェヒルまでは、40分ほど。

ネヴィシェヒルで、カッパドキアまでのチケットを探そうとすると、寄ってくるわ、客引きが。今までのドウバヤズットなどの東部エリアと違い、どいつもこいつも怪しい感じがする。

とりあえず、この場所からは離れたくて、普通のローカルバスで、カッパドキアまで行くことに。

カッパドキア直通はそれほど多く走っていないようだったので、現地の人が「センター」とか言っているところにひとまずローカルバスで行き、そこでバスを乗り換えて、カッパドキアまで行くことにした。

8時25分、ローカルバスでネヴィシェヒルを離れる。

その「センター」。一体ここがどこなのかわからず。

20分ほど、待っていると、ギョレメ行きという白いバスが来たので、それに乗り込む。2TL。

ギョレメ到着

9時25分到着。オトガルで、バスを降ろされ、そこから、宿さがし。今までのエリアとは違い、日本人もちらほら見かける。

アナトリア・ケーブ・ペンション

イスタンブールの例から、ダメ元で、歩き方の一番上に載っていたアナトリアに行って見ることに。

中に入り、おじさんに洞窟部屋は空いているかどうか、尋ねてみると、空いているというので、少々高かったが、ここに決定。90TL。

宿では、明日のデリンクユの地下都市やウフララ渓谷を巡るグリーンツアーと気球のツアーを申し込む。グリーンツアーは70TL。気球ツアーは110ユーロ。

部屋の中は、こんな感じ。綺麗。シャワー、トイレ付き。

お金も底をつきかけてきていたので、宿近くのPTTで両替。300ドル→532.35TL。

また、ギョレメからイスタンブールまでのバスチケットも買っておいた。60TL。

昼食

キョフテサンド。

宿近くにあったレストラン。2階がオープンカフェになっている。今まで通ってきた場所とは違って、小洒落た店が多い。

土産物屋。

ギョレメ屋外博物館へ

腹を満たした後は、ギョレメの屋外博物館へ。歩いて行ってもそれほど遠くはない。

15TLのチケットを買って中へ。すごい人の数だ。

洞窟に入るのに順番待ちをしている。ちょっとうんざり。

カランルク・キセリ

屋外博物館の一番奥にある、別名、暗闇の教会。ここに入るのに8TL、また、取られる。確かに、色彩の鮮明さ、保存状態の良さは、他の洞窟とは違うので一見の価値はある。

帰り際に、トカル・キセリに行こうとしたら、停電で中に入れず。運が悪い。

ショートトレッキングへ

屋外博物館から、ウチヒサルまで、ショートトレッキング。

途中から、雨がぱらついてしまったが、その時は、洞窟で一休みするなど、ゆっくりとしたトレッキング。

洞窟の中から。

チャイ屋

最後のほうは、雨が強くなり、逃げこむようにチャイ屋へ。チャイを頼むが、3TLと激高。でも、しょうがない。雨宿り代を兼ねて支払う。

雨が止んだ後、ウチヒサルへ。

どこから登れるのかよくわからず(奥まで遠回りするのが通常ルートのようだ)、そのへんをよじ登る。

内部は迷路のようになっており、正直言って、屋外博物館より楽しい。中には、教会などもある。

地元の少年は、あちらこちらの部屋から顔を出していたが、どうしたら、その部屋までいけるのかは、最後までわからなかった。秘密の道があったのだろうか。

ウチヒサルの反対側に抜けると、可愛らしいキノコ岩が並んでいたので、記念撮影。

きのこの間を通り、ギョレメに帰る。

ギョレメの夜

ウチヒサルから歩いて、ギョレメの街まで戻る。結構な距離。着いたときには、真っ暗。

夕食

夕食は、これまた歩き方に載っているギョレメレストラン。

ポッタリー・ケバブ

この辺の名物らしいので、ポッタリー・ケバブを頼む。お兄さんが、素焼きの入れ物を割ってくれる。

あとは、トマトのチーズ焼きとか。計28TL。

HOME | 概要 クアラルンプール→イスタンブール イスタンブール トラブゾン カルス ドウバヤズット ドウバヤズット→シーバス→カイセリ ギョレメ ギョレメ→イスタンブール イスタンブール→成田 イスタンブール→成田

関連旅行記録

  • アナトリア南東部,カッパドキア,イスタンブール

    2010年の夏は珍しく奥さんと長期休暇が合ったので奥さんの願いを叶えてトルコへ。とは言っても実は私はトルコは2回目なので前回行きそびれたアナトリア南東部に狙いを定める。ディヤルバクルを中心としたこのエ...

    2010/08/06~2010/08/17
  • イスラエル

    旅行友達のほぼすべてが推薦する国。いろいろと問題を抱えるのは、多くの遺産を持っているから。見どころは満載。ここにある世界遺産はどれも一級品。いや、ここにある世界遺産はまだ遺産ではないかもしれない。とい...

    2017/08/11~2017/08/20
^