アンナプルナ内院

エリア・国南アジア (ネパール)
宿泊地(宿)昆明 (雲南錦華国際酒店(Yunnan Kingworld International Hotel))
日付2013/12/21(土) (1日目/15日間)
旅行者

HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

羽田から関空へ

今回購入したカトマンズ行きの中国東方航空の航空券は関西空港(関空)発。自宅最寄りの羽田空港から関空までは、スターフライヤー航空(全日空と共同運航)を利用。羽田に向かっている予定していた機材が落雷に遭ったとのことで、急遽機材を変更しなければならなくなったため、遅れが生じ、13:25関空到着予定が、14:00過ぎに。国際線との乗り換え時間(16:50発)に余裕があったので、大きな問題とはならなかった。

静岡県上空。右側の雲がかかっているところに、富士山が頭を出している。
羽田-関空は右側の展望が良い。

関空から上海へ

関西空港16:50発予定の中国東方航空(MU)748便は、搭乗がスムーズに済んだためか、予定より5分早く16:45に動き始め、16:56に離陸。シートピッチは足を余裕で組めるくらいの幅がある。しかし映画や音楽といったエンターテイメントは何もない。天井からぶら下がっている共有の小さなモニターに海外版ドッキリカメラみたいなのが流れていたけど、画面が小さくて、良く見えない。

関西空港に駐機している中国東方航空機。なんとなくレトロなデザイン。

上海には18:20着の予定のところ、ほぼ定刻の18:30(日本時間の19:30)頃到着。飛行機からタラップ(階段)を降りて、バスで到着口まで移動。到着口の建物に入ってすぐのところでは、昆明(クンミン)のボードを持った係員が「クンミン、クンミン」と連呼して、昆明行きの乗客を集めている。上海から昆明に向かう客は、ここで搭乗口が記載された搭乗券を受け取り、トランジット客を示すステッカーを服に貼り付けられる。この時、係員は手持ちのリストで昆明行きの乗客をチェック。昆明行きの乗客が全員集まってから集団行動で入国審査場へ向かう。入国審査はもちろん各自バラバラに行うのだが、入国審査場のすぐ先のスペースで、同じ係員が、またさっきと同じようにボードを掲げ「クンミン、クンミン」を連呼して、昆明行きの乗客を再度集める。先程配られた搭乗券の座席番号を係員が一人一人確認に来て、全員集まったところで、次はトランジット客専用の保安検査場に向かう。保安検査場の先が出発ロビーになっており、ここからは個人行動。到着口に着いてから出発ロビーに辿り着くまでの所要時間は40分程度。これら一連の動きは「地球の歩き方」やWEBサイトの情報で予習していたので、特に戸惑うことはなかった。

バスから降りた先の到着口付近に集まる昆明行きの人達。搭乗券の配付(乗客チェック)は列に並ばず、係員に客が群がる形で行われる。全員に配付し終わるまで、ここで待たされるので、係員になかなか近付けなくても焦る必要はない。

昆明行きの搭乗券。便名(関西-上海間と同じ748便)や搭乗口が記載されている。NO.の欄には座席番号(41J)。関西-上海と同じ席が割り当てられる。

上海から昆明へ

昆明行きの機材は先程と同じで、キャビンアテンダントも同じ顔ぶれ。先述したように座席も先程と同じ。上海で降りた、あるいは昆明以外の行き先だった乗客の席には、ここから昆明に向かう乗客が座ることになる(成田や中部空港から乗った昆明行きの客もここで合流)。上海21:05発の飛行機は20:56に動き始め、21:03に離陸し、昆明には予定通りの0:40頃到着。タラップを降り、到着口までバスで移動するのだが、国際線として上海経由で来た客と国内線として上海から乗った客とで別々のバスに乗ることになる。国際線組と国内線組は別々の到着口へ移動するようだ。到着口へ移動後、入国手続きは既に上海で済ませているので、ここではない。国際線専用のターンテーブルで荷物をピックアップし、外へ出る。

昆明空港にて。飛行機の外に出ると、深夜なので結構寒い。

昆明空港から昆明市街へ

空港から昆明市街へはバスで移動。本来ならバスに乗る前に中国通貨(人民元)への両替をする必要があるが、以前中国へ行った時に余った人民元が150元くらいあり(バス代は25元)、空港で両替すると手数料が高いとの事前情報があったので両替はせず。私と同じ便に乗っていた人に、後で聞いた話によると、開いている両替屋が見つからず、人民元なしでタクシーで移動。移動先のホテルで両替してもらい、タクシー代を払ったとのこと。別のある人は、空港での両替手数料が高いと聞いていたので、日本である程度の人民元を両替したおいたそうだ。他にも空港内のATMでキャッシングする方法もあり。

空港出口付近。この後方が国内線乗客の出口になっている。この時点で1:16。

国際線出口を出ると目の前にバスが停まっている。私は、昆明駅近くの錦江大酒店(Jinjiang Hotel)行きの2号線に乗る必要がある。バスには中国語の表記しかされておらず、どこ行きかは分からない。バスの運転手に2号線(Jinjiang Hotel行き)か確かめてから乗ろうと思ったが、運転席には誰もいない。ただ、深夜のこの時間に運行しているのは、2号線だけとの事前情報があったので、このバスが2号線だと思い乗り込む。座席に座り、約1分経過。やはり不安なので、車内にいた人に確かめたところ、どうやら違うらしく、向こうの方だと教えてもらう。バスを降り、教えてもらった方へ100m程度移動すると(国内線出口付近)、バスが何台か停まっている。その辺にいた係員ぽい人に確認すると、このバスだと教えてくれ、また、すぐ近くにある小さなブースを指差し、チケットを購入してくるよう促される。

国際線出口前に停まっていたバス。バスの車体には「场内穿梭巴士」と書いてあり、帰国後意味を確かめると「場内シャトルバス」らしい。

これが錦江大酒店行きの2号線のバス。

空港から40分弱で錦江大酒店(Jinjiang Hotel)前に到着。途中、2回停留所(泰麗酒店前と佳路達酒店前)があった。車内アナウンスはよく分からず、ほとんどの乗客が降りたので、ここが錦江大酒店(Jinjiang Hotel)前だと直感。バスの進行方向右側の背の高いビルが錦江大酒店(Jinjiang Hotel)。進行方向の数100m行った先には昆明駅(昆明站)が見えた。ここが終点かと思っていたが、数名の乗客を乗せたままバスは昆明駅の方向へ走り去っていった。

錦江大酒店(Jinjiang Hotel)前のバスを降りた地点。右側の建物が錦江大酒店(Jinjiang Hotel)。その先の高い建物が、日本から予約していた雲南錦華国際酒店(Yunnan Kingworld International Hotel)。正面の建物に赤い文字で(一部しか点灯していない文字列の下の方)「云南锦华国际酒店」と書いてある。
この通りを数100m進んだ先に昆明駅がある。

2:00過ぎにチェックイン。渡された部屋番号が書かれたカードを見ると「7階 724」の手書き文字。エレベーターで7階に移動するが、そこは小さなスペースで部屋も少なく724号室が見つからない。外へつながるドアもあったが鍵がかかっており先に進めない。私より先にチェックインした日本人も部屋を探すが見つからないとのこと。フロントに戻り、確かめたところ「7階 724」と読めた数字が実は「11階 1124」であることが判明。私も、もう一人の日本人も「11」を「7」と読み、7階で部屋を探していたことになる。

これがチェックイン時に渡された部屋番号のカード。
よく見ると、一番下に「千旅晨酒店连锁 QIAINLVCHEN HOTEL」の文字が・・・
でも、チェックインしたのは間違いなく雲南錦華国際酒店(Yunnan Kingworld International Hotel)。

HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

関連旅行記録

  • トロンパス越えトレッキング

    アンナプルナのナヤプルからムクティナートへ続くルートのトレッキングは2004年に経験した。その時見た広大な風景の素晴らしさを忘れることができず、当時は、時間的な制約から行くことができなかったムクティナ...

    2010/12/28~2011/01/10
  • コンスキ峠トレッキング

    短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから...

    2009/10/03~2009/10/11
  • エベレスト街道

    以前から行きたいと思っていたカラパタールまでのエベレスト街道。テレビや本などでは、何度も目にしていた場所ではあったけど、やはり自分の目で見て、歩いてみたかった。ここのトレッキングルートは距離が長く、あ...

    2008/12/20~2009/01/04
  • キナウル

    4年前にキナウル・スピティのエリアには行ったことがあったが、そのときはスピティを旅行の中心に据えていたため、キナウルはほぼ通過に近い状態であった。そのため、今回改めて、そのときに行くことが出来なったキ...

    2009/04/25~2009/05/06
  • マルハ谷トレッキング

    3度目のラダック。次に行くならマルハ谷トレッキングをしようと思っていたところ、時間的にも余裕があったので今回挑戦してみた。トレッキングのシーズンはほぼ終わりで、そのような時期的なものものもあったのかも...

    2008/10/11~2008/10/21
  • シッキム

    以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュ...

    2008/04/25~2008/05/05
  • 下ラダックトレッキング

    2003年にラダックを2ヶ月弱に渡って楽しんできたが、今回は前回行きそびれたところをゆっくりと歩きながら旅行しようと思って企画した。年末年始の休みは限られているため、面白そうな村が集まっていそうな狭い...

    2006/12/23~2007/01/03
  • ランタントレッキング

    今回選んだのはネパールのランタントレッキング。実はこのエリアのトレッキングを5年前に行っているのだけれど、当時は雨季であったため山はあまり望めず、さらには初!高山病でボロボロ(高山病にかかっていること...

    2005/12/29~2006/01/09
  • スピティ・キナウル

    ...

    2005/04/29~2005/05/10
  • アンナプルナトレッキング

    今回の旅行の目的は前回のインド旅行に引き続きヒマラヤの山々を眺めてくること。幸いにも会社を2週間休めたこともあり、少なくても2週間無いといけないような場所の候補をロンプラのトレッキングのガイドブックの...

    2004/12/23~2005/01/05
  • ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナース

    今回の旅行の目的はヒマラヤの山々を眺めてくること。出発の1ヶ月前くらいから地図を買ったりして旅行先のルート確認などをやっていた。今回もトレッキングを行い雪を被った神々しい山々を身近に眺めようと思ったけ...

    2004/09/17~2004/09/26
  • フンザ

    今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。 ただ、目的地のフン...

    2011/04/29~2011/05/09
  • ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)

    ガンジス川の源頭部を祀ったヒンドゥー教の聖地ゴームク。子供の頃にTVで見て以来憧れの場所だったのだが歩き方にも載らないほど辺鄙なヒマラヤ山中、夏はモンスーンで山中の道路が崩壊し10月半ばを過ぎると雪に...

    2011/04/30~2011/05/08
  • ラダック

    ラダックは「小チベット」とも言われており、チベット文化圏のなかでもっとも西に位置している。前回行った中国・四川省はチベット文化圏の東の端となる。中国共産党政権下で文化の圧搾にあったチベット本土に対して...

    2003/02/27~2003/03/27
  • スリランカ

    今回のG.W.の休みが、それほど長くなかったため、この短い期間で楽しめそうと思いついたのが、この小さな島国。でも、調べてみて分かったことは、世界遺産や豊かな自然など見所があまりに多いこと。なかなか来る...

    2012/04/27~2012/05/06
  • コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラム

    当初は、マナリからスピティ方面に行くつもりだったが、出発の一週間前になって、キングフィッシャーのクル(kulu)行きの飛行機がキャンセルに。それで、今まで行ったことのなかった南インドに行き先を急遽変更...

    2012/09/14~2012/09/23
  • スリランカ

    8月9日から17日まで職場の夏休み。当初の計画は北アルプスの山登りだったが、台風が近付いており天気予報は雨。全国的に天気が悪そうなので、急遽、海外脱出を検討。いくつかの候補から、夏休みを丸々使えるフラ...

    2014/08/09~2014/08/17
  • タマンヘリテイジトレイル

    ...

    2014/12/26~2015/01/04
^