アンナプルナ内院

エリア・国南アジア (ネパール)
宿泊地(宿)ヒマラヤホテル (HIMALAYA HOTEL)
日付2013/12/25(土) (5日目/15日間)
旅行者

HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

アンナプルナ内院トレッキング2日目 ジヌー~ヒマラヤホテル

日の出前の朝6:15に起床。荷造りをし、6:30頃には朝食をオーダー。私が一番乗りのようだ。今日もできるだけ距離を稼ぎたいので、7:00過ぎには宿を出発したい。

注文したグルン・ブレッドの生地を延ばすグルン族の青年。昨日、温泉の料金所の受付をしていたのも彼だった。

注文してから約20分でグルン・ブレッド(蜂蜜付きで220ルピー)とミルクティー(1ℓ 200ルピー)、その後10数分で、もう1品頼んでいたチキン・フライド・ヌードル(360ルピー)が出てきた。ミルクティーの余った分は、ペットボトルに入れて行動用に。

6:50、朝焼けのアンナプルナサウス。

ジヌーを7:35に出発、この先のチョムロンまでは急坂を登ることになる。35分程登った所で、いつの間にか田んぼの畦道みたいな所にでる。どうやら道を間違えたらしい。どこで間違えたか記憶にはない。目の前の景色も良く、目指すチョムロンの方角は感覚的に分かっていたので、このまま進むことにする(通常なら戻るのが正解)。すぐ先に村人がいたので、チョムロンはどの道を行けばいいか尋ねると、やはり、この道を戻った方を指す。しかし、このまま進行方向右後ろ方面に登っていっても辿りつけるらしい。

道を間違えたと気付いた所付近からの前方の風景。チョムロンは右後方の山の斜面の上辺り。

民家の庭先も通りながら、細い生活道を登っていくと、程なく正しい道に合流。

竹を鎌で平たく削っている。これを編んで籠なんかを作るのかな。

チョムロン(2170mの最高地点付近)には8:45過ぎに到着。ここで一休み。

今日はクリスマス(12月25日)。この日、サンタの帽子を被ったトレッカーを何組か見かけた。

チョムロンからの展望。右上にマチャプチャレ、左上にアンナプルナサウス、右下にシヌワの集落が見える。
この後、右の谷間を歩くことになる。

チョムロンからは急な下り坂。

下っている途中の勾配が緩やかになった集落地帯にショップがある。ここの商品は良心的な値段。

瓶コーラ250mlで60ルピー。ここで約10分休憩。山歩きの際は無性にコーラが欲しくなる。体が糖分を求めているのだろう。ちなみに缶の方は300mlで125ルピー。瓶コーラ2本500mlで120ルピーなので、絶対こちらの方がお得。

トレッキングロード(兼生活道)に面した店だが、集落の一角の立地で、地元の利用者も多いようだ。

店はトレッキングロードに屋根がついた、こんなアーケード風になっている(この写真は店を通り過ぎた場所から写したもの)。この数分先にも似たようなアーケード風のショップがある(帰りに寄ることになる)。

集落沿いの石段の坂を下り、やがて集落がなくなり、さらに下っていくと橋がある。チョムロン最高地点からの標高差は約350m。橋を渡った後は、これまた急坂を登り返すことになる。

橋から20分程登ると家があるが、ここはまだシヌワではない。ここから少し下りになり、田畑が広がり民家が点在する開けた地帯に出る。ここを抜けて登った先がシヌワ。トレッカー用のロッジ・レストランが立ち並ぶ。

シヌワの集落。チョムロン最高地点からここまで約1時間半。

シヌワからチョムロン方面。左上から右下へと下ってきた。渡った橋は右下画面外の方角。

シヌワで約15分休憩し、さらに40分弱登ると、向こう側の展望が開けた小ピークに出る。ここにもトレッカー用のロッジ・レストランが数件。看板には「REAL SINUWA HILL 2340M」の文字が。ここで行動食を食べながら20分休憩。フィルターウォーター(1ℓ 100ルピー)も補給。

REAL SINUWA HILLからの前方の展望。赤丸がこの後に通過するドバン。

コース上のトレッカー用ロッジがある集落には、こういった地図と区間ごとの所要時間が書かれた看板がある。ただし、所要時間は集落(看板)によって同じ登り(あるいは下り)でも異なる場合がある。

11:45に出発。樹林帯で展望がなくなる区間もあるが、展望のある所ではマチャプチャレの双耳峰が綺麗に見える。

クルディガル(2540m)まで登り、そこから先の急坂を下り13:00にバンブー(2310m)に到着。ここでも行動食をとり15分程休憩。

バンブーから先も樹林帯が続く。やがて展望が開け、バンブーから1時間弱でドバン(2600m)に到着。

ドバン到着の時点で14:10。ドバンからヒマラヤホテルまでは1時間半、その先のデウラリまではさらに1時間以上かかる。日の入りが17:00過ぎなので頑張ればデウラリまで行けるが、結構疲れたので、今日はヒマラヤホテルまでにすることにし、約20分休憩。

デウラリの看板の所要時間は、ドバンからヒマラヤホテルまでが1時間半、ヒマラヤホテルからデウラリまでが1時間となっている。シヌワの看板では、ドバンからヒマラヤホテルまでが1時間半、ヒマラヤホテルからデウラリまでが1時間45分となっていた。さらにこの先のヒマラヤホテルの看板ではデウラリまで2時間となっていた。

ドバンからも樹林帯が続く。

展望の開けた地点から。前方にヒマラヤホテルが見える。この先もマチャプチャレ・ベース・キャンプ(M.B.C.)まで、モディ・コーラ沿いの谷を歩いて行くことになる。

ドバン-ヒマラヤホテル間で雪が積もっている箇所がちらほら出てくる。ヒマラヤホテルの直前では、トレッキングコース上にも雪が積もっている所があり、写真の地点は下り坂だったので、注意して下る。でも、この先、コース上にここまで雪が積もっている箇所はほとんどなかった。

16:00ぴったりにヒマラヤホテル(2900m)に到着。ドバンからちょうど1時間半かかった。

夕食はガーリックスープ(250ルピー)とエッグ・フライド・ヌードル(430ルピー)を頼むが高山病が発症してきたのか、食欲がなく、半分以上残してしまった。

HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

関連旅行記録

  • トロンパス越えトレッキング

    アンナプルナのナヤプルからムクティナートへ続くルートのトレッキングは2004年に経験した。その時見た広大な風景の素晴らしさを忘れることができず、当時は、時間的な制約から行くことができなかったムクティナ...

    2010/12/28~2011/01/10
  • コンスキ峠トレッキング

    短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから...

    2009/10/03~2009/10/11
  • エベレスト街道

    以前から行きたいと思っていたカラパタールまでのエベレスト街道。テレビや本などでは、何度も目にしていた場所ではあったけど、やはり自分の目で見て、歩いてみたかった。ここのトレッキングルートは距離が長く、あ...

    2008/12/20~2009/01/04
  • キナウル

    4年前にキナウル・スピティのエリアには行ったことがあったが、そのときはスピティを旅行の中心に据えていたため、キナウルはほぼ通過に近い状態であった。そのため、今回改めて、そのときに行くことが出来なったキ...

    2009/04/25~2009/05/06
  • マルハ谷トレッキング

    3度目のラダック。次に行くならマルハ谷トレッキングをしようと思っていたところ、時間的にも余裕があったので今回挑戦してみた。トレッキングのシーズンはほぼ終わりで、そのような時期的なものものもあったのかも...

    2008/10/11~2008/10/21
  • シッキム

    以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュ...

    2008/04/25~2008/05/05
  • 下ラダックトレッキング

    2003年にラダックを2ヶ月弱に渡って楽しんできたが、今回は前回行きそびれたところをゆっくりと歩きながら旅行しようと思って企画した。年末年始の休みは限られているため、面白そうな村が集まっていそうな狭い...

    2006/12/23~2007/01/03
  • ランタントレッキング

    今回選んだのはネパールのランタントレッキング。実はこのエリアのトレッキングを5年前に行っているのだけれど、当時は雨季であったため山はあまり望めず、さらには初!高山病でボロボロ(高山病にかかっていること...

    2005/12/29~2006/01/09
  • スピティ・キナウル

    ...

    2005/04/29~2005/05/10
  • アンナプルナトレッキング

    今回の旅行の目的は前回のインド旅行に引き続きヒマラヤの山々を眺めてくること。幸いにも会社を2週間休めたこともあり、少なくても2週間無いといけないような場所の候補をロンプラのトレッキングのガイドブックの...

    2004/12/23~2005/01/05
  • ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナース

    今回の旅行の目的はヒマラヤの山々を眺めてくること。出発の1ヶ月前くらいから地図を買ったりして旅行先のルート確認などをやっていた。今回もトレッキングを行い雪を被った神々しい山々を身近に眺めようと思ったけ...

    2004/09/17~2004/09/26
  • フンザ

    今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。 ただ、目的地のフン...

    2011/04/29~2011/05/09
  • ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)

    ガンジス川の源頭部を祀ったヒンドゥー教の聖地ゴームク。子供の頃にTVで見て以来憧れの場所だったのだが歩き方にも載らないほど辺鄙なヒマラヤ山中、夏はモンスーンで山中の道路が崩壊し10月半ばを過ぎると雪に...

    2011/04/30~2011/05/08
  • ラダック

    ラダックは「小チベット」とも言われており、チベット文化圏のなかでもっとも西に位置している。前回行った中国・四川省はチベット文化圏の東の端となる。中国共産党政権下で文化の圧搾にあったチベット本土に対して...

    2003/02/27~2003/03/27
  • スリランカ

    今回のG.W.の休みが、それほど長くなかったため、この短い期間で楽しめそうと思いついたのが、この小さな島国。でも、調べてみて分かったことは、世界遺産や豊かな自然など見所があまりに多いこと。なかなか来る...

    2012/04/27~2012/05/06
  • コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラム

    当初は、マナリからスピティ方面に行くつもりだったが、出発の一週間前になって、キングフィッシャーのクル(kulu)行きの飛行機がキャンセルに。それで、今まで行ったことのなかった南インドに行き先を急遽変更...

    2012/09/14~2012/09/23
  • スリランカ

    8月9日から17日まで職場の夏休み。当初の計画は北アルプスの山登りだったが、台風が近付いており天気予報は雨。全国的に天気が悪そうなので、急遽、海外脱出を検討。いくつかの候補から、夏休みを丸々使えるフラ...

    2014/08/09~2014/08/17
  • タマンヘリテイジトレイル

    ...

    2014/12/26~2015/01/04
^