アンナプルナ内院

エリア・国南アジア (ネパール)
宿泊地(宿)シヌワ (SINUWA LODGE)
日付2013/12/27(土) (7日目/15日間)
旅行者

HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

アンナプルナ内院トレッキング4日目 アンナプルナ・ベース・キャンプ(A.B.C.)~シヌワ

朝6:00過ぎ、自然と目が覚めまどろんでいると、同室の人達が起き始めたので目覚まし時計が鳴る前に自分も起きる。胃もたれ、頭痛もなく体調は良好。室内の気温は2℃。冬用寝袋に服を着込んで寝たので、寝ている時に寒さは感じなかった。寝袋を出ると、さすがに寒く、さらに服を着込む。6:30前、外に出て宿の近くの丘に上がる。気温は-5℃。といっても服を着込んで、手袋、耳当て付き帽子を被っているので、そこまで寒さを感じない。待つこと約20分。6:49に一番標高の高いアンナプルナⅠ峰の山頂付近に朝日が当たりだし、徐々に朝日の当たる面積が広がってくる。

6:52、朝日を浴びるアンナプルナⅠ峰(右端)とアンナプルナサウス(左端)。

アンナプルナサウス山頂直下、左側の氷雪地帯。

アンナプルナⅠ峰。

6:53、氷河の谷とアンナプルナⅠ峰。

6:54頃が山肌に朝日が当たるピークで、朝日が雲に隠され始めたらしく、徐々に山肌に当たる光が弱くなってきて、やがて、すっかり朝日が当たらなくなってしまった。

7:00、氷河の谷とアンナプルナⅠ峰。
山の一部に直射日光が当たっていると写真の景色に明暗が表れるが(光が当たっている所に合わせると当たっていない所が暗くなり、光が当たっていない所に合わせると当たっている所が白くなる)、全てに当たらなければ、全体が均一の光の加減になるので、これはこれでいい。でも、日が当たってないと寒々しい感じは否めない。

上の写真を撮った後、再び朝日が当たりだす。

7:07、氷河の谷の暗さとの対比で、直射日光の当たったアンナプルナⅠ峰が眩しいくらいに輝いて見える。

これは9:14の写真。氷河の谷底にも直射日光が当たると、こんな感じになる。やはり、3つ上の写真のように、日が全く当たってないより、全体に当たっている方が生き生きと感じる。

7:25には宿に戻り、朝食のヌードル・スープ(275ルピー)を注文。7:50頃に運ばれてきた、袋ラーメン風のヌードル・スープを食べる。日の出時間から既に1時間近く経過しており、周囲はすっかり明るくなっているが、この付近にはまだ日が射してこない。出発するトレッカーが何人もいるが、私は、上の写真のような、氷河の谷の底まで日が当たった風景を見たかった(撮りたかった)ので、急がない。8:15過ぎにやっと現れたご来光を拝み、部屋に戻ってゆっくり時間をかけて荷造りをしてから、十分に日が射すようになったA.B.C.付近を散策。

8:17、マチャプチャレの稜線からお日様登場。

アンナプルナサウス。昨日午後の日が当たっていない時よりも、断然こちらの方がくっきり写っていて、いい。

アンナプルナⅠ峰、右肩の稜線に見えたヒマラヤ襞。

氷河の谷越しに見えるテントピーク(5695m)。

展望のいいモレーンの丘の上で約1時間過ごし、9:32にA.B.C.を出発。できれば、今日はチョムロンまで行きたいが、この時間の出発では、ちょっと無理そうか。

A.B.C.からM.B.C.(マチャプチャレベースキャンプ)までの下りの途中で。A.B.C.方面。

この時間、下りのマチャプチャレ方面は逆光になる(右上の画面外に太陽がある)。

A.B.C.からM.B.C.まで快調に下る。途中、足首を軽くひねる。痛みが残る程ではなかったが、ここでケガしたら、下手するとヘリコプターのお世話になってしまうので、気を引き締めて下る。それでもペースが落ちることはなく、先行していた昨晩同室の中国人カップルをサクッと追い越し、A.B.C.から約50分の10:23にM.B.C.に到着。約15分休憩し、10:37に出発。

M.B.C.からデウラリへの下り。昨日登ってきたモディ・コーラ沿いの谷を下る。

デウラリには11:47に到着し、11:54に出発。ヒマラヤホテルには12:53に到着し、13:04に出発。ヒマラヤホテルからドバンへの途中で、休憩から再び歩き出すポーター一行に追い付き、ポーター一行の後ろにくっつき、ドバンまで彼らをペースメーカーにして歩く。

こんなに荷物を背負っているのに、さすがにポーターは歩くのが早い。なんとか彼らに付いていき、13:55ドバンに到着。

ドバンからまた一人歩き。出国1週間前の日帰り登山とこの3日間のトレッキングの成果か、普段下りで疲れがたまる膝、太もも共に問題ない。この調子なら、さすがにチョムロンまで行くには時間が足りなそうだが、シヌワまでは行けそうだ。
ドバン-バンブー間も快調に進み、バンブーには14:40に到着。この先は急な登りがあるので、行動食で糖分補給をし、14:52に出発。

ドバン-バンブー間の道。バンブー周辺に限らずだが、このルートでは竹をよく見かける。

バンブー-シヌワ間から見えるマチャプチャレ。右側の稜線が手前の山に隠されてしまうが、山頂付近の形は、この辺りから見ると魚の尻尾のように整っている。

シヌワ上部(REAL SINUWA HILL)には16:12に到着。ここから数十分下った先にもシヌワの集落はあるが、展望が良く、ヒマラヤホテルで同室だったスティーブがいたこともあり、ここで宿泊することにする。

今日もまた夕景観賞。17:20、マチャプチャレ(右)とヒウンチュリ(左)。

夕日が当たったマチャプチャレ。

夕食は、ヒマラヤホテルに続き今回も同室のスティーブと彼のガイド、そしてこれまたヒマラヤホテルで会った、中国系のアメリカ人女性とそのガイド、ポーターの6人で食べる。隣では韓国人と中国人の若者グループがトランプで大盛り上がりをしている。その後、中国人の一人が、自分の持っていたトランプを貸してくれて、ジャックのカード使った、いわゆるババ抜きをする。始め、なんと私が3連敗し、ジャパニーズ・スタイルということで、ジョーカーを使ってやるが、まさかの4連敗。負けた私は悔しいが、それで大いに盛り上がる。

トランプに興じているうちに、夜は更けてゆく。

HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

関連旅行記録

  • トロンパス越えトレッキング

    アンナプルナのナヤプルからムクティナートへ続くルートのトレッキングは2004年に経験した。その時見た広大な風景の素晴らしさを忘れることができず、当時は、時間的な制約から行くことができなかったムクティナ...

    2010/12/28~2011/01/10
  • コンスキ峠トレッキング

    短期間で行くなら、飛行機で入れるラダックだろうということで4度目のラダック旅行。ルートの選択もいろいろと悩んだが、短くても楽しめる場所ということで、ラマユルからスムダ・ドへのルートを選んだ。ワンラから...

    2009/10/03~2009/10/11
  • エベレスト街道

    以前から行きたいと思っていたカラパタールまでのエベレスト街道。テレビや本などでは、何度も目にしていた場所ではあったけど、やはり自分の目で見て、歩いてみたかった。ここのトレッキングルートは距離が長く、あ...

    2008/12/20~2009/01/04
  • キナウル

    4年前にキナウル・スピティのエリアには行ったことがあったが、そのときはスピティを旅行の中心に据えていたため、キナウルはほぼ通過に近い状態であった。そのため、今回改めて、そのときに行くことが出来なったキ...

    2009/04/25~2009/05/06
  • マルハ谷トレッキング

    3度目のラダック。次に行くならマルハ谷トレッキングをしようと思っていたところ、時間的にも余裕があったので今回挑戦してみた。トレッキングのシーズンはほぼ終わりで、そのような時期的なものものもあったのかも...

    2008/10/11~2008/10/21
  • シッキム

    以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュ...

    2008/04/25~2008/05/05
  • 下ラダックトレッキング

    2003年にラダックを2ヶ月弱に渡って楽しんできたが、今回は前回行きそびれたところをゆっくりと歩きながら旅行しようと思って企画した。年末年始の休みは限られているため、面白そうな村が集まっていそうな狭い...

    2006/12/23~2007/01/03
  • ランタントレッキング

    今回選んだのはネパールのランタントレッキング。実はこのエリアのトレッキングを5年前に行っているのだけれど、当時は雨季であったため山はあまり望めず、さらには初!高山病でボロボロ(高山病にかかっていること...

    2005/12/29~2006/01/09
  • スピティ・キナウル

    ...

    2005/04/29~2005/05/10
  • アンナプルナトレッキング

    今回の旅行の目的は前回のインド旅行に引き続きヒマラヤの山々を眺めてくること。幸いにも会社を2週間休めたこともあり、少なくても2週間無いといけないような場所の候補をロンプラのトレッキングのガイドブックの...

    2004/12/23~2005/01/05
  • ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナース

    今回の旅行の目的はヒマラヤの山々を眺めてくること。出発の1ヶ月前くらいから地図を買ったりして旅行先のルート確認などをやっていた。今回もトレッキングを行い雪を被った神々しい山々を身近に眺めようと思ったけ...

    2004/09/17~2004/09/26
  • フンザ

    今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。 ただ、目的地のフン...

    2011/04/29~2011/05/09
  • ウッタラカンド,ガンゴートリ,ゴームク (ガンジス川源流)

    ガンジス川の源頭部を祀ったヒンドゥー教の聖地ゴームク。子供の頃にTVで見て以来憧れの場所だったのだが歩き方にも載らないほど辺鄙なヒマラヤ山中、夏はモンスーンで山中の道路が崩壊し10月半ばを過ぎると雪に...

    2011/04/30~2011/05/08
  • ラダック

    ラダックは「小チベット」とも言われており、チベット文化圏のなかでもっとも西に位置している。前回行った中国・四川省はチベット文化圏の東の端となる。中国共産党政権下で文化の圧搾にあったチベット本土に対して...

    2003/02/27~2003/03/27
  • スリランカ

    今回のG.W.の休みが、それほど長くなかったため、この短い期間で楽しめそうと思いついたのが、この小さな島国。でも、調べてみて分かったことは、世界遺産や豊かな自然など見所があまりに多いこと。なかなか来る...

    2012/04/27~2012/05/06
  • コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラム

    当初は、マナリからスピティ方面に行くつもりだったが、出発の一週間前になって、キングフィッシャーのクル(kulu)行きの飛行機がキャンセルに。それで、今まで行ったことのなかった南インドに行き先を急遽変更...

    2012/09/14~2012/09/23
  • スリランカ

    8月9日から17日まで職場の夏休み。当初の計画は北アルプスの山登りだったが、台風が近付いており天気予報は雨。全国的に天気が悪そうなので、急遽、海外脱出を検討。いくつかの候補から、夏休みを丸々使えるフラ...

    2014/08/09~2014/08/17
  • タマンヘリテイジトレイル

    ...

    2014/12/26~2015/01/04
^