HOME | 概要

ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナースエリア:南アジア(インド) 日付:2004/09/19 (3/10)

Shivananda Ashuramと時計塔へ


宿前から30ルピーでアシュラムまで。





橋を渡り、参道を歩く。にぎやかな参道を通り過ぎたところから河原に出ることが出来たので、その河原に座って川を眺めていた。同様に川を眺めているサドゥーが3人ほどいた。山に囲まれた場所で緑が濃く木々の種類が多い感じ。雲が少し多い空を眺めながら、ジョシマスで山が見られるのかなーなんて考えていた。一方、目の前にいるサドゥーは瞑想しているのもいたし、川で洗濯していたのもいた。洗濯しているサドゥーなんてなんだか生活観あふれてかわいかった。



帰りは宿まで歩いて帰った。なかなかの距離があったけど、ゆっくりと街中を眺められたので良かった。歩いて帰らないととゆっくりと対岸から時計台などを眺めることは出来ない。宿についてから明日のバスチケット買いに長距離用のバスターミナルまで買いに行く。


夕暮れのTriveni Ghat


日が落ちかけていたところ再びガートへ。毎日行われているフェスティバルというものを見学。





HOME | 概要

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • きのこの間を通り、ギョレメに帰る。

    • そして同じく魯迅公園内にある魯迅記念館へ(8元)。ここに来ている人もほとんどが日本人。

    • Hidden Lake。 正に、こんなところに湖(というより池か)があったのかって感じ。

    • 正面に見えるのが、ジュマ・モスクのミナレット。こちらにも登れるらしいが、イスラーム・ホジャ・メドレセのミナレットに登るつもりでいたので、私は登らなかった。

    • デリーに到着したのは、18時。日本人の旅行者もそこそこいたが、ほとんど女の子。入国審査をして、荷物を受け取る。待合室に出る手前のトーマスクックで300ドルを両替するも、手数料などで1000ルピーくらい取られ、なんだか損した気分。以前もこんなに手数料とられたんだっけ?なので、300ドル→13000ルピー。


    • 聖ロヴロ大聖堂。只今、6:40。中に入れるのは8:00から(有料 25クーナ)。しばらく街歩きをする。

    • 屋上から見たガントクの夜景。雨が降る中、下のスタジアムではダージリンからのアイドルがコンサートをしていた。その音がここまで聞こえてきていた。