HOME | 概要

ウッタラカンド、ジョシマス、バドリナースエリア:南アジア(インド) 日付:2004/09/19 (3/10)

Shivananda Ashuramと時計塔へ


宿前から30ルピーでアシュラムまで。





橋を渡り、参道を歩く。にぎやかな参道を通り過ぎたところから河原に出ることが出来たので、その河原に座って川を眺めていた。同様に川を眺めているサドゥーが3人ほどいた。山に囲まれた場所で緑が濃く木々の種類が多い感じ。雲が少し多い空を眺めながら、ジョシマスで山が見られるのかなーなんて考えていた。一方、目の前にいるサドゥーは瞑想しているのもいたし、川で洗濯していたのもいた。洗濯しているサドゥーなんてなんだか生活観あふれてかわいかった。



帰りは宿まで歩いて帰った。なかなかの距離があったけど、ゆっくりと街中を眺められたので良かった。歩いて帰らないととゆっくりと対岸から時計台などを眺めることは出来ない。宿についてから明日のバスチケット買いに長距離用のバスターミナルまで買いに行く。


夕暮れのTriveni Ghat


日が落ちかけていたところ再びガートへ。毎日行われているフェスティバルというものを見学。





HOME | 概要

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ



    • 下山開始の約1時間後。雲が広がりだしてきた。さらに約1時間半弱でエル・チャルテンの町に到着。途中どちらもチャルテン方面に続く左右に分かれる分岐点があり、左を選択。こちらはマイナールートみたいで、誰とも会わなかった。バスの時間まで約1時間あったが、結構疲れたので、パンとファンタオレンジを買ってベンチで休憩。欲をいえば、あともう1泊して、もっと奥地まで歩きたかった。でも、フィッツロイもセロトーレも綺麗に見えて大満足。


    • 中はショッピングセンターになっている赤い建物。

    • 途中で、道路工事の手伝いに行くおばさん一人を拾ったので、彼女の工事現場で降ろす。



    • モモ屋。ラサ出身のおじさんのモモは素朴で美味しかった。