HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

アンナプルナ内院エリア:南アジア(ネパール) 期間:2013/12/21~2014/01/04

5年ぶりのネパール(5年前はカラパタールへトレッキング、バグタプル、ナガルコット観光)。今回のメインはアンナプルナ内院トレッキング。アンナプルナ・ベース・キャンプ(Annnapurna Base Camp=通称A.B.C.)を目指すのはもちろんのこと、プーンヒルも日程に組み込んだ。出国前から腰痛があり、高山病にかかる体質のため、不安要素はあったが、トレッキングを開始してから日に日に腰痛は回復し、高山病にはかかったが大した症状ではなく、無事7日間のトレッキングを終えることができた。感想としては、A.B.C.からの山岳風景は文句なしに素晴らしいが、デウラリ辺りまでは樹林帯が多く、また、バンブーからマチャプチャレ・ベース・キャンプ(Machapuchare Base Camp=通称M.B.C.)までは谷間を歩くことになるため、山岳展望全開のカラパタールへのトレッキングに比べると道中の山岳展望が劣ることは否めず、物足りなかった。
カトマンズ、ポカラ、キルティプル、パシュパティナート、パタンも観光。キルティプルは、それほど有名な観光地ではないが(「地球の歩き方」には紹介されている)古い街並みが残っており、落ち着いた雰囲気でなかなか良かった。パタンはカトマンズから日帰りでも行けるところを、カトマンズは5年前にも結構散策済みということもあり、パタンで1泊。24時間滞在したが、もっと時間が欲しいと思う程、数々の寺院見学、古い町並み散策、地元の人達との交流等々、充実した時を過ごせた。

費用

◎ネパール(航空券代除く)

約46000円(約41000ルピー)+25ドル(ビザ代) 1ネパールルピー1.06円


カトマンズ両替屋:10000円→9330ネパールルピー(1ルピー1.072円)、

カトマンズ両替屋:5000円→4600ルピー(1ルピー1.087円)

パタン両替屋:3000円→2730ルピー(1ルピー1.10円)

カトマンズATM:35000ルピー→36617円(400ルピーの手数料込み)+210円(1ルピー1.052円)

クレジットカード:1060ルピー→1128円(1ルピー1.064円)

※上記のうち10895ルピー(約11550円)を航空券代で使用


2000円(宿代の支払いで使用)



◎中国

77元+3310円+20ドル

元は以前中国で両替した時に余ったお金

航空券

往路

12/20 羽田12:05(スターフライヤー航空)13:25関西16:50(中国東方航空)18:20上海21:05(中国東方航空)0:40昆明

12/21 昆明14:25(中国東方航空)15:15カトマンズ

12/22 カトマンズ12:30(ブッダエアー)12:55ポカラ



復路

1/ 1 ポカラ9:50(ブッダエアー)10:15カトマンズ

1/ 4 カトマンズ16:05(中国東方航空)21:15昆明

1/ 5 昆明7:40(中国東方航空)10:45上海12:35(中国東方航空)15:40関西



航空券代


羽田-関西(片道) 

スターフライヤー航空 11670円

スターフライヤー航空のホームページから予約


関西-上海-昆明-カトマンズ

中国東方航空 総額:65290円

 航空券代:40300円(往路13000円、復路27300円)

 燃油代 :17320円

 その他 :7670円

中国東方航空のホームページから予約


カトマンズ-ポカラ 

ブッダ航空 総額:10895ルピー(108ドル相当)

 航空券代:86ドル

 燃油代 :20ドル

 空港使用料:200ルピー

FUJIホテルで予約


ポカラ-カトマンズ 

ブッダ航空 総額:106ドル

 航空券代:86ドル

 燃油代 :20ドル

Hotel Himalayan Innで予約

※カトマンズ-ポカラ間は、空港使用料も航空券購入時に支払ったが、ポカラ-カトマンズ間は、空港で支払う必要があった。

ビザ

ネパール

カトマンズ空港で入国審査時に取得

15日以内 25ドル

スケジュール

12/21昼  羽田から大阪(関空)へ飛行機で移動(約1時間半)

   夕方 大阪(関空)から上海へ飛行機で移動(約2時間半)

   夜  上海から昆明へ飛行機で移動(約3時間半)

   深夜 昆明着


12/22午前 昆明観光

   午後 昆明からカトマンズへ飛行機で移動(約3時間半)

   夕方 カトマンズ着


12/23午前 カトマンズ観光

   昼  カトマンズからポカラへ飛行機で移動(約30分)

   午後 ポカラ観光


12/24朝  ポカラからフェディへタクシーで移動(約30分)

      アンナプルナ内院トレッキング1日目

      フェディからジヌーへトレッキング(約8時間半)


12/25終日 アンナプルナ内院トレッキング2日目

      ジヌーからヒマラヤホテルへトレッキング(約8時間半)


12/26終日 アンナプルナ内院トレッキング3日目

      ヒマラヤホテルからアンナプルナ・ベース・キャンプ(A.B.C.)へトレッキング(約7時間半)


12/27終日 アンナプルナ内院トレッキング4日目

      アンナプルナ・ベース・キャンプからシヌワへトレッキング(約7時間)


12/28終日 アンナプルナ内院トレッキング5日目

      シヌワからタダパニへトレックング(約8時間半)


12/29終日 アンナプルナ内院トレッキング6日目

      タダパニからゴレパニへトレッキング(約6時間)

      夕方プーンヒルへ


12/30終日 アンナプルナ内院トレッキング7日目

      早朝プーンヒルへ

      ゴレパニ~ビレタンティへトレッキング(約6時間)


12/31朝  ヒレタンティからナヤプルへトレッキング(約30分)

   午前 ナヤプルからポカラへライトバンで移動(約1時間半)

   午後 ポカラ観光


   

1/1 午前 ポカラからカトマンズへ飛行機で移動(約30分)

   午後 キルティプル観光


1/2 午前 パシュパティナート観光

   午後 パタン観光


1/3 午前 パタン観光

   夕方 カトマンズから昆明へ飛行機で移動(約2時間半)

   夜  上海着


1/4 午前 昆明から上海へ飛行機で移動(約2時間半)

   午後 上海から大阪(関空)へ飛行機で移動(約2時間)

 


2013/12/21 : 昆明(中国) : 雲南錦華国際酒店(Yunnan Kingworld International Hotel)

昆明駅から徒歩約5分。昆明錦江大酒店のすぐそば。目の前がエアポートバス2Bの発着所になっており非常に便利。Agodaのホームページから出国前に予約。スタンダードルーム3310円(32.31USD)。シャワーのお湯が、非常にぬるかったのがマイナス点。

2013/12/22 : カトマンズ(ネパール) : FUJI HOTEL

タメル地区にある日本人御用達の宿。5年前にも初日に泊まった。日本語でホームページから予約可。予約した場合は割引あり。日本語を話せるスタッフがおり、現地で国内線のチケットの手配も日本語でOK。スタンダードルーム(トイレ・シャワー付き)22ドル(当時のレートで2199ルピー)。自家発電設備があるため、計画停電時でも停電しない。

2013/12/23 : ポカラ(ネパール) : SHANTI GUEST HOUSE

レイクサイドにある安宿。トイレ・シャワー共同の部屋で400ルピー。計画停電時には停電する。

2013/12/24 : ジヌー(ネパール) : HOTEL NAMASTE

ジヌーの集落の最下部にある(到着当時、ヘトヘトだったため、上部の宿泊施設を見に行く気がしなかった)。今回のトレッキングで泊まった宿で肉(チキン、ビーフ)の食事を出してくれたのはここだけだった。1泊150ルピー。 ※今回利用した山の中の宿泊施設は全て、シングル利用、相部屋、ドミトリーのいずれも一人150ルピー。また、部屋の仕切りが薄いためか、どの部屋も隣の物音、声、イビキが筒抜け=私の物音等も隣に丸聞こえってこと。

2013/12/25 : ヒマラヤホテル(ネパール) : HIMALAYA HOTEL

2人部屋を相部屋利用。オーストラリア人のスティーブと同室。この後、スティーブとは、2日後のシヌワでもたまたま相部屋。下山後のポカラでもばったり会うなど、何かと縁があった。1泊150ルピー。ホットシャワー使用料150ルピー。部屋の電気はつかず。

2013/12/26 : アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC)(ネパール) : ANNNAPURNA SANCTUARY LODGE

ANNAPURUNA GUEST HOUSEで宿泊を断られ(どうやら団体専用だったらしい)、個人トレッカー用として、そこで紹介してもらった。10人部屋のドミトリー。1泊150ルピー。食堂は暖房が入っており、精算時に暖房代として150ルピー取られた(部屋に暖房設備はない)。

2013/12/27 : シヌワ(ネパール) : SINUWA LODGE

シヌワ上部の宿。当初部屋がないと言われたが、相部屋ならあるということで、他の宿を探そうと思ったら、相部屋で紹介された部屋にはHIMALAYA HOTELで相部屋だったスティーブがおり、正直、シングルの方が良かったが、スティーブと再会の握手をして、流れでこの宿に泊まることに。1泊150ルピー。

2013/12/28 : タダパニ(ネパール) : HOTEL MAGNIFICENT

タダパニの一番高い所にある宿。4日ぶりのシングル利用(やっぱ、シングルの方が気兼ねなく使えていい)。1泊150ルピー。ホットシャワー100ルピー。

2013/12/29 : ゴレパニ(ネパール) : HOTEL SNOWLAND

ゴレパニの(おそらく)一番高い所にある宿。ゴレパニは結構大きな集落で宿も沢山あったが、翌朝のプーンヒルへの登りに備え、できるだけ上で泊まりたかった。宿の先が、ちょうどプーンヒルへの登山道になっており、プーンヒルへのアクセスに便利。1泊200ルピー(ホットシャワー無料)。予約をしてあると150ルピーらしい。早朝、部屋の電気がつかなかった。

2013/12/30 : ビレタンティ(ネパール) : HOTEL SUNRISE LODGE

村の人に紹介してもらった宿。1泊200ルピー(ホットシャワー無料)。

2013/12/31 : ポカラ(ネパール) : HOTEL HIMALAYAN INN

先日泊まったSHANTI GUEST HOUSEのすぐそばにある中級HOTEL。トレッキングの疲れを癒すため、安宿は避けた。1泊25ドル(2475ルピー)。トイレ・シャワー付き。

2014/01/01 : カトマンズ(ネパール) : HOLY LODGE

トレッキング時にチョムロンで会った、日本語を学んでいる現地の青年に紹介してもらった宿。彼の話を聞いていると、この宿のオーナーは、私が5年前にネパールのカラパタールをトレッキングした際に、ガイド兼ポーターの手配でお世話になった旅行会社のオーナーのリラさんと同一人物であることが判明。滞在中、リラさんと会う機会はなかったが、日本語堪能なスタッフが世話をしてくれた。私は安い部屋が良かったのだが、この宿を訪れた11:30過ぎの段階で、このスタッフから安い部屋は空いていないと言われ、トイレ・シャワー付き20ドルの部屋を薦められチェックイン(手持ちルピーの金額の関係で、2000円+150ルピーで支払い)。翌朝、宿の中を歩いてみると、部屋数も結構あり、トイレ・シャワー共同の部屋に、どう見ても空きがありそうだった。アーリーチェックインさせてもらえたのはありがたかったが、なんとも残念な気分になった。ちなみに、ダンスバーがすぐ目の前にあるため、夜遅くまで音楽やら人の声で騒がしかった(疲れていたので睡眠は十分とれたが)。

2014/01/02 : パタン(ネパール) : YALA GUEST HOUSE

パタンのダルバール広場の北西に面した宿。タクシーでダルバール広場で降ろしてもらい、目についたゲストハウス(パタンには宿があまりない)。トイレ・シャワー共同15ドル(1485ルピー)。この日、この宿に泊まったのは多分私だけ。私の泊まった3階の窓からダルバール広場を眺められるが、なんといっても屋上からの景色が素晴らしかった。

2014/01/03 : 昆明(中国) : 川都賓館

昆明空港の到着口にいた客引きに紹介してもらった宿。空港からの往復送迎付きで20ドル。空港からは車で10分程度の距離。赤いネオンがいかがわしいが、いたって普通の賓館。夜遅い時間だったことも影響してか、近くに開いている店がなかったが、飲み水は、ロビーに置いてある無料のフィルターウォーターのサーバーで補給できた。

2014/01/04 : 昆明→上海→関西


HOME | 概要 昆明 カトマンズ ポカラ ジヌー ヒマラヤホテル アンナプルナ・ベース・キャンプ(ABC) シヌワ タダパニ ゴレパニ ビレタンティ ポカラ カトマンズ パタン 昆明 昆明→上海→関西

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 開いている宿が少ないということは、価格も高いということで、インサイドトイレットの部屋が300ルピー。ただ、ダイアモックを飲んでいたこともあり、トイレが部屋の中にあるのはよかった。夜中に何度もトイレに行ったもので。


    • たくさんのティーポットの並ぶカフェ。天井は高く開放感がある。欧米人が好みそうなカフェ。

    • 大砂丘の中腹から。遠くに20頭ものラクダのキャラバンが見える。

    • バスの中の標語には 「No Frend, No Tension」 「No Smoking」 「No Drinks」 「No Fight」 とある。

    • 朝起きて、窓から見えた風景。もう町は動き出している。

    • ここから川近くまで降りる。道はあるので、問題なく降りられる。15分程の下降で吊橋に到着。それにしても風が強い。

    • 2元。麺のコシを求めたら、駄目だが、味は悪くない。

    • 手前だけではなく、奥にもゴンパがある。両方とも中を見せてもらった。手前のゴンパは2階も。奥のゴンパは壁画も新しかった。シッキム最古のゴンパとしては、外壁が非常に綺麗で、気になったので聞いてみたが、古いものだと言う。「?」