HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

コーチン、アレッピ、カニャークマリ、マハーバリプラムエリア:南アジア(インド) 期間:2012/09/14~2012/09/23

当初は、マナリからスピティ方面に行くつもりだったが、出発の一週間前になって、キングフィッシャーのクル(kulu)行きの飛行機がキャンセルに。それで、今まで行ったことのなかった南インドに行き先を急遽変更。

ゴアから入るか、コーチンから入るか、また、どこからデリーに戻るかなど、短い時間で決めなければならなかったけど、今回の選択で正解。今回の短い旅程ではちょうどよい移動距離であった。

コーチンでは、南インドの伝統舞踊であるカタカリを鑑賞し、コバーラム・ビーチではゆったりと海水浴。カニャークマリ(コモリン岬)では、ヒンズー教徒と一緒に沐浴などなど、毎日何かしらイベントがあり、毎日充実した日々を送ることができた。

航空券

国際線(中国東方航空)

往路(羽田->上海->デリー)

14SEP(FRI)1430 Tokyo/Haneda Airport(I)

14SEP(FRI)1630 Shanghai(1)

14SEP(FRI)2105 Shanghai/Pudong International Airport(1)

15SEP(SAT)0110 Delhi(3)


復路(デリー->上海->羽田)

22SEP(SAT)0230 Delhi(3)

22SEP(SAT)1055 Shanghai/Pudong International Airport(1)

23SEP(SUN)0900 Shanghai(1)

23SEP(SUN)1230 Tokyo/Haneda Airport(I)


運賃:JPY24,500

税金その他:JPY24,450

合計:JPY48,950


安かったが、上海では虹橋空港と浦東空港間の移動が必要となり、ちょっと面倒くさい。


インド国内線(ジェットエアウェイズ)

9/15 デリー 09:15 - 13:35コーチン

9/21 チェンナイ 17:20 - 19:55デリー

31370円


国際線と国内線を合わせて、80,320円。国際線だけを見ると、激安という感じであるが、インド国内線が高かったので、いつもどおりの料金か。チケットの注文は、トルノス(国際線)とジェットエアウェイズ(国内線)のホームページから。



鉄道チケット(カニャークマリ〜チェンガルパットゥ)

3Aクラス 778ルピー

こちらは、トリバンドラム駅2階にあるチケット予約センターで取得。最初はWLの状態であったが、カニャークマリの駅で確認したら、繰り上がっていて、席をゲットできた。

ビザ

8月18日(土)に、茗荷谷にあるインドのビザセンターでビザを申請。同24日(金)に、早めに会社を切り上げ受け取りに行く。17時前にビザセンターに到着すると、建物の外に100mくらいの列。それほど、暑くなかったし、雨も降っていなかったら良かったけど、効率悪し。インドみたい。

追記

噂通り、南インドの人は良かったし、飯も上手かった。


ただ、すべての人がいいというわけではない。コバーラム・ビーチとか、マハーバリプラムとか、人の集まるところでは、北インドの香りのする人間もちらほら。旅行者を騙してぼろうとするのがいる。その辺だけを注意しておけば、問題なく楽しめる。


あと、ストライキが多かった。北インドではあまり目にした記憶はないのだが、南インドは意識が高いのか、あちこちでストライキが行われていた。交通がストップしたりするので、スケジュールには余裕を持ったほうがいいかもしれない。

ガイドブック・許可書など

地球の歩き方・インド

家にあったインド編は、もう10年以上のものばかりだったので、新しく購入。余計なエリアのところも多く重い本ではあるが、内容は以前と比べてかなり進化していて良かった。ただ、アレッピなどの地図は載っていなかったので、その部分については、ロンプラの地図をコピーして持っていくのがいいかもしれない。

スケジュール

2012/09/14 : デリー(インド) : デリー空港

今までのボロ空港から、一新しており、びっくり。綺麗で快適。面倒くさいインド人もいない。翌朝のコーチン行き飛行機の出発まで、カフェでダラダラ過ごす。

2012/09/15 : コーチン(コーチ)(インド) : Back Packers Holidays Guest House

フォートコーチンのフォートナガルにあるゲストハウス。この周辺に安ゲストハウスは固まっている。観光の中心部にあり、どこに行くにも便利。フォートナガルに足を踏み入れた時に、「友達の家に連れて行ってやる」と言われて案内された宿に泊まった。350ルピー。最初2階の部屋に案内されたが、3階のベランダのある部屋を選んだ。

2012/09/16 : アレッピー(アラップーザ)(インド) : Smile Cat

アレッピーのバスターミナルで、声をかけてきた兄ちゃんのゲストハウス。バスターミナルからもそれほど離れておらず、バスターミナルに出るには便利。部屋も綺麗。300ルピー。ACなし。オススメ。兄ちゃんの友達のたまり場のようなっており、常時友達がいるような感じの宿。部屋数は多くない。 アレッピーには、宿は多くないし、食べるところも少ない。まだまだ、観光地としては発展途上。

2012/09/17 : トリバンドラム(インド) : RAJGIRISH LODGE

トリバンドラム駅の北側の安宿ストリート(Aristo Rd)にある宿。周辺の宿はどこも満室で、妥協して泊まった宿。800ルピー。ACなし。24時間チェックアウト制。 この通りには、ひつこい勝手客引がいるが、どうも宿から金を得られる仕組みにはなっていないようで、最終的にはこちらにおねだりしてくる。問答無用で却下。 この宿で虫にヤラれる。さらに、ここの虫を持ち運んでしまったようで、これ以後、眠るたびに毎晩ヤラれ続ける。

2012/09/18 : コバーラム・ビーチ(インド) : ACHUTA TOURIST HOME

コバーラムビーチのど真ん中にある宿。目の前は海でドアを開けると、風が通る。まだ、シーズンに入っていなかったため、650ルピーのところを600ルピーに値切る。ACなし。食事は一階のレストランで。ネットは1階のネット屋で申し込めば、1時間30ルピーで無線LANが使える。 部屋で海パンに着替えて、そのまま海まで行ける。

2012/09/19 : カニャークマリ(コモリン岬)(インド) : HOTEL MAADHINI

コバーラム・ビーチと同じように、海の見える宿に泊まろうと選んだ宿。たぶん、カニャークマリで一番の老舗宿だと思われる。800ルピーの宿。ACなし。24時間チェックアウト制。ベランダがありそこから海が見える。また、屋上にも自由に上がれ、そこから朝日も見える。ホテルにはバーも付いており、そこで酒も飲める。周辺に宿多し。チェックアウトの時、廊下に屯っているスタッフにチップをねだられる。50ルピーくらい渡したかな。 となりのManickamは、たぶん700ルピーくらい。少し安い。

2012/09/20 : カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊)(インド) : カニャークマリ発チェンナイ行き鉄道

トリバンドラム駅のチケットカウンターでゲットした列車。チェンガルパットゥまでのエアコン寝台。778ルピー。トリバンドラムではWL5であったが、カニャークマリの駅で確認してみると、RACになっており、無事に席をゲット。寝る直前にザックを漁ったせいか、虫に一番ひどくやられたのがこの場所。夕食はドーサ。

2012/09/21 : デリー→上海(車中泊)(インド) : 機内泊

夜中の2時半デリー発の飛行機の中。離陸するのも気づかず、爆睡。朝食だけでた。

2012/09/22 : 上海(中国) :

浦東空港のホテル案内所で紹介された宿。368元。虹橋空港からタクシーで20元くらい。周辺にはなにもない。高いだけあって綺麗。夕食は、虹橋空港までタクシーで行って、ケンタッキー。

2012/09/23 : 上海→羽田(中国) :

みやげもの

レモンソルト

コーチンのスパイス屋で購入。100ルピー。レモンアジアのソルト。物珍しくつい買ってしまった。

石の置物

マハーバリプラムの遺跡であるファイブ・ラタに行く途中、道路脇に石の工房が並んでおり、そこで購入した置物たち。あわせて1400ルピー。どれも作りが細かく、お買い得感が大きい。特にリンガがお気に入り。リンガの置物は、あまり見たことない。


HOME | 概要 デリー コーチン(コーチ) アレッピー(アラップーザ) トリバンドラム コバーラム・ビーチ カニャークマリ(コモリン岬) カニャークマリ→チェンガルパットゥ(車中泊) デリー→上海(車中泊) 上海 上海→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • しょうが無いので、ホアンキエム湖北側まで戻り、宿さがし。最初に声をかけてきたHOMEY HOTELへ。写真の兄さんの英語がいまいちだったので、電話でオーナーと交渉し、8ドルを6ドルにディスカウント成功。6時間しか居ないし。

    • 聖ロヴロ大聖堂鐘楼からの北側展望。


    • クイーン・インでみんなで夕食。

    • 夕食は宿の裏口に椅子を持ちだして、波の音を聞きながら。アルコール度数が8%のビールを飲みながら、おじちゃんが買ってきてくれたコトロッティを頂く。最初は、量が多くて食べられないかなとも思ったけど、完食。

    • 17時に宿に送ってもらう。D.W.W近くのクラブ・コンティキ・ビーチ・リゾート。1320ペソ。一人にしてはかなり広め。

    • ホームページで見た地図(といっても上空から撮った島全体の写真にルートの線が引かれたアバウトなもの)では、ぐるっと一周するルートなのだが、20分位歩いたところで、先にトレイルがなくなってしまった。仕方ないので来た道を戻る。周遊する場合、右回りか左回りかを選択することになる分岐があるはずなのだが、結局それがどこか分からなかった。

    • 朝食はエッグヌードルとミルクティ。体が温まる。

    • 流氷とその近くを航行するボート。 大海原の中に、なぜかポツンと一塊の流氷が。5つ上の写真にも小さく写っている。 遠くの海の向こうから流れ着いたというより、この近くの陸地から剥がれ落ちたものかもしれない。