HOME | 概要 那覇 座間味島 座間味島 那覇→羽田

座間味島エリア:日本(沖縄県) 期間:2011/03/04~2011/03/07

この季節が旬のホエールウォッチングをしに、那覇から高速船で1時間弱の慶良間列島座間味島へ。初めて見る野生のクジラ。間近で見るクジラの巨体は迫力がある。ブリーチ(飛び上がる)するクジラは見られなかったが、ブロウ(潮を吹く)やフルークアップダイブ(尾びれを水面上に見せて潜る)は何度も見られた。無人島(安慶名敷島と嘉比島)へのシーカヤックは、透明度の高いマリンブルーの海を渡るのが気持ちが良く、また、距離は短いが自力で辿り着いた達成感がある。シュノーケリングは安慶名敷島と阿真ビーチでやった。安慶名敷島はサンゴ礁と熱帯魚の海の世界を満喫。阿真ビーチでは雨の中、ウミガメ観察。そして座間味島でのトレッキングは、数々の展望地で陸から座間味の美しい海を眺めることができ、また、地元の子供と野球をしたり、曇り空の中、夕日が海に赤い光の道を描いた感動的なひとときが忘れられない体験となった。

費用

旅行費用

 37375円


ツアー

 ホエールウォッチング 5250円

 座間味島の「マリンショップ ハートランド」へ事前に電話予約。

 10:30座間味港を出港。11:00頃クジラの現れるポイントへ到着。12:30頃ウォッチング終了。13:00座間味港へ帰港。

 座間味島では、島の展望台から双眼鏡でクジラが現れるポイントを観察しており、無線でウォッチング船にクジラのいるポイントを伝えているので、かなりの確率でクジラに遭遇できるらしい。


レンタル

 2人乗りシーカヤック(半日)5000円、シュノーケリングセット1000円、ウェットスーツ1000円、シャワー500円

航空券

◎航空機

往路

3/4

 ANA135 羽田20:00-22:45那覇


復路

3/7

 ANA992 那覇20:35-22:45羽田


航空券代金

 ユナイテッド航空のマイル:15000マイル

 発券手数料2100円



◎船

往路

3/5

 クイーンざまみ(高速船) 那覇泊港9:00-9:50座間味港


復路

3/7

 フェリーざまみ 座間味港12:30-14:30那覇泊港(海上シケのため特別ダイヤ)


乗船料金

 クイーンざまみ 3120円

 フェリーざまみ 2120円

スケジュール

3/4 夜  東京から沖縄へ飛行機で移動

3/5 午前 那覇から座間味島へ高速船で移動

    午後 ホエールウォッチング

       シーカヤック(阿真~安慶名敷島~嘉比島~阿真)

       シュノーケリング(安慶名敷島)

3/6 終日 座間味島トレッキング

3/7 午前 シュノーケリング(阿真)

    午後 座間味島から那覇へフェリーで移動

    夜  那覇から東京へ飛行機で移動


2011/03/04 : 那覇(日本) : おきなわトレンドナビ

那覇泊港近くのゲストハウス。1泊シングル2300円。トイレ・シャワー共同。近くにはコンビニがある。徒歩圏内に泊漁港・魚市場がある。

2011/03/05 : 座間味島(日本) : 座間味村青少年旅行村キャンプ場

座間味島唯一のキャンプ場。座間味島から徒歩約20分の阿真ビーチにある。1泊一人300円。シーズンオフからか2泊したが、他に誰もいなかった。

2011/03/06 : 座間味島(日本) : 座間味村青少年旅行村キャンプ場

2011/03/07 : 那覇→羽田


HOME | 概要 那覇 座間味島 座間味島 那覇→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 前井胡同。古めかしい街並みを期待していたが、改築されたものが多く。期待していた雰囲気と違っていた。

    • 11:00に出発。左上の稜線の一番窪んだ部分が越えてきたHafnarskarðの峠。


    • タダパニで同宿だったグループトレッカーのガイドさん達と再会。


    • サスポルとアルチを結ぶ橋。


    • 写真中央の奥にある赤茶色の比較的新しい宿がフェアリーランドG.H.。G.H.が続々と建設中。来年にはG.H.の選択肢は広がるのだろう。リコンピオに着いたのが遅くてパーミッションは当日中には取れず。パーミッションはフェアリーランドG.H.で取れた。費用は100ルピーで写真3枚、ビザ・パスポートのコピー各1枚、申請用紙が必要。

    • 日陰になっている外のベンチに座ってぼっとしていたけれど、風の温度もだんだん上がってきたので、チケットを見せて空港内へ。エアコンが効いていて快適。さっさと入れば良かった。建物内は比較的広い。 11時にチェックイン。ジェットエアーのカウンターのおばさんの笑顔は良かった。やっぱり、エアーインディアよりは遥かにサービスがいいように感じる。もしかしたら、カンチェンジュンガを機内から見ることが出来るかもしれないと思って、左側の窓に面した席をお願いする。 搭乗口手前で香港人の女性に声を掛けられた。ボンベイなどで仕事をした帰り際にダージリンに行くという。行き方の情報をほとんど持ち合わせていないようだったので、シリグリのジープスタンドまで一緒に行くことに。