HOME | 概要 那覇 座間味島 座間味島 那覇→羽田

座間味島エリア:日本(沖縄県) 期間:2011/03/04~2011/03/07

この季節が旬のホエールウォッチングをしに、那覇から高速船で1時間弱の慶良間列島座間味島へ。初めて見る野生のクジラ。間近で見るクジラの巨体は迫力がある。ブリーチ(飛び上がる)するクジラは見られなかったが、ブロウ(潮を吹く)やフルークアップダイブ(尾びれを水面上に見せて潜る)は何度も見られた。無人島(安慶名敷島と嘉比島)へのシーカヤックは、透明度の高いマリンブルーの海を渡るのが気持ちが良く、また、距離は短いが自力で辿り着いた達成感がある。シュノーケリングは安慶名敷島と阿真ビーチでやった。安慶名敷島はサンゴ礁と熱帯魚の海の世界を満喫。阿真ビーチでは雨の中、ウミガメ観察。そして座間味島でのトレッキングは、数々の展望地で陸から座間味の美しい海を眺めることができ、また、地元の子供と野球をしたり、曇り空の中、夕日が海に赤い光の道を描いた感動的なひとときが忘れられない体験となった。

費用

旅行費用

 37375円


ツアー

 ホエールウォッチング 5250円

 座間味島の「マリンショップ ハートランド」へ事前に電話予約。

 10:30座間味港を出港。11:00頃クジラの現れるポイントへ到着。12:30頃ウォッチング終了。13:00座間味港へ帰港。

 座間味島では、島の展望台から双眼鏡でクジラが現れるポイントを観察しており、無線でウォッチング船にクジラのいるポイントを伝えているので、かなりの確率でクジラに遭遇できるらしい。


レンタル

 2人乗りシーカヤック(半日)5000円、シュノーケリングセット1000円、ウェットスーツ1000円、シャワー500円

航空券

◎航空機

往路

3/4

 ANA135 羽田20:00-22:45那覇


復路

3/7

 ANA992 那覇20:35-22:45羽田


航空券代金

 ユナイテッド航空のマイル:15000マイル

 発券手数料2100円



◎船

往路

3/5

 クイーンざまみ(高速船) 那覇泊港9:00-9:50座間味港


復路

3/7

 フェリーざまみ 座間味港12:30-14:30那覇泊港(海上シケのため特別ダイヤ)


乗船料金

 クイーンざまみ 3120円

 フェリーざまみ 2120円

スケジュール

3/4 夜  東京から沖縄へ飛行機で移動

3/5 午前 那覇から座間味島へ高速船で移動

    午後 ホエールウォッチング

       シーカヤック(阿真~安慶名敷島~嘉比島~阿真)

       シュノーケリング(安慶名敷島)

3/6 終日 座間味島トレッキング

3/7 午前 シュノーケリング(阿真)

    午後 座間味島から那覇へフェリーで移動

    夜  那覇から東京へ飛行機で移動


2011/03/04 : 那覇(日本) : おきなわトレンドナビ

那覇泊港近くのゲストハウス。1泊シングル2300円。トイレ・シャワー共同。近くにはコンビニがある。徒歩圏内に泊漁港・魚市場がある。

2011/03/05 : 座間味島(日本) : 座間味村青少年旅行村キャンプ場

座間味島唯一のキャンプ場。座間味島から徒歩約20分の阿真ビーチにある。1泊一人300円。シーズンオフからか2泊したが、他に誰もいなかった。

2011/03/06 : 座間味島(日本) : 座間味村青少年旅行村キャンプ場

2011/03/07 : 那覇→羽田


HOME | 概要 那覇 座間味島 座間味島 那覇→羽田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 同じく、橋の手前からアルチ方面を眺めたところ。ここからアルチまではまだまだ歩かなくてはならない。写真中央の崖の凹んだところを歩いていく。車道はぐるっと遠回り。

    • マッケンジー湖。 湖の右上、島のように見える半島の上辺りにマッケンジー湖小屋がある。

    • 宿から3分ほど歩いたところにあったカラオケ屋なのかレストランなのかよく分からないところで、再びチャーハン。


    • パスーの村正面の山と川。

    • 主人の子供に写真を撮ってもらう。

    • こちらも。春熙街。 いままでカラッとした高地にいたけれど、成都のようなところに来ると、蒸し暑さがいっそう強く感じられる。

    • Hornvikの湾。

    • やはり、こうやってお金になりそうな物を探す人々がいる。