HOME | 概要 コルカタ ガントク ポダン ガントク ガントク ペリン ヨクスム ダージリン シリグリ→シアルダー コルカタ

シッキムエリア:南アジア(インド) 期間:2008/04/25~2008/05/05

以前から行きたかったブータンとネパールに挟まれたシッキムというところ。日本のG.W.に当たる時期はプレモンスーンとなり、少々雨に降られるけど、要所要所では晴天に恵まれ、西シッキム滞在時はカンチェンジュンガの雄大な姿も遠くに望めた。シッキムに住む人々は親切で、素朴で親しみやすく、道沿いや家々の屋上などに、はためくタルシンには、何だか懐かしさを感じてしまう。今回の11日間のシッキム旅行では正直、消化不足。休みなく動いたけれど、このエリアを十分味わうには少々時間的に厳しかった。今度は、もう少し余裕をもった計画で、北シッキムを中心に回りたいと思う。

費用

残金

前回の旅行の時の残金:6,755Rs


両替・キャッシング

前回の残金が多かったので、両替せずに済んだ。


使用金額(旅行費用)

今回の旅行に出る前に手元に残っていたが6,755Rsであり、今回の旅行を終わっての残金が1,410Rsであるので、実際に現地で使った金額は5,345Rsとなる。うち、ブランケットなどのみやげ物が560Rsであったので、実質的な旅行費用は4,785Rs。ここで、Yahoo!の外国為替変換(08/05/11)を利用して日本円に換算すると11,819円。これが今回の旅行の費用。宿代はこのうち1,095Rs(2,705円)。やはり、中国に比べたら、圧倒的に安い。

航空券

使用キャリヤと日程

往路

04/25 成田 - バンコク TG643 1000-1430

04/25 バンコク - カルカッタ TG313 2345-0045+1

04/26 カルカッタ - バグドグラ 9W617 1220-1320


復路

05/03 バグドグラ - カルカッタ 9W618 1355-1455(乗り遅れ)

05/05 カルカッタ - バンコク TG314 0200-0610

05/05 バンコク - 成田 TG676 0735-1545


ただし、5/3のバグドグラ→カルカッタは乗り遅れたので、シリグリのニュー・ジャルパイグリ駅からカルカッタのシアルダー駅へ、鉄道で移動した。15時間の鉄道の旅。


航空券代金など

タイ航空

海外航空券:150,000円

成田空港施設使用料:2,040円

航空保険料:2,700円

燃料特別付加代金:19,000円

現地税:880円

合計:174,620円


ジェットエアーウェイズ

Base Fare:13,900円

Fuel Surcharge:8,680円

Passenger Service Fee:1,180円

Air Traffic Congestion Fee:840円

TOTAL TRIP COST:24,600円


ジェットエアーウェイズは、直接、ネットから注文。国内の旅行会社を通すより、かなり安くチケットを手に入れることが出来る。

ビザ

事前に茗荷谷のインドビザ発券所で取っておく必要がある。駅から歩いて5分ほどのオフィスで、観光ビザの取得費用1,950円を支払い、6ヶ月ビザを取得。

ガイドブック・許可書など

チベット(旅行人ノート)

有名なガイドブックなので説明の必要はないでしょう。

スケジュール

2008/04/25 : コルカタ(インド) : 空港のベンチ

夜中の2時前にコルカタ空港についたので、朝までそこにあったベンチの上で寝る。ただし、肘掛がついていて、横にはなれないので少々体勢がキツイ。あと、エアコンも待合室の半分だけしか効いていないので、効いていないところでは蒸し暑くて寝られない。もちろんタダ。

2008/04/26 : ガントク(インド) : モダンセントラル

ツーリストインフォメーションの目と鼻の先にある宿。スタッフもフレンドリーで良いし、屋上のレストランの居心地も私は好き。泊まったのはドミトリーで1泊100Rs。ダブルもあったけれど、そちらは確か350Rs。26日はイスラエル人と同室。お湯も好きなだけ使えるし、ちょっと狭いけど部屋も綺麗でいい。

2008/04/27 : ポダン(インド) : ホテルザンバラ

ポダンにある4軒の宿のうちの一番奥にある宿。一泊150Rs。ホテルのオーナーはインド系らしい。マネージャー(?)はシッキミーズ。他のホテルのオーナーは一番高級なYak&Yetiがシッキミーズ(250Rs)、残りの2つがそれぞれネパリとチベタンらしい。私が泊まった宿のマネージャー(Yak&Yetiのオーナーとは姉妹関係)は、「客を泊めてもお金にならないから、Yak&Yetiを薦めている」だって。おいおい。でも、居心地にいい宿だった。時間があれば、もう一泊したかった。

2008/04/28 : ガントク(インド) : モダンセントラル

ポダンから戻ってきて、再びドミ(100Rs)。連泊したけれど、初日は韓国人1人と同室。2日目は韓国人2人と同室。1人は中央アジアまで陸路で行く途中で、もう1人はカンチェンジュンガのトレッキング。日韓3人のドミは楽しかったよ。

2008/04/29 : ガントク(インド) : モダンセントラル

2008/04/30 : ペリン(インド) : ラダックゲストハウス

泊まっていたのは私1人。ドミもあるけれど、なぜかダブル(150Rs)。トイレ・シャワーなどの設備は期待しないほうが良いかもしれないけど、個人的にはこういう質素な宿は好き。窓から、カンチェンジュンガを望むことが出来る。部屋の前は畑でブロッコリーや豆などを栽培していた。ミルクティーやレモンティーはサービスでもらえた。

2008/05/01 : ヨクスム(インド) : ドラゴンゲストハウス

村の入り口に並ぶ宿のうちの1軒。200Rsの部屋と150Rsの部屋があるが、その違いが良く分からず、選んだのは150Rsの部屋。部屋、トイレなどは綺麗。欲がないのか、やる気がないのか良く分からないスタッフもフレンドリーでいい。

2008/05/02 : ダージリン(インド) : ホテルKUNJO

アリメンテの前の道を北上し、二又(微妙に三又かも)に分かれるところを左手に下った坂道の途中にある宿(二又を右に行くとTowersViewの方に行く)。屋上にタルシンを掲げているのは建物のオーナーがチベット系だからで、ホテルはベンガリーのスタッフばかり。みんな礼儀正しくて、かなりお勧め。最初400Rsと言われたけれど、(いい部屋だったけれど)高すぎると言って、帰ろうとすると250Rs+Tax10%に下がる。部屋から見える夕日もいい。食事は、外に食べに行かなければならない。

2008/05/03 : シリグリ→シアルダー(インド) : 車内

木の椅子。乗車時の混み過ぎで、インド人との戦いに負け、席取れず。優しいインド軍人の家族がスーツケースに座れと出してくれた。夜になると、靴を天井についているファンの上に載せて、座席の上のスペースに場所を移し、睡眠。英語もあまり通じない環境で、物売り、乞食、歌唄い、いろんなのがいたけど、荷物を盗まれるような雰囲気ではなかった。逆に、こういう場所の方が、盗難等は少ないのかな。

2008/05/04 : コルカタ(インド) : ホテルマリア

ドミトリー70Rs。部屋番号21のNo.1ベッド。70Rs。明るくて、風通しがよく快適。暑いので水シャワーでも問題なし。12時間くらいの滞在。日本人と欧米人が半々くらいの割合で長期旅行者多し。洗濯物がすぐ乾いていい。あまりに暑すぎて、外に出る気が起きず、ベットでごろごろしている時間が長かった。

みやげもの

ブランケット

何に使うのかと聞かれると困るが、デザインを気に入ったブランケット。ダージリンのチベット難民センターにて450Rs。

ステッカー

「カルマパ、ルムテクに戻ってきて」のステッカー。あちこちの宿などに張られているステッカーが欲しくて、探し回った。ルムテクゴンパの前の売店で聞いたらもらえた。タダ。

毛糸の帽子

ダージリンのホテルKUNJOで熟睡していた明け方、部屋の鍵をしていなかったため、売り込みに必死なチベタン女性に侵入を許し、買わされたダージリンの帽子。寝ぼけたまま40Rsを支払ったような記憶がある。

入れ物

筆箱にしては少々デカイが、そのうち何かに使うと思う。ダージリンのチベット難民センターにて100Rs。

ポストカード

1950年のポタラ宮が写ったポストカード。ダージリンのチベット難民センターにて10Rs。


HOME | 概要 コルカタ ガントク ポダン ガントク ガントク ペリン ヨクスム ダージリン シリグリ→シアルダー コルカタ

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 宿の前庭。薪がどっさりと積まれている。

    • 13:30蘭州到着。

    • 3500mを越えているため、ほぼ完全の体はダウン状態。本当はツェコの街も歩き回りたかったけれど、ペプシを飲みながらレゴン行きのバスが発車するのを待つのが精一杯。バスの本数は多そう。1時間に1本くらいか。

    • シェルパだけではなく、クライマーの墓もあった。

    • 昨日、宿でタクシーを頼んでおいた。カザにはタクシーユニオンの推薦価格というものがあり Mud 1000 Kungri 700 Hikkim Komik 900 Tabo 1000 Kibber 450 Kee Gompa 300 Kee 250 という感じ。待ち時間は50Rs/1h。この価格より低い料金でドライバーと交渉するのがこちら側の条件。そんなもんで私はキーゴンパとキッバル、クングリの三箇所。本当はムッドに行きたかったがまだ雪が残っていたし、ドライバーはあまり行きたがらなかったし、私もかなり疲れていたので、クングリで折り返すことに。ヒッキムは雪のせいで通行止め。車では行くことは出来ない状況だった。タクシー代は1150ルピー。内訳は400(キッバル&キーゴンパ)+650(クングリ)+100(待ち時間)。ドライバーにしてはかなりの収入だと思う。

    • リコンピオのガキンチョたち。WWEのジョン・シナーというレスラーがどうも大人気らしくて、みんな彼のポーズをとってくれる。

    • 内部はガラーンとした建物。

    • 日がどんどんと落ちて行く。

    • テュネル→タキシム間にロマの帽子売が乗ってきた。無賃乗車だよ!