HOME | 概要 成田→ケアンズ ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ケアンズ ケアンズ ケアンズ フィッツロイ島 ケアンズ ケアンズ→成田

ウルル(エアーズロック)・ケアンズエリア:オセアニア(オーストラリア) 期間:2010/08/27~2010/09/05

今回は友人との2人旅。当初、ウルル・カタジュタ国立公園を中心に予定を組み始めたが、経由地のケアンズもダイビング、シュノーケリング、ラフティング、トレッキングとアウトドアの魅力満載。両方楽しむプランを組んだ。実は旅行の約1ヶ月前に急性虫垂炎になってしまい、7月29日に手術、そして9日間入院。でもなんとか旅行ができるまでに回復し、予定通り行けることになった。エアーズロックとフィッツロイ島ではテント泊するため、日本からテント持参(現地でレンタルも可能)。ウルル・カタジュタ国立公園では、カタジュタ(マウントオルガ)の風の谷とワルパ谷トレッキング、ウルル(エアーズロック)のサンライズ、サンセット(2回)、そして登頂、さらに足を延ばしてワタルカ国立公園のキングス・キャニオンのトレッキングもした。ケアンズ周辺では、タリー川ラフティング、グレートバリアリーフのミコマスケイでシュノーケリング、フィッツロイ島1泊2泊でシュノーケリング・カヤッキング・トレッキング、そしてケアンズ近郊のジャプカイ・アボリジナル・カルチュラル・パークのジャプカイナイト(アボリジニのショー)を見物。盛り沢山の内容になった。

費用

費用・両替レート

旅行費用

 115945円(航空券除く)

  1385.63豪ドル=107947円(1豪ドル77.9円)

  93.765米ドル=7998円(1米ドル85.3円)


両替

 旅行前に日本の銀行で両替したトラベラーズチェック

  19,262円→250豪ドル(1豪ドル77.05円+手数料385円)

 

 ケアンズ両替所

  10,000円→120AUD(1豪ドル83.3円)


 クレジットカード決済分(レートは平均値)

  1083.63豪ドル→82694円(1豪ドル76.31円)


 クレジットカード利用がレートもよく便利。


ツアー料金

 ①キングス・キャニオントレッキング(エアーズロック・リゾート往復)【AAT Kings社】179豪ドル

 ②タリー川ラフティング【RNR社】137豪ドル

 ③グレートバリアリーフ(ミコマスケイ)クルーズ+体験ダイビング2本【Ocean Spirit Cruises社】260(152+108)豪ドル 

 ④フィッツロイ島(往復・ランチボックス・シュノーケリングセット・グラスボート)+キャンプサイト1泊【Raging Thunder Adventures社】101(87+14)豪ドル

 ⑤ジャプカイナイトツアー 107豪ドル


①、③はトラベルドンキー(現地旅行代理店)のホームページから予約。

②、④はAAO(現地旅行代理店)のホームページから予約。

⑤はATS(現地旅行代理店)で現地窓口にて予約。


各種ツアーは、現地でのスケジュールを事前に決めておけるのであれば、ホームページで予約しておくと現地での時間を確保でき効率的。トラベルドンキー、AAOともに予約前、疑問点等についてEメールで丁寧に対応してくれた。また両社とも、同じツアーで他社の方が安ければその値段に合わせてくれた。

⑤については、豪ドルの現金が余ったので、帰国前夜に急遽、現地の旅行代理店で予約した。

航空券

移動手段


◎航空機

往路

8/27

 JQ26 成田20:55-5:35(+1)ケアンズ

8/28

 QF1851 ケアンズ7:15-9:35 エアーズロック


復路

8/31

 QF1854 エアーズロック15:30-18:30 ケアンズ

9/5

 JQ25ケアンズ13:15-20:05成田 


成田-ケアンズはジェットスター航空(JQ)

ケアンズ-エアーズロックはカンタスリンク(QF)


航空券代金

ジェットスター航空

 航空券代:55,000円

 燃油代:18,400円

 諸税:9,610円

 合計:83,010円

ジェットスター航空のホームページから購入。一番安いチケットのジェットセーバーライトは機内持込手荷物が10㎏までで、受託(預け入れ)手荷物は不可。私は、片道2000円プラスになるが受託手荷物20㎏まで可のジェットセーバーのチケットを購入。なお、ジェットスター航空のチケットは、機内食、ドリンク、機内エンターテイメント(映画、音楽等)、アメニティグッズ(ブランケット、アイマスク等)はオプションで別料金。ただし、水のペットボトル1本は無料でもらえる。また、機内にはセルフサービスの冷水器があるらしい(私は利用しなかった)。


カンタスリンク

 航空券代:25,000マイル(JAL)

 諸税:6,880円

期限切れが迫ってきたJALのマイルを使用。


◎バス

 ウルル・カタジュタ国立公園内

 Uluru Express 2days pass(155豪ドル)をエアーズロック・リゾートのセイルズ・イン・ザ・デザートホテル内にある日本語案内デスクで購入。Uluru Expressは、エアーズロック・リゾートからウルル(エアーズロック)、カタジュタ(マウントオルガ)までのシャトル(送迎)サービスを行っている。ツアーに入らず個人旅行を楽しみたい人は、Uluru Expressを利用すれば自由だし経済的。ただし時刻表があり、好きな時間に移動できる訳ではない。また、事前にどの便に乗るか予約が必要(予約便の変更は空席があれば可能)。

私の旅行した2010年8月は、エアーズロック・リゾート-ウルル(エアーズロック)間は、サンライズ、サンセット便も含め、1日8往復、エアーズロック・リゾート-カタジュタ(マウントオルガ)間は、風の谷行き、ワルパ渓谷行きともに1日2往復。チケットはバラでも購入できるが、私は、初日にエアーズロック・リゾート-風の谷-ウルルサンセット(75豪ドル)、2日目にエアーズロック・リゾート-ウルルサンライズ(50豪ドル)、エアーズロック・リゾート-ワルパ渓谷往復(70豪ドル)、エアーズロック・リゾート-ウルル往復(復路サンセット)(50豪ドル)の予定だったので、割安な2days pass(2日間乗り放題)にした。他にも3days pass(170豪ドル)があった。

ビザ

ETAS(Electronic Travel Authority System)という電子旅行許可制度による事前登録が必要。

旅行代理店で手続代行をしてくれる。

私は、ツアー予約と一緒にトラベルドンキーに手続きを頼んだ。

手続き代行手数料は5豪ドル。

スケジュール

8/27 夜  成田からケアンズへ飛行機で移動(7時間半)

8/28 早朝 ケアンズ着(日本との時差+1時間)

     ケアンズからエアーズロックへ飛行機で移動(2時間)

    午前 エアーズロック着

    午後 カタジュタ風の谷トレッキング(2時間半)

    夕方 ウルル(エアーズロック)サンセット観賞

8/29 早朝 ウルルサンライズ

    午前 カタジュタワルパ谷トレッキング(1時間)

    午後 ウルル散策・登山

    夕方 ウルルサンセット 

8/30 終日 キングス・キャニオントレッキングツアー

8/31 午前 エアーズロック・リゾート散策

    午後 エアーズロックからケアンズへ飛行機で移動(2時間半) 

9/1  終日 タリー川ラフティングツアー

9/2  終日 ミコマスケイクルーズツアー

9/3  午前 ケアンズからフィッツロイ島まで船で移動(1時間)

       シュノーケリング

    午後 グラスボトムボート、カヤッキング、シュノーケリング

9/4  早朝 シークレット・ガーデントレッキング(1時間)

    午前 フィッツロイ島トレッキング(3時間半)

    午後 シュノーケリング

       フィッツロイ島からケアンズへ船で移動(1時間)

    夜  ジャプカイナイトツアー

9/5  午前 ケアンズ散策

    午後 ケアンズから成田へ飛行機で移動(7時間半)


2010/08/27 : 成田→ケアンズ

2010/08/28 : ウルル・カタジュタ国立公園(オーストラリア) : キャンプグラウンド

1泊1人17AUD。かなり広い。シャワー(温水)や炊事施設あり。宿泊者は、数十組はあったと思われる。しかし、敷地が広大なので余裕があった。車で来ている旅行者が結構いた。また、近くにはキャンピングカー専用のサイトもあり、こちらも盛況だった。

2010/08/29 : ウルル・カタジュタ国立公園(オーストラリア) : キャンプグラウンド

2010/08/30 : ウルル・カタジュタ国立公園(オーストラリア) : キャンプグラウンド

2010/08/31 : ケアンズ(オーストラリア) : Hides Hotel Cairns

Agodaのホームページで事前に3泊分予約。1泊1人あたり31.255USD(ダブルルーム3泊187.53USD)。①ミコマスケイツアーの出発地である港が徒歩圏内、②個室、③一番安い条件で選んだ。今回は友人と2人の旅行だったためダブルルーム。レトロな感じ。エアコン、テレビ、セーフティボックス(有料:6AD)あり。 トイレ・シャワー共同。朝食付き(パン・シリアル・ドリンク)、繁華街に近く便利。

2010/09/01 : ケアンズ(オーストラリア) : Hides Hotel Cairns

2010/09/02 : ケアンズ(オーストラリア) : Hides Hotel Cairns

2010/09/03 : フィッツロイ島(オーストラリア) : キャンプ場

事前にAAOで予約(ケアンズ-フィッツロイ島往復等とセット)。14AUD(28AUD÷2人)。船着き場に着いて右手にあるBeach Hire(ランチやシュノーケリングセット等レンタル、帰りの船のチェックインをする小屋)で手続き。テントサイトはBeach Hireから船着き場方面に戻り、徒歩約5分先。トイレ・シャワー(水)あり。この日テント泊だったのは2組だけ。

2010/09/04 : ケアンズ(オーストラリア) : Hides Hotel Cairns

1泊1人あたり35AUD(ダブルルーム1泊70AUD)。8/31~9/2に泊まってみて悪くなかったので、フィッツロイ島に行く前に予約。クレジットカードで支払い。

2010/09/05 : ケアンズ→成田


HOME | 概要 成田→ケアンズ ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ウルル・カタジュタ国立公園 ケアンズ ケアンズ ケアンズ フィッツロイ島 ケアンズ ケアンズ→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 通行料回収係。

    • お茶を飲ませてくれたおばちゃんとおじちゃん。「ここに泊まっていけば?」といわれたけど、「スキュまで行きたいので」と言って別れる。

    • バグ・バイラヴ寺院の敷地の先がカトマンズ方面に開けており、素晴らしい展望地になっている。 左上の小高い丘の上にスワヤンブナートが見える。

    • 部分的に凍った川の脇をひたすら歩く.日差しが強く,顔がじりじりと焼けているのが分かる.

    • フランス軍がナムゾン川にかけた全長30mほどの橋。今でも使われている。

    • 象のいるポイントまではまだまだ先。特に見所のないジャングルの中を約50分走る。

    • 9時に彼らと別れた後、以前ACAPがあった場所の目の前にあるいつものFuji Exchangeで両替をする。200ドル→14200ルピー。ここでおしゃべりをしているときに、ACAPが移転していることを知る。 許可書の取得はとりあえず後回しに、帰りのポカラからの飛行機のチケットを受け取りにヒマラヤンアクティビティーズに行く(92ドルの支払)。ヒマラヤンアクティビティーズの目の前は以前来たときは原っぱだったのに、建物が立っていて、分かりにくくなった。 チケットを得た後、タクシーでACAPへ。許可書は、200ルピーでとれたが、TIMSの発行所が休みのため、取れない。そうしていると、許可書を発行してくれた人の友達の旅行会社でTIMSを発行できるというので、その友達の旅行会社に行く。「あー、あやしい」と思いながら。ヒマラヤンアクティビティーズでこちらも頼んでおけばよかった。その怪しい旅行会社で、なんとかTIMSも得ることができ、宿に戻る。

    • 1回目のチェックポスト。9時半着。ここで許可書とパスポートのチェックを行う。商店などが数店あるだけ。道端の囲いの中には毛の抜けた鶏がたくさんいてなんだか気持ち悪かったなぁ。ここで20年ほど前に3年間日本に住んでいたというインド人が乗り込んできた。「もう日本語忘れちゃったよう」などと言いながら、なかなか上手に日本語を操っていた。今度ナコにゲストハウスを作るんだとかで、今からナコの共同オーナーとの打ち合わせに行くと言っていた。

    • しかし、17:22には山に夕日が当たらなくなってしまった。