HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

フンザエリア:南アジア(パキスタン) 期間:2011/04/29~2011/05/09

今回のG.W.はまとまった休みが取れたので、行きたいところリストの上位にあったパキスタン・フンザに行くことにした。ヒマラヤ山脈周辺好きとしてはここに行ったことがないのは片手落ち。
ただ、目的地のフンザに辿りつけるまでが長かった。いつもなら、飛行機でヒョイと入って、あとは車をちょっと乗り継いで、歩くことが多かったけど、車やボートを乗り継いで何日も移動し続けた旅は久しぶり。逆に体力を使ったルートであった。また、期待していたより、国境のオープンが遅かったので、フンザ(カリマバード)までの実質往復だけの旅行となってしまったのは少々悔しい。素晴らしい景色を見ながら、ゆっくりするような時間はほぼ無し。今度行くなら、峠越えはせずに、イスラマバード経由のほうがいいかな。それにしても、皆が絶賛するように谷に広がるフンザの景色は素晴らしかった。

費用

両替

4/29 北京空港で、3万円を2,146元。13.98円/元

5/3 スストで50ドルを4200ルピー。両替レートは84ルピー/ドル。ただし、これは50ドル札、100ドル札の場合。それよりも小額紙幣の場合、83ルピー/ドルと1ルピー、レートが悪くなる。1元の場合は、12.8ルピー。カリマバードよりもスストの方が、レートが良いので、必要分をここで両替した方がいい。

5/4 カリマバードのヒルトップホテルで、40ドルを3,320ルピー(83ルピー/ドル)。

5/8 北京空港で、3万円を2,200元。13.64円/元。


航空券

中国国際航空のウェブサイトにて購入。往復131,600円。

中国国内の飛行機については、ビズエクスプレスにて購入。1,480元。

http://www.bejapan.com/


旅費(現地使用額)

パキスタン:5,890ルピー(=5,610円)

中国:1,918元(=26,814円)

旅費合計:32,424円


移動費用(標準料金。ぼられないための参考価格。)

ススト⇔湖:150ルピー(乗合バス)

ススト⇔パスー:2,000ルピー(貸切自動車)

パスー⇔湖:600ルピー(貸切自動車)

パスー⇔湖:50ルピー(乗合バス)

湖:100ルピー(ボート)

湖⇔アリアバード:150ルピー(乗合ジープ)

アリアバート⇔カリマバード:25ルピー(乗合ジープ)

航空券

成田→北京

2011年4月29日金曜日

出発: 13:20 Tokyo, 日本 - Narita, ターミナル 1

到着: 17:35 Beijing, 中国 - Capital Airport, ターミナル 3

航空会社: Air China CA952

機材 :Boeing 737-800

運賃の種別: 制約付きエコノミークラス


北京→ウルムチ

2011年4月29日金曜日

出発: 19:45 Beijing, 中国 - Capital Airport, ターミナル 3

到着: 23:55 Urumqi, 中国 - Urumqi, ターミナル 1

航空会社: Air China CA1295

機材: Airbus Industrie A321

運賃の種別: 制約付きエコノミークラス


ウルムチ→北京(ウルムチ空港で7日夜発に変更)

2011年5月8日日曜日

出発:12:30 Urumqi, 中国 - Urumqi, ターミナル 1

到着:16:00 Beijing, 中国 - Capital Airport, ターミナル 3

航空会社: Air China CA1902

機材: Airbus Industrie A321

運賃の種別: 制約付きエコノミークラス


北京→成田

2011年5月9日月曜日

出発: 13:25 Beijing, 中国 - Capital Airport, ターミナル 3

到着: 18:00 Tokyo, 日本 - Narita, ターミナル 1

航空会社: Air China CA167

機材: Boeing 737-800

運賃の種別: 制約付きエコノミークラス


フライトの支払いと航空券

131,600円(eチケット)


-----


乌鲁木齐-喀什

2011-04-30 08:50:CZ6803(X):740.00元


喀什-乌鲁木齐

2011-05-07 15:35:JD5230(E):740.00元

ビザ

4月20日に有給を取って、広尾にあるパキスタン大使館にビザを申請に行く。大使館前についてからは、ピンポンして、建物に中に入らなければならないのだが、なんだか入りづらい。書類は事前にウェブサイトからダウンロードして持っていったけど、ビザの発行条件が厳しくなって、入国初日(初日のものでもなくても大丈夫だった)の宿の予約確認書がないとビザは発行できないと言われたため、即日の発行は不可に。あとで、宿の予約確認書はFAXで送る旨を伝え、パスポートは郵送で自宅に送ってもらうことにした。


ちなみに、必要書類は以下のリンクにある「Visa Form」のリンクからダウンロード出来る。枚数が多く、書く欄がたくさんあるので驚く。

http://www.pakistanembassyjapan.com/Counslar_Services2.html


観光ビザの場合、この必要書類以外に必要なものは

・パスポート

・写真1枚(パスポートサイズ、4.5×3.5cm位)

・飛行機の予約確認書(コピー可、日本語でOK)

・発行代100円


また、パキスタンでの滞在先について、次の3つのうち1つが必要なのだが、上にも書いたように、今は予約確認書が必要だそうだ。

・ホテルの予約確認書(コピー可)

・パキスタン旅行の英文日程表

・友人宅に泊まる場合、その友人からの保証状(Guarantee Letter)

(英語またはウルドゥー語で)と、その人のパスポートのコピー(FAXされたものでOK)


予約確認書については「コショーさんゲストハウス」のものを私は取得(発行手数料300円)。大使館では、西遊旅行などが紹介されるが、一体いくら掛かるか分からないのでこちらは避けた。旅先で旅行者からいろいろ話を聞いたが、みんなそれぞれの手段でビザを取っていた。ヒルトップホテルなど、ちゃんと予約確認書を発行してくれる宿のものを取った人もいれば、自作の予約確認書を持参した人、また、ホテルの予約後、キャンセル料を払い確認書を得た人もいた。また、現在のところ、スストでは、アライバルビザの取得もokのため、そこでビザを取得した人もいた。

ガイドブック・許可書など

地球の歩き方 西安・敦煌・ウルムチ

タシュクルガンについては石頭城の記載がちょっとあるだけで殆ど役に立たなかったが、カシュガルの地図だけはそれなりに使えた。持っていくのであれば、歩き方より、旅行人のシルクロードの方が良さそうだ。

lonely planet Trekking in the KARAKORAM & HINDUKUSH

こちらは、カリマバード、ミナピン周辺のトレッキングルートの部分をコピーして持っていったが、トレッキングらしいことはしなかったので、今回は使用せず。

地球の歩き方 パキスタン

地図は正直言って、正確ではないが、見所はそこそこ載せてくれているので、あったほうがいいかも。ただ、カリマバードの上に湖ができてしまったこともあり、状況は大きく変化している。

地球の歩き方 中国

北京の情報については、歩き方[中国編]の北京市内の観光地など必要箇所をコピーして持っていった。

スケジュール

2011/4/29(金) 成田(13:20)→(以後、北京時間17:35)北京(19:45)→(23:55)ウルムチ

2011/4/30(土) ウルムチ(8:50)→(10:35)カシュガル

2011/5/1(日) カシュガル

2011/5/2(月) カシュガル(11:30)→(17:30)タシュクルガン

2011/5/3(火) タシュクルガン(12:15)→(18:20)ススト(20:00)→(21:30)パスー

以後、パキスタン時間

2011/5/4(水) パスー(7:35)→(8:00)ボート乗り場(9:00)→(10:40)湖終了(10:50)→(11:50)カリマバード

2011/5/5(木) カリマバード(9:10)→(9:35)アリアバート(10:05)→(11:05)ボート乗り場(11:20)→(12:55)湖終了(13:10)→(15:25)パスー(16:30)→(18:00)ススト

2011/5/6(金) ススト(10:50)→(16:30)タシュクルガン(18:00)→(24:00)カシュガル

以後、北京時間

2011/5/7(土) カシュガル(15:35)→(17:15)ウルムチ(20:50)→(24:20)北京

2011/5/8(日) 北京

2011/5/9(月) 北京(13:25)→(18:00)成田


2011/04/29 : ウルムチ(中国) : 民航公寓

空港から歩いていけるところにあるホテル。180元。顔だけ洗って寝るだけなのに、少々高いか。ホテルから空港への無料送迎バスが出ている。6時間ほどの滞在。ベッドは悪くなかった(?)。それぐらいの感想しかない。

2011/04/30 : カシュガル(中国) : 其尼瓦克(チニバク)賓館

ただいま、大改修中の其尼瓦克賓館。改修の対象になっている建物だと、一泊140元で泊まれる。部屋からダンプカーなどが見えるが、お湯もちゃんとでるし、問題なく泊まれる。結構快適。カシュガルの他のゲストハウスも5軒くらい回ったが、日本人は泊まらせてもらえなかった。カシュガルでは、ユースホステルに泊まっている日本人も多そうであった。

2011/05/01 : カシュガル(中国) : 其尼瓦克(チニバク)賓館

パキスタン行きのバスがなかったので、連泊。

2011/05/02 : タシュクルガン(中国) : 冰山賓館

一人でダブルの部屋に泊まれば100元であるが、旅の道連れが一人いたので、二人で120元。きれいで、お湯もちゃんと出る。カシュガルの乗合タクシーは、この宿の前に到着する。ドミは確か35元。現地人なら(中国語が使えるなら)25元らしい。

2011/05/03 : パスー(パキスタン) : パスーイン

何も無いスストに泊まるよりは、景色の素晴らしいパスーのほうがいいと思う。パスーでは、パスーインに宿泊。人のいいおじいさんが運営している。部屋はお湯の出る500ルピーのものとお湯のでない200ルピーの部屋がある。シーズン前なので、夕食はなしで、朝食のみであった。朝食は85ルピー。夕食はパスーインから10分ほど歩いたところにあるバトゥラインで食べる。宿の裏山には、クリケット場とお墓があり、そこからの眺めはいい。

2011/05/04 : カリマバード(パキスタン) : コショーサンゲストハウス

まだ、シーズン前ということもあり、電気は使えなかった(食堂は点いたけど)。腹が減らず、夕食は取らなかったため、朝食だけ。朝食と宿代で300ルピー。まぁ、普通の安宿。物静かな主人、コショーさん。隣のカリマバードインの評判もいい。食事も、部屋もちゃんとしているらしい。

2011/05/05 : ススト(パキスタン) : アジアスターホテル

カリマバードから砂埃をかぶりながら、スストまで来たため、シャワーを浴びたく選んだ宿。このときは、4軒ほどしか営業をしておらず、イミグレ前にある政府系のものと、ここ、あとは一泊200ルピー程度の安宿2軒だけ。アジアスターホテルの部屋は400ルピーのものと600ルピーのものがある。200ルピーの違いは良く分からん。お湯の出は良く、快適なシャワーであったが、ベッドは綺麗とは言えず、太ももと右腕をダニにやられる。

2011/05/06 : カシュガル(中国) : 其尼瓦克(チニバク)賓館

北京時間の夜中の3時くらいにカシュガルに到着。泊めさせてもらう。最初160元と言われたが、つい数日前、140元で泊まったといったら、すぐに140元になった。7時間くらいの滞在。朝起きてシャワーを浴びる。まぁ、快適。

2011/05/07 : 北京(中国) : 北京空港

北京に到着したのが、24時を回っていたので、空港のベンチの上で寝る。もちろんただ。朝食は、空港にあったマクドナルドで、朝マック。日本にはないスパイシーなメニューだった。

2011/05/08 : 北京(中国) : 餞丰賓館

天安門の南側にある地下鉄前門駅から10分ほどあるいたところにある宿。一泊150元。北京駅の客引きに引っ張られてきた。きれいで快適。お湯もちゃんと出る。宿の周りは四合院など、伝統的な住居が残っていて、いい雰囲気。白人もこの周辺に泊まっている人が多い感じ。分かりにくいが、おすすめな宿。

2011/05/09 : 北京→成田

みやげもの

万里の長城の置物

万里の長城にあった土産物屋で15元。結構、可愛く出来ていていい。

ビーフジャーキー

ウルムチ空港で買った豚とラクダのビーフジャーキー。各30元。空港価格なので高い。家に帰ってから、食べてみると、豚のほうは、薄い乾燥肉ではなく、湿っぽいコンビーフな感じ。正直、味は、、、


HOME | 概要 ウルムチ カシュガル カシュガル タシュクルガン パスー カリマバード ススト カシュガル 北京 北京 北京→成田

コメント

お名前:  コメント:



    関連旅行記録

    ID:  パスワード:

    足跡ノート(http://ashiato-note.com)とは

    • 足跡ノートは、メンバーの今までの国内外の旅行記録を中心に、旅の技術などについて纏めたものです。 地図や写真を多めに、見やすいサイトを心がけて作成しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 
    • プロフィール

    足跡ノートコンテンツ

    コメント

    海外旅行記録

    国内旅行記録

    旅行写真ピックアップ


    • 途中で、人を乗せながら、また、下ろしながらで、なんとか17時5分にウードゥルに到着。車内から電話をかけ、ドウバヤズット行きのミニバスを留めておいてくれたようだ。言葉は殆ど通じなかったけど、親切な兄ちゃんだった。 車を降りて、すぐにミニバスに乗り込み、出発。6TL。

    • バスが出発しない元凶。フットボール。

    • ドーハから関西空港までの航路。往路はもっと北側のルートだった。

    • Kýrskarðの峠は、稜線の一番低い所のはず。ここからほぼ平坦な頭頂部を歩いて行けば、目指す峠に辿り着く。 踏み跡はないが、アップダウンがほとんどないため歩くのは楽。しかもフカフカの苔の地帯なので足にも優しい。ただし、本来、苔の上を歩くのはよろしくない。

    • 20数人が二つのグループに分かれ出発。この二つのグループ、同じコースを行くのかと思ったら、全然別々の方面を歩くことに。ガイドは一つのグループに2名。写真は氷のトンネル。みんなで順番にこのトンネルをくぐり抜けた。

    • 犬と戯れて遊んでいる。

    • もうちょっと進むと、ゴンパが見えてくる。美しいねぇ。谷間は開けており、明るくていい。

    • 全員で20人位しか乗れない小さな飛行機。

    • コミジャから40分程度でビシェヴォ島到着。ここで小型ボートに乗り換えて青の洞窟へ向かう。